はるあつしだいじょうぶかとくぎをさす
コチドリは俳句の世界では冬の季語。
千鳥の傍題という事になっているけど。
冬ねぇ・・・って感じ(笑)

20170414コチドリ (1 - 1)-2

コチドリとかイカルチドリとか、いつでもいそうな気がしてたけど。
いざ、それを探そうとすると意外と難しかったりして。
呼べば来るってものでも無いしね。
だいたいこの辺りって目星をつけて探鳥。

20170414コチドリ (1 - 1)-4

 
普通に見られる鳥ではあるけど。
狙ってたのは交尾シーン。
結局、そう簡単に撮れるものでもなく、早々に諦めた。
「鳥交る」って季語もあるくらい、季節のものではあるのだが。
自分も含め最近出会うバーダー達の多くが様々な鳥達の交尾シーンを狙っている。
それもいかがなものかな?などと自問自答したりして(笑)


右下に人工物が写り込んで残念な写真になったんだけど。
そこは「フォト×俳句」クリエイターの本領発揮。
あるものは何でも使って作品作り(笑)
まぁ、季語が動くと言われればそれまでだけど・・・



[作品写真データ]
モデル: コチドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。