こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > エゾビタキ

てんたかしだいちときどきゆれにけり
鷹の渡りを見ていたら、目の前に何か小さな鳥が行ったり来たり。
目の前と言っても実は結構遠いんだと思うけど。
サシバやクマタカがやってくる方向に対してはかなり近い(笑)

エゾビタキ (1 - 1)-5

トリミングする前の絵はこちら ↑ だけど、背景は山裾。
写真に撮って拡大してみてエゾビタキだと判る。
自分がこれを撮り始めたらまわりの大砲の人達も真似し始めた。
シャッター音が相変わらず凄い(笑)

エゾビタキ (1 - 1)-2
 
ちょっと移動したら前ボケが手に入った。
絵的にはこういうのも良い感じ。
エゾビタキは大サービスで同じところに何度も戻って来てくれる。
って、それが習性か?(笑)

エゾビタキ (1 - 1)-3

右を向いたり左を向いたり。
ポートレートでも撮ってるみたい。
もうちょっと近くで撮れると良いんだけどなぁ・・・

 エゾビタキ (1 - 1)-4

去年はエゾビタキは一度も見て無い。
まぁ、見て無いというか、見てたけど識別出来て無かったって感じかな?
今年は良い感じで撮れてるなぁ。

ところで、あんなテッペンに止まっていて揺れないのかな?
自重が無さそうだけど。
鳥って地震があった時に揺れを感じるのだろうか?



[作品写真データ]
モデル:エゾビタキ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

あきかぜやむれることなきたびのとり
最初、飛んできたときにスズメかな?と思った。
枝に停まった姿はコサメビタキかな?と思った。
モニターで確認したときに、そのどちらでも無いなぁ・・・と。
久しぶりに初見の鳥???

図鑑とネットで確認したら「エゾビタキ」と判明。
初見の鳥と出会えるのはいつ以来だろう?
超嬉しいんですけど(笑)

エゾビタキ (1 - 1)
 
また良いところに停まったものだと、今になって思う(笑)
モデル志願かな?
初見の鳥を識別するときに大事なのは、サイズと鳴き声と観察した場所。
今回は鳴き声は確認出来なかった。

図鑑の解説によれば。
『t旅鳥として各地に飛来する・・・・一羽で生活しているものが多いが・・・・』
と、ある。
なんて親しみを感じる鳥なんでしょ(笑)

エゾビタキ (1 - 1)-2
 
今こうしてみると、綺麗な個体だよね~
ちゃんとキャッチアイも入ったし言う事無し。
しばらく、この辺りで生活しているのかな?
また見に行かなければ。

今日のこの句はなかなかクオリティが高いかも(笑)
バーダーの知識と俳人の知識の掛け合わせ。
この作品をみて、

風が頬に冷たくて心地よいな、もう秋が来たんだな。
旅鳥のエゾビタキかぁ・・・
もうそんな季節なんだなぁ・・・
独りでもしっかりと生きていけるって素晴らしいな。
・・・・的な(笑)



[作品写真データ]
モデル:エゾビタキ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/160
F値:7.1
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

最近ISOの上限設定を1600にしているんだけど。
ブログにアップする程度だと、それほど気にならないような。



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 
    

このページのトップヘ