こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: 初出

かみあわせとかかんがえるしわすかな
駄句だなぁ・・・・グダグダの駄句だな。
なんというか、花鳥諷詠とはほど遠い。
俳句は難しいなぁ。
折角の良い写真なんだけどねぇ・・・

11 イスカ (1 - 1)-4

白樺背景に撮ろうか・・・
それとも、白樺を背景から消そうか・・・
そんな事をじっくり考える余裕は無い。
これがポートレートだったらもう少し違うんだろうけど(笑)

11 イスカ (1 - 1)-5

この場所にこんな格好で立って、目線はこちらに・・・
なんて指示の出来るポートレートとは随分わけが違うよね。
枝かぶりは枝被りだったりするし(笑)
う~む・・・
だから俳句も写真も続けられるんだろうけどね。


[作品写真データ]
モデル:イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.0
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみあわぬままのかんけいふゆふかし
「交喙の嘴(いすかのはし)」という諺がある。
ものごとが食い違って思うようにならないことのたとえ。
日常会話では多分出てくる事は無いだろうなぁ・・
そもそも、この諺を知っている人がどれほどいるのやら(笑)

11 イスカ (1 - 1)

イスカのクチバシってこの写真 ↑ を見ると解るように。
噛み合って無い。
非常に珍しい形状なんだけど。
松ぼっくりが食べやすいような形状だと聞いたけど。
結局食べるために、身体がどんどん進化し続けるわけで。

11 イスカ (1 - 1)-2

本人達にとって、このクチバシは邪魔にはならないのだろうか?
なんか、引っかかりやすいようにも思えるし。
楊枝でシーハーはしなだろうし(笑)

噛み合わないのは人間関係でもあるよねぇ・・・
生理的に合わないのか、論理的に合わないのか・・
とにかくどこまで行っても噛み合わないままの会話とか・・・
疲れるは~
という一句。


[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:ゼロ
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たんじつやおなじましょからさんかいめ
久しぶりのカワセミ。
実はカワセミの飛び出しは意外と簡単に撮れてしまう。
E-M1Ⅱのプロキャプチャーという機能を使う。
簡単に撮れてしまうので、あんまり撮らなくなった(笑)

10 カワセミ (1 - 1)-2

簡単に撮れる・・・・という簡単は・・
どういう簡単なんだろう?
などと自分でも考えたりして。
連続した飛翔もあっさり撮れたりして。

10 カワセミ (1 - 1)-3

こういうのを見せられると、どう撮るんだろう?
って、最初の頃は思ってたけど。
撮れる条件みたいなのがあって、それが合えば誰でも撮れるんだなぁって。

10 カワセミ (1 - 1)-4

10枚とって10枚ともこういう写真を手に入れようって思わなければ良いわけで。
それはつまり、1000枚くらいとって3枚も撮れれば上出来って考え方。
そんなもんだよなぁ・・・

プロキャプチャー使えば簡単って最初に書いたけど。
ダメなときはダメだし(笑)
同じ場所から3回位は飛んでくれるから、そしたら撮れるよ。
という一句。



[作品写真データ]
モデル:カワセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
露出補正:-7/10
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



ざわつきはたかあらわれしよちょうかな
遠いなぁ・・・
これでもう少し光があれば解像するだろうに。
ハイタカをまともに撮れたためしが無いな。

07 ハイタカ (1 - 1)-2

小鳥たちのざわつきってのは凄いもので、ハイタカ登場のちょっと前。
マヒワとかカワラヒワとか大騒ぎ。
そう言えばイスカなんかも一気にどこかに隠れてしまう。

あれは、視覚でキャッチするのか聴覚なのか?
何はともあれ、先に見つけるかどうかは命に関わる問題だもんねぇ。


[作品写真データ]
モデル: ハイタカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:7.1
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ふゆのとりまっくろよりもしろがよい
カラスかぁ・・・
カラスなんてみんな一緒で全部真っ黒だと思ってたのに。
どうやら白いカラスもいるようで・・

07 カラス (1 - 1)-2

まさかカラスを積極的に探索する日が来るとは思わなかった(笑)
そう言えば、このカラスはハシボソなのかハシブトなのかどっちだろう?
それさえも解らないのは要するに興味が無いって事なんだろうけど。

07 カラス (1 - 1)-3

カラスは本当は神様の使いだったりするんだよね。
サッカー日本代表のエンブレムにもカラスがデザインされていたような・・
まぁそんな事はどうでも良いのだけど。
白いカラスを一度は見てみたいものだ。



[作品写真データ]
モデル: ハシボソカラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/400
F値:5.0
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ