こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ミサゴ

めのまえであきがしゅんかんこうさする
ミサゴが飛んで来たのでレンズを向けてシャッターを押す。
連写しながら移動させていくんだけど。
何か違う被写体が飛び込んで来る。
なんだろ?
と、後で確認したらホシゴイだった。

04 ミサゴ (1 - 1)

ミサゴって猛禽類だけど、あまり鳥を補食しているイメージは無いなぁ・・
目にするのは大型の魚を抱えているシーンが多いし。
だからホシゴイも気にならないのかな?

04 ミサゴ (1 - 1)-3

ニアミスってか、何というか・・・交差している(笑)
本人達にはどういう自覚があるんだろ?
どちらかが迂回するとかという気持ちは無いのか?

04 ミサゴ (1 - 1)-4

何事も無かったように、それぞれの行きたい方向に向かって行く。
不思議だなぁ・・・
モビングするわけでも無く。
その存在を完全に無視しているうよな(笑)
ともあれ、面白い絵になった。


ミサゴは冬の季語だし、ホシゴイは季語になっていない。
これが秋の季語である鳥の交差だったら良かったのにねぇ・・・



[作品写真データ]
モデル: ミサゴ VS ホシゴイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



めをひらきなつのさいごをおよぎけり
ミサゴは俳句の世界では冬の季語。
これが飛んでくると結構でかい。
そもそもミサゴを狙っていたわけでは無いので。
周りの人は誰も気が付かなかったみたい。

05 ミサゴ (1 - 1)

このミサゴに関しては良く見る絵として。
大きな魚を魚雷のように抱えて飛んでいるもの。
残念ながら今回は何も持って無かった(笑)

05 ミサゴ (1 - 1)-2

自分的にはミサゴを見るのは3回目位。
これだけちゃんと撮れたのは初めて。
なので結構嬉しかったりもする。

05 ミサゴ (1 - 1)-3

途中で周りの人も気が付いたみたいだけど。
それほど熱心にレンズを向ける様子も無かった。
ひょっとして見慣れているのかな?
猛禽類なんだけど、人気が無いって事ね。

05 ミサゴ (1 - 1)-4

サイズ感もあるし、ぎょろ目で迫力もあるけど。
それほど可愛いとか精悍とかって表現にはならないな。
イケメンでも美人でも無いって事だな(笑)


[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/4000
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ