こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > クマタカ

あらわれしせんりょうやくしゃあきのやま
さてさて、季語は何にしようかなと考えを巡らすのだけど。
結局いる場所の多くが山の中だったり上だったりなので「秋の山」になる(笑)
ってか、住んでいる場所がそもそも山って言えば山の方だし。

07 クマタカ (1 - 1)

天気予報がイマイチだったので遠出は止めて。
朝から某所でノスリの渡りを40~50羽ほど見送り。
曇天にノスリじゃ絵にならないよなぁ・・・
それにしても、飛び方を見ている限りでは良い風が吹いているようで。
こういう時ってクマタカが出たりするんだよなぁ・・・なんて話してたら。

07 クマタカ (1 - 1)-3

本当にクマタカがやってきた(嬉)
最初はトビだと思ってたんだけど。
それでもと一応レンズを向けたら、なんとクマタカ。
しかも随分と低いところをゆっくりと旋回しながらこっちに向かってくる。
こんな条件は滅多に無いぞ。

07 クマタカ (1 - 1)-7

なかなかピンが来なくてヤキモキしてしまう。
出来れば1点フォーカスで狙いたいのだけど。
さすがに飛翔シーンでそれは難しい。
露出補正はプラスにかけなければ真っ黒だし。
そうこうしているうちに真上に来てしまって。
そして去って行った。

07 クマタカ (1 - 1)-4


後で見ても、ピントが完璧という写真は1枚も無く。
設定が悪いのか撮り方に問題があるのか、カメラがおかしいのか。
曇天だからってのもあるけど、もっと綺麗に撮れても良さそうなものなんだが。
悔しいなぁ・・・

今回は絞り優先で撮影しているんだけど。
やっぱり飛翔はシャッター速度優先にするべきなのかな?
ISOは200で撮れているからシャッター速度を上げても800位で収まったかも?

それにしてもこんなチャンスは二度と無いような・・・




[作品写真データ]
モデル: クマタカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:5.0
露出補正:+2 3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ふたりきてさんにんめからたかばしら
猛禽さまの識別に相変わらず苦戦している。
○○だったら良いなぁ・・・ってところから始まる識別(笑)
この ↑ 写真だったら。
上がクマタカで下がハチクマ・・・だったら良いなぁ・・的な。

10 クマタカ (1 - 1)-2

なんせ、遠いからねぇ・・・
もう少しプラスに露出補正すれば良かったのかなぁ?
この時は+0.3だけど、とにかく解像していない。

10 クマタカ (1 - 1)-3

ノートリだと ↑ こんな感じなんだけど。
この時は他にノスリとトビとサシバがいたのよ。
一瞬の出来事、時間にしたら1分間くらいのショーだった。
選んだ被写体はこの2羽だったんだけど。
撮っている時はハチクマの予定で撮影してた(笑)

10 クマタカ (1 - 1)-4

というのも、久しぶりに会ったここを毎日散歩している方からの情報。
「最近ハチクマを良く見ますよ」の一言(笑)
思いっきりトリミングして見てみると上にいるのは翼先分離が7本だよなぁ・・
そんなのクマタカ意外いなかったような・・・
下は6本?5本?ハチクマ?サシバ?ハイタカ?

やっかいなのがサシバが非常に個体差があるってところかなぁ。
全然自分じゃ識別出来ないや。
何はともあれいよいよ渡りのシーズン突入ですよ。



[作品写真データ]
モデル: クマタカ・・・・だったら良いなぁ(笑)
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はつぞらやとおまわりしてつながりぬ
クマタカ・・・・・なんとめでたい(笑)
噂には聞いていたんだけど。
ルリビタキを見ていたらいきなり西のソラからクマタカが舞い上がった。
しかも、大サービスで旋回までしてくれて。

クマタカ (1 - 1)-2
 
いや~格好いいですね~
とにかく猛禽の中でもクマタカはかなりグレードが高いような。
グレードって何だ?と言われそうだけど。
まぁ自分の中でのランキングって事で。

クマタカ (1 - 1)
 
こんなに条件の良い状態で出てくれるのも滅多にないだろうから。
ここぞとばかり連写連写・・・無限連写(笑)
なんだかピントが合っているのかどうなのかよく解らないけど、とにかく連写。

クマタカ (1 - 1)-5

しかもですね、なんと二度も登場してくれちゃったりして。
2回目の登場はこれはもう独り占め状態で興奮しながらやっぱり無限連写(笑)
なんと光が顔に当たってくれてたりして。
だれかレフ板でも持ってきたのか?ってくらい(笑)

クマタカ (1 - 1)-7

旋回してくれるから、結構の時間撮影に成功です。
その代わり後からセレクトが大変(笑)
短時間の間にいったい何枚撮った事やら。
連写速度が上がっているのが良いような悪いような。

クマタカ (1 - 1)-8

 
まぁとにかく、大興奮でございました(笑)
もう少し冷静になれたら、もう少しクオリティの高い写真になるような気もするけど。
これは仕方無いですね~
経験値を積み上げ中というところで。


[作品写真データ]
モデル: クマタカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     

おおものはいちべつくれててんたかし
某所で鷹の渡りを観察。
天気が良いから絶対に大量の猛禽様が登場するに違い無いと待ち受ける。
なかなか姿を現さない時間が経過し、フェイントをついて左側から何かが急に現れる。

クマタカ (1 - 1)

自分は結構早めにその存在に気がついたので。
カメラを手持ちに変えてシャッターを押す。
青空バックなので何とかピンが来てシャッターが押せた。
連写連写。

クマタカ (1 - 1)-3

シャッターを押している間は、この被写体の正体がなんだか分からず(笑)
とにかく猛禽様である事は間違いないのでフレームに収まるように頑張って連写。
割と近いところをゆっくりと飛んでくれたのが幸い。
そのうち大砲組の人達が口々に『クマタカだ!』と言い始める。
そうなのか?クマタカなのか?
って、とにかく撮り続ける。

クマタカ (1 - 1)-4

そうそう、これらの写真は一切ファインダーを覗いてない。
AFとドットサイト頼みの写真達である(笑) 
鷹の渡りを撮す時は、ファインダー覗くよりドットサイトの方が追えるのである。

とは言っても、何十枚も撮っている中でほとんどはボケボケで。
トリミングに耐えられないものばかり。

でも、まぁ手持ちでこのくらい撮れていれば今は満足かな。
クマタカは初見&初撮りでした(嬉)



[作品写真データ]
モデル:クマタカ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:7.1
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   
 

このページのトップヘ