こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オオワシ

とりかぜやむげんれんしゃのおとひびく
「鳥風」などという便利な季語があった。
手元の歳時記によれば「鳥曇」の傍題。
『雁・鴨などの渡り鳥が春になって北方へ帰って行く頃の曇り空。またはその頃の風』
と、ある。

170226オオワシ (1 - 1)

なんてったって、いきなりのオオワシ登場ですから。
そりゃ連写しますよ。
実のところ、逆光過ぎてファインダーを覗いていても何を撮っているのやら?
って、状態ではありましたが(笑)

170226オオワシ (1 - 1)-3

結構な距離を飛んでいたけど、このサイズだとまぁまぁ写る。
これって近くでみたら、いったいどんだけの大きさなんだろう?
図鑑によればオス88㎝でメス102㎝とある。

170226オオワシ (1 - 1)-7

まぁ春の珍事というかなんというか。
フィールドに出続けていると、こんな事もあるって事だろうな。

ちなみに、無限連写の音は周りのカメラマンのシャッター音でして。
自分のカメラは静音モード(電子シャッター)で撮っているので実は無音だったりして(笑)



 [作品写真データ]
モデル: オオワシ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:7.1
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします


 

おいおまえどこにゆくのだはるがすみ
なんと・・・・まさかのオオワシに遭遇。
ハヤブサとのツーショットってのも凄い。
一生に一度あるやら無いやら?・・的な(笑)

170226オオワシ (1 - 1)-4

これが ↑ 多分、最接近の写真かと思われる。
撮影条件としては極めて厳しく。
真逆光での連写。
ほとんど太陽を直接撮影しているような感じだった。
それでも、とにかくこんなの二度と無いと思うから無限連写(笑)

170226オオワシ (1 - 1)-5

なんと言いましょうか。
こういう時に一瞬で設定変更出来るように普段からトレーニングが必要なんだろうな。
ってか、この時にどういう設定だと一番綺麗に撮す事が出来るんだろう?
RAWで撮っているので後からどうにか出来ると思ってたりするけど。
例えばオオワシのくちばしの色とか全然出て来ないしね。

170226オオワシ (1 - 1)-6

どうにかこうにか、片方がオオワシでもう一方がハヤブサだと識別出来る。
証拠写真としては十分かなとは思う。
が・・・鑑賞する作品としてはねぇ・・・

170226オオワシ (1 - 1)-8

このラッキーな現場に居合わせたカメラマンは10人ちょっとだったかなぁ?
みんなどんな絵になっているんだろ?
人と比べても仕方無いけど。
気になると言えば気になる。
最後のこれ ↑ だけノートリの状態なんだけど。
トリミングしないでおいた方が綺麗なのかな?

まぁ何はともあれ、大興奮の現場だった。
あの時「オオワシだ!」って教えてくれたSさんには大感謝だな。
そうじゃなかったらカワウかなんかだと思ってスルーしてたかも(笑)
とにかくその場にいるからこそこういう写真が撮れるのである。
クオリティは二の次・・・と思う事にする(笑)



[作品写真データ]
モデル: オオワシ&ハヤブサ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:7.1
露出補正:1 7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 





 

このページのトップヘ