こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ハチクマ

けいけんちまたひとつふえあきのやま
さてさて・・・この猛禽様はいったいどなたなんでしょ?
サシバかハチクマあたりが有力候補。
それのメスとかワカとかだろうなぁ・・・

21 サシバ? (1 - 1)-2

遠くて解像してないってのもあるけど。
近くて解像してたところで識別不能かも(泣)
少なくともこの顔を見る限りではノスリとかオオタカじゃ無いし。

21 サシバ? (1 - 1)-3

指が6本だと思うんだよねぇ・・
とするとハチクマかなぁ。
状況的には一番可能性が高いような気もする。


まだまだ経験値が圧倒的に足りない。
とは言え、またほんの少しだけ間違い無く経験値は足されている。
・・・・はず(笑)




[作品写真データ]
モデル: ハチクマもしくはサシバ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/350
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ちょうせいのきかぬきゅうじつたかばしら
鷹の渡りの最盛期となっている。
だが・・・・毎日コンスタントに渡る訳では無い。
当然、雨の日は渡る事は無いし、風の加減でも差が出る。

20 ハチクマ (1 - 1)

鳥運が下降気味という事だろうか・・・
せっかく某所まで高速道路を使って鷹の渡りを観察に行ったのに。
結局14時30分頃まで粘って40羽くらいだろうか?
前日には2千羽超が渡ったという悔しい事実。

20 ハチクマ (1 - 1)-2

今年で3回目なんだけど。
鷹柱を観察出来なかったのは今回が初めて。
そもそも団体で移動してくる鷹類が一度も見られなかった。

さてさて・・・今年はもう一度リベンジかなぁ・・
休日が上手く作れないんだよなぁ・・
という一句(笑)




[作品写真データ]
モデル: ハチクマ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たかわたるるーとをかえるよていなし
渡りがボチボチと始まっている模様。
去年より少し早いって話もあったりするけど。
どうなんでしょ?

13 ハチクマ (1 - 1)-3

渡りのルートって誰が決めるんだろう?
って、なんで迷わず渡れるんだ?
そもそもどこまで渡るんだ?
まあ、ほぼほぼ同じルートで行ったり来たりするんだろうけど(笑)

13 ハチクマ (1 - 1)-4

ルート変更はしないにしても。
途中ビバークってのは往々にあるわけで。
台風が来てたりすると、それが過ぎるまでは森の中でじっとしているようである。

13 ハチクマ (1 - 1)-6
13 ハチクマ (1 - 1)-6

鷹の渡りで有名な某所では、去年の例だけど9月25日に4,824羽が渡っている。
確かずっと天候不順でその日だけ晴れたような・・・
9/24が178羽で、9/26が24羽だからその集中度が凄い。

今年はいつがピークなんだろう?
この三連休で台風の影響を受けて、渡りがストップするとして。
狙いは・・・・



[作品写真データ]
モデル: ハチクマ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/2000
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

しゅうてんやおなじけしきにちがうとり
久しぶりにテレコン装着。
最終的にトリミングする事になるわけだけど。
テレコン有りと無しでどっちが良いのだろう?

13 ハチクマ (1 - 1)-7

しばらく、テレコン無しの換算600㎜からトリミングというスタイルだった。
本日は何となく猛禽様狙いなのでテレコン付けてみた。
全く同じ状況で比較出来ないからやっぱり判らないな。

13 ハチクマ (1 - 1)-9

前回は識別不能っぽかったけど。
今回のこれは、間違い無くハチクマだと判るよね。
とすると、テレコン付きの方が良いのかなぁ?

13 ハチクマ (1 - 1)-10

同じ場所で同じ時間に出待ちしていると。
ラッキーな事にちゃんと出てくれる。
・・・が
が、ですよ。
移動する方向が下で見ている時と上で見ている時で違うんだよね。
やっぱりこちらに気が付いてルートを変えているのかなぁ?



[作品写真データ]
モデル: ハチクマ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/2000
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

げつまつのいそがしさけりたかわたる

鷹の渡りで有名な某峠に出かける。
上昇気流を捕まえて鷹柱を作って上へ上へと上がって行く。
他の鳥見と違って早朝は上昇気流が無いので急ぐ必要は無いのだけど。
何となく8時にはスタンバイ完了(笑)

鷹柱 (1 - 1)-7
 
峠に観覧席のようなものが設営されているこの場所には鷹類も数多く飛んでくるけど。
人間もそれを追って全国から集まってくる。
今日近くにいた人は島根から来たとか(驚)
この場所は町を上げて観光スポットにでもしようとしているのか道中に道案内の看板もある。
駐車場もトイレも完備。

鷹柱 (1 - 1)-2


環境面では、ある意味パーフェクトの場所かも。
しか~し!
猛禽の撮影にはやっぱり大砲レンズとレフ機で臨む必要がありそう。

まわりで、凄い勢いでシャッター音が鳴り響いている時に。
まったくピントが合わなくて結果シャッターが押せないでいる自分。
情けなくて泣きそうになる。

鷹柱 (1 - 1)-5
 
主に渡って来るのはサシバらしいけど。ハチクマも混じる。
識別不能。
本日ここにアップしたのは多分ハチクマでは無いだろうか?という写真。
サシバに比べてハチクマの方が大きいので比較的に撮影しやすかったりして。
が・・・全く自信が無いので参考にしないで下さい(笑) 


思いっきりトリミングしているわけだけど。
そもそもピントが甘いのでどうしようも無い。
オートフォーカスを諦めてマニュアルにもしてみたけど飛んでくる猛禽にマニュアルは技術的に無理。



[作品写真データ]
モデル:ハチクマ・・・・だと思う
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 
 

このページのトップヘ