こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ミサゴ

たべることだけかんがえるのわきあと
台風の後だから、ひょっとしたらイヌワシとか出るかも?
と、期待して出掛けたんだけど。
先週の台風の影響か途中から通行止めで、どのルートでも現地に入れず。
なんてこった・・・・

26 ミサゴ (1 - 1)-3

時間が中途半端でどこに行ったものやらと思案。
仕方無いので今日はロケハンって感じで越県(笑)
ナビの示すままに移動するんだけど、とんでもない道を移動させられる。
雪が降ったらまず入れない道だろうな。

26 ミサゴ (1 - 1)-4

水鳥をなんとなく眺めていたら、上空に黒い影。
おっと、またまたミサゴではないですか。
最近ちょくちょくみかけるなぁ・・・
なんか縁があるのだろうか?

26 ミサゴ (1 - 1)-6

しかも、こんな近いところを獲物を抱えたまま飛んで行った・・・
見せびらかしている事に間違いない。
ドヤ顔だもんね。
とりあえず拍手しておいた(笑)



[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.5
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

しんまいをおかしらつきでくらいけり
喰らうかぁ・・・?的な(笑)
新米だったら、おかずなんて何もなくてもそれだけで美味しいだろうから。
むしろ、何にもおかずがなくても大丈夫だって風に詠んだ方が効果的?
まぁ、これだけ大きな魚が写っている写真だからね。

18 ミサゴ (1 - 1)-5

こんな感じ ↑ で、上空を何度も旋回しながら獲物を見極めているんだよね。
猛禽類の目ってどんだけ凄いんでしょ?
狙いを定めると一気に急降下するわけで。
魚に気が付かれて潜られる前に行かなきゃだからね。

18 ミサゴ (1 - 1)

一瞬カメラ目線だったりして(笑)
ってか、自分が襲われるかとチョットビビったりもしたけど。
あんまり人間の事は気にしてなかったかな。
とにかく獲物選定に時間をかけていた。

18 ミサゴ (1 - 1)-6

それにしても、これ自分が水面で受ける衝撃の度合いとか計算してるのかなぁ?
自重がどれくらいあるか知らないけど。
結構な速度で急下降して自分が脳震盪でも起こしそうだけど。

18 ミサゴ (1 - 1)-2

こんだけの獲物があれば、意気揚々と家路につけるはず(笑)
家でかみさんとか子供とか待っているのかな?
狩りの成功率ってどれくらいなんだろう?



[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:4.5
露出補正:+1
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あきのそのひとりぼっちのもくげきしゃ
久しぶりに陽射しのある朝を迎える。
ちょっとだけ時間が空いたのでカメラを持って近所の公園に出向く。
移動中に一瞬なんか大きな影が動くのが解った。
おっ!猛禽!   なんとミサゴ。

って事はひょっとして・・・ひょっとした(笑)

18 ミサゴ (1 - 1)-4

空を旋回しているところをずっと撮していたので露出はプラス補正。
急降下した時には間に合わなかった。
なんとか現像で回復させる。
まぁまぁ見られる状態かな?
にしても、ダイナミックな狩りだこと。

18 ミサゴ (1 - 1)-7

人が撮ったミサゴの魚雷写真をたくさん見て来たので。
いつかは自分もそれを撮ってみたいと思ってたんだよね~
完全な魚雷状態では無いけど。
十分な絵になったかと。

かなりトリミングしているけど。
まぁ仕方無い。
この後、空高く上がって行ったんだけど。
考えてみれば魚は水中じゃなきゃ呼吸出来ないもんね。

18 ミサゴ (1 - 1)-8


また同じような時間に行けば狩りに来ているかな?
ちょっと楽しみ。


[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:4.0
露出補正:
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

めのまえであきがしゅんかんこうさする
ミサゴが飛んで来たのでレンズを向けてシャッターを押す。
連写しながら移動させていくんだけど。
何か違う被写体が飛び込んで来る。
なんだろ?
と、後で確認したらホシゴイだった。

04 ミサゴ (1 - 1)

ミサゴって猛禽類だけど、あまり鳥を補食しているイメージは無いなぁ・・
目にするのは大型の魚を抱えているシーンが多いし。
だからホシゴイも気にならないのかな?

04 ミサゴ (1 - 1)-3

ニアミスってか、何というか・・・交差している(笑)
本人達にはどういう自覚があるんだろ?
どちらかが迂回するとかという気持ちは無いのか?

04 ミサゴ (1 - 1)-4

何事も無かったように、それぞれの行きたい方向に向かって行く。
不思議だなぁ・・・
モビングするわけでも無く。
その存在を完全に無視しているうよな(笑)
ともあれ、面白い絵になった。


ミサゴは冬の季語だし、ホシゴイは季語になっていない。
これが秋の季語である鳥の交差だったら良かったのにねぇ・・・



[作品写真データ]
モデル: ミサゴ VS ホシゴイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



めをひらきなつのさいごをおよぎけり
ミサゴは俳句の世界では冬の季語。
これが飛んでくると結構でかい。
そもそもミサゴを狙っていたわけでは無いので。
周りの人は誰も気が付かなかったみたい。

05 ミサゴ (1 - 1)

このミサゴに関しては良く見る絵として。
大きな魚を魚雷のように抱えて飛んでいるもの。
残念ながら今回は何も持って無かった(笑)

05 ミサゴ (1 - 1)-2

自分的にはミサゴを見るのは3回目位。
これだけちゃんと撮れたのは初めて。
なので結構嬉しかったりもする。

05 ミサゴ (1 - 1)-3

途中で周りの人も気が付いたみたいだけど。
それほど熱心にレンズを向ける様子も無かった。
ひょっとして見慣れているのかな?
猛禽類なんだけど、人気が無いって事ね。

05 ミサゴ (1 - 1)-4

サイズ感もあるし、ぎょろ目で迫力もあるけど。
それほど可愛いとか精悍とかって表現にはならないな。
イケメンでも美人でも無いって事だな(笑)


[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/4000
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ