こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: 選外作品

ふきみそをつくるとつぐるにちようび
これも信毎の3月分に投稿してボツになった作品。
写真は早春の朝って感じでかなり気に入ってんだけどなぁ・・・
写真と俳句の関係性は、この写真を撮影したのが日曜日だったということ(笑)
まぁ、そういうのもありかなと思ったんだけどね。

俳句の方は、これも文語がイマイチ怪しいんだけど。
「ツクルトツグル」ってラップ調で格好良いかなと。
そもそも、締切間近で煮詰まってエイヤで出してるからなぁ。

もっとも、じっくり構えて作ったところで大したものにはならないだろうけど。
俳句は、挨拶・即興・滑稽だからね。
本当は瞬発力の勝負のはずだよ(笑)

 [作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
レンズ:
シャッター速度:1/1600
F値:4.5
ISO:125
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac






 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

めのさむるしゅんかんはるのひかりあり
「・・・覚むる」って文語は使い方はこれで正解なのだろうか?
未だによく解って無い(笑)
文語の使い方って難しい。

時間軸を言葉で表すのが難しいという事だろうか。

これは、何を言いたかったかというと。
カマキリが孵化した瞬間に春の光を浴びて眩しいと感じるさま。
そして、この世に生を受けた歓びと驚きを表したかったのである。

なんかもう少し、適切な表現の仕方があるのかもしれない。
というわけで・・・3月も信毎はボツ (泣)
投稿しているものが全部ボツになって行くような・・・・


 [作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6
シャッター速度:1/1000
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac





 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あんごうをよみとくたびやはるのくも
季語が動かないのが佳句の条件。
と、あちこちに書かれている。
そんな事言われてもね(笑)

別にこの句も「春の雲」でも「冬の雲」でも良いって言えば良いんだけどね。
つまり季語の本意を理解出来ていないって事ですかね。
ちなみに「春の雲」であれば、手元の歳時記によれば。
『夏や秋の雲のようにはっきりとした形をなすことは少ないが、空全体に白く刷いたような雲が現れることや、ふわりとした綿雲が浮かぶことがある』と、ある。

おっ!とすると。
この句だと「春の雲」ってイインジャネ?

まぁ一応自分ではそう思って組み合わせたんだけどね(笑)


[作品自解]
最近、街のあちこちでこんな絵を見かける。
これは田舎でも都会でも同じ状況だと思うんだけど。
見る人がみたら判るんだろうなぁ・・・と、見る度に思っていた。
RPGのようにこれらを辿る旅とか出来たら面白いかも。
という句。

[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025
シャッター速度:1/320
F値:1.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とうきょうをみおろすそらやあさきはる
月間フォトコンに応募して最終予選となった作品。
フォトコンの「フォト×俳句」は、
ボツ→最終予選→佳作→入賞→優秀賞→中谷賞
という序列。

入賞から作品が掲載される。
そういえば久しく雑誌掲載されていないような (泣)
まぁ、掲載メディアとしてこのブログがあるから良いんだけどね。
と、強がってみる。

[作品自解]
はとバスのフロントガラスに映り込んでいるのは東京タワーと青空。
これがなかなかオシャレかなと。
画面の左上の空はそれほど青くないのがポイントなんだけどね。

俳句だけだと、それほど面白く無いけど、写真と組み合わせると良いと思うのだが。
残念。

[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025
シャッター速度:1/4000
F値:1.4
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac







 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

えんぐんをあつめてまつやふゆしょうぐん
この作品も11月締切の信毎フォト×俳句に応募して落選したもの。
自分的にはかなり気に入ってるんだけどなぁ・・・・
って、そう言えばと去年の今頃にも同じようなものを作っていた(笑) 

去年のブログのタイトルが 「自分だけ判ったのではダメ」というもの。
我ながら情けないな・・・
一年経っても全く進歩していないというかなんというか。
ほぼ同じ事をしているような。
きっと、こんな状態で何年も繰り返していくんだろうな。

まぁ、下手の横好きと言われても仕方無いな(笑)
それが趣味の世界ってものだ・・・と、開き直る。



[俳句自解]
普通のダルマじゃ無くて「閻魔大王」のダルマって凄いなぁ・・・
これをどうにか「フォト×俳句」に仕上げたかった。
この時に色々作っているんだけど。

★本当は敵か味方か冬将軍★
★敵なのかそれとも味方冬将軍★

こうしてみると、確かに詩心なんてかけらも無いかも。
滑稽とかそういう辺りを狙っているんだけどね。

後から解説すれば、頭の中だけで出来上がったものという事が判る。
ようするに、五感における一次情報を受けて思考でこねくり回したものって事。
思うに・・・限り無く一次情報だけで十七音を組み立てると佳句と呼ばれるのだろう。


[作品写真データ]
撮影日時 2015/11/07
カメラ:Panasonic FZ1000
露出:1/80
絞り:
F値:8.0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac







 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ