こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > サシバ

あきさめにろくがをながすこととなり
まあ・・・軽くスルーしていただいても良いかと(笑)
しばらく雨が続くような予報ですねぇ・・・
どうしたものやら。
こんな時には撮り溜めた画像を流出させる良いチャンス?

05 サシバ (1 - 1)-2

野鳥の写真を撮る人達と時々話題になるのは。
撮った写真をどこでどう保存するのか保管するのか。

自分の場合は外付けのHDにオリジナルデータを保管。
そしてこのブログに少々圧縮してはいるけど気に入った写真をアップ。
同じものをDropBoxにも保管している。
ブログと違ってDropBoxの方は鳥名が五十音順に並ぶので検索が楽。

ちょっと前までAmazonドライブも使っていたけど操作が面倒なので今は停まっている。

そのんなに神経質に保管するほどのものか?
と、自問自答してしまうんだけど。
写真そのものを見返す事はほとんど無くて、こうして整理してアップされているブログが一番便利なような気がしている。
どこからでも閲覧可能だしね。

と言うわけで、ブログ開設を強く勧めます。



[作品写真データ]
モデル:ヤマガラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:4.0
露出補正:0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


たわむれてあれよあれよとたかばしら
上昇気流が出てくると鷹柱が出来る。
あれは遊んでいるわけでも無いと思うけど。
今回見たこれは、多分遊んでいるのかと(笑)

14 サシバ (1 - 1)-6

写真に写っているこれはサシバだと思うんだけど。
この他にもノスリとトビが混じってきて、明らかに鷹柱を形成していた。
時間にして30分位だったと思う。

14 サシバ (1 - 1)-8

しかも、青空で綺麗に写っているけど。
杉林の隙間から僅かに見える空間での鷹柱。
ほとんどは厚い雲がかかっていて。
この隙間だけ青空なんですよ。

14 サシバ (1 - 1)-10

楽しそうに遊んでいる感じ。
自分もこれが出来たらさぞ気持ちが良いだろうなぁと。
渡りのシーズンになったら、もっと大きな鷹柱を堪能するのが楽しみ。

14 サシバ (1 - 1)-11

これ見てたの自分一人だけですからね。
なんか得した気分。
こういうのがあるのが鳥見の醍醐味かな。
珍鳥とかだと大行列だからなぁ・・・
あれはあれで良いけど。
実は独りで鳥達と対峙していたいと思うのである。



[作品写真データ]
モデル: サシバ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



しゅうてんにたびのいでんししどうせり
ここのところ早朝曇天が続いてしまって鳥見に難航している。
朝目が覚めて空を見て、さてどこに行ったものやら・・・って感じ。
小鳥はこの時期ほとんど見られないし、いても葉っぱが多すぎで撮影が難しい。
それでもと、車で巡回しているうちに時間が過ぎていく(泣)

14 サシバ (1 - 1)

こんな時は猛禽様に限る・・・・ってなわけで。
期待出来そうな某公園に向かう。
まだ開園前の時間帯なので誰もいない(笑)

14 サシバ (1 - 1)-2

いきなり現れたのがこのサシバなんだけど。
最初見つけた時は逆光気味だったし遠かったし。
クマタカ!?・・・って驚いてシャッター押しまくり(笑)

14 サシバ (1 - 1)-4

クマタカは指が7本だったよなぁ・・・とか。
羽の広がりというかカーブが微妙にちがうなぁ・・
で、戻って図鑑を色々見ていると、消去法でサシバ認定(笑)

14 サシバ (1 - 1)-5

あと一ヶ月もすれば渡りのシーズンになるのだけど。
今朝は8時30分頃に何となく鷹柱が出来ていて、思わず興奮。
サシバが3羽ノスリが2羽トビが1羽だったかな・・
かなり限られたスペースで偶然に撮影しているんだけど。
しっかりと探せばもっと良いポジションがあるのかも知れない。


[作品写真データ]
モデル: サシバ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2000
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

つゆあけやかならずわたるはしふたつ
どこの橋なんでしょうねぇ?
まあ二つでも三つでも良いのですが(笑)
とにかく、それなりの距離を移動すると同じ川を何度も渡るんだよね。
だからどうという事も無いんだけど。

19 サシバ (1 - 1)

赤い彗星を求めて移動していると出会うのは何故かサシバ。
移動中でも取りあえず車を路肩に寄せてシャッターを押す。
最初からサシバだと分かってはいるんだけど。
まぁ練習のためもある。
瞬間的にカメラの設定を飛翔する猛禽に合わせる癖と言うか手順を体で覚えておくのは大事。
いざと言うときにきっと役に立つに違いない。
これなんか、もうちょっとプラスの露出補正して撮るべきだったような・・
という具合。

19 サシバ (1 - 1)-3

旋回しているので、もう一周してくるかと思えば・・・
そのまま瞬間的に姿を消したりして。
まぁ鳥は自由だよな。
などとつくづく思う。



[作品写真データ]
モデル: サシバ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


とびだしたあのこひしょのこいろちがい
かなり近いところをサシバが旋回していた。
これは幼鳥の飛行訓練だろうか?
尾羽の形状が面白い。
欠損しているわけでなく、こういう使い方って事らしい。


10 サシバ 幼鳥 (1 - 1)-2

早朝は小鳥を観察して11時位になったら上昇気流に乗る猛禽類を観る。
こういうスケジュールが良いかも知れないなぁ・・
って、贅沢な時間の使い方だ。


10 サシバ 幼鳥 (1 - 1)-3

早く姿を捉えないと、ぐんぐん上に上がって行ってしまう。
それがトレーニングなんだから、こちらの都合は関係無しだ。
青空をまあ気持ちよさそうに、ゆっくりと飛んで行く。
幸いなのは、このスピードだったら十分にカメラで追えるってところ。


10 サシバ 幼鳥 (1 - 1)-4

この場所で待ち伏せしましょうっていう情報も無いので。
たまたま移動している最中に車の中から発見するわけだけど。
かなり山間部だったりするから、ゆっくりと撮影は可能。
この時も本当は三羽いたんだよなぁ・・・


[作品写真データ]
モデル: サシバ 幼鳥
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


このページのトップヘ