こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ:初出 > 秋

へんしんのゆうきひとつぶゆくあきぞ
オナガはカラスと同じで一年中見る事が出来るので季語になっていない。
これが面白い事に名古屋辺りを堺にして西の方では全然見られない貴重な鳥らしい。
写真だけ見ていれば、綺麗な鳥だし初めて見たら喜んで写すだろうな(笑)
自分の周辺ではあまりにポピュラーな鳥ではあるが。

オナガ (1 - 1)-2

鳥の写真も図鑑のように、真ん中にドーンと置くもの。
ようするに、大きく鮮明に撮したいという欲求の現れと、何となく詩的なものとある。
だんだん、普通の鳥を見る事に余裕が出て来たので詩的な写真を撮りたくなって来ている。
そして動きもの。

オナガ (1 - 1)-3
 
鳥のいる風景ってやつかな。
季節をしっかりと捉えて詩的な写真。
例えばオナガだったらオナガだけを一年追っかけるっての有りかも。
そう言われてみれば、今年は結構オナガの写真を撮っている事に気がついた。


[作品写真データ]
モデル:オナガ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/125
F値:7.1
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     

あこがれはふつうのくらしつぐみなく
鶫(つぐみ)が戻って来ている。
マミチャジナイなんかと混じっていると、邪険に扱われたりして。
『・・なんだ、つぐみかぁ・・・』ってな具合(笑)

ツグミ (1 - 1)
 
バーダーの中で普通種と呼ばれる類の鳥達の代表みたいなものかな?
お年を召した方々にお話を伺うと。
昔はこれを獲って食べたそうな・・・
スズメよりよっぽど美味いそうな・・・
って、普通にスズメもツグミも食ってた模様(笑)

ツグミ (1 - 1)-2
 
なんでも普通ってのが実は一番大変だったりするのよ。
だから、普通である事は凄く大事な事。
普通種と呼ばれる鳥達がいてくれる有り難さを改めて感じたりする今日この頃。

ツグミ (1 - 1)-4

ツグミにしろ何にしろ、背景をどう選ぶかで写真の質感は随分と変わるなぁ。
季節感をもっともっと特徴的に出していきたいものだ。
そういう意味では空抜けってのが季節を出しにくい写真って事だな。




[作品写真データ]
モデル:ツグミ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:7.1
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。    

いいわけはたびのとちゅうのもみじがり
あらら・・・マミチャジナイって旅鳥だからすぐにいなくなるもんだと思ってたら。
意外と長居するみたいですねぇ。
ムギマキなんて一週間もしないうちに旅立って行ったのにね。
まだまだマミチャは見る事が出来そう。
しかも、あちこちで(笑)

マミチャジナイ (1 - 1)-2

ほら、これなんかも紅葉狩してるっぽいじゃないですか(笑)
風流な鳥なのかもと思わせる。
逆に自分は鳥の観察に興味が行き過ぎて紅葉を愛でるって感じも無く。
まぁそれはそれで良いのだけど。

マミチャジナイ (1 - 1)

とにかく少ないシャッターチャンスを確実にモノにする。
もう少し光りが欲しいんだけど。
まぁ贅沢は言ってられないし。


旅の途中の紅葉狩ってかなり風流ってか長い旅なんだろうなぁ。
本当の旅の目的は他にあって実は急がなければいけないんだけど。
まぁ季節のものは堪能しておこう。的な(笑)



[作品写真データ]
モデル:マミチャジナイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:7.1
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   
 

 

あきふかしことのはひろいあつめをり
なんと・・・ルリビタキ(若)
これは想定外でしたねぇ。
ルリビタキは俳句の世界では夏鳥なんだけど、自分の感覚からすると冬の鳥だな。
尾が青いのは若鳥の証拠。
たしか4年くらい経つと綺麗な青になるとか聞いた。

ルリビタキ (1 - 1)-2
 
何てったって今日は寒くて途中からアラレが降ってきたりして。
もう帰ろうかと駐車場に戻りかけたらルリビタキ。
こりゃビックリで帰るの止めて再探索。
一応、本日の目当てはヒレンジャクとキクイタダキだったんだけどね。
まぁルリビタキが見られるのならそれはそれで良いなと。

ルリビタキ (1 - 1)-3
 
そうは言ってもまだ警戒心が強くてすぐに藪の中に隠れてしまうわけで。
しかも薄曇りで太陽の光は少ないし・・・
条件はあまり良くない。

ワカがいるって事はどこかに成鳥がいるって事で良いのかなぁ?
もうちょっと真剣に探索しようかと思ったけど、冷たい雨が降り出してきたので終了。
少し通おうかな。


大都会とかで誰かが唱えた祈りとか真言とかを、遠く離れた森の中とかでキャッチしたりする。
そういう事があっても良いのかなぁ・・・と。 
それが東京だろうがニューヨークだろうがソラは間違い無くいつでも繋がっているのだから。




[作品写真データ]
モデル:ルリビタキのワカ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/125
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。    

せっていをかえてつながるもずびより
なんと言いましょうか、長く生きていると色々あるもので(笑)
「人間の器とは壮大な矛盾を把持する力の事である」 
という、座右の銘を噛みしめて。 

モズ (1 - 1)-2
 
季語の「鵙日和」ってどういう本意なんだろうな?
って、解って無くて俳句にするなって叱られそうだけど。
まぁ晩秋のとある一日ってところで(笑)

モズ (1 - 1)-3
 

決めなきゃいけないのに決められない事っていっぱいあって。
さてさて、どうしたものかなぁ・・・と、悶々としながら時間が過ぎていく。
この先があるのか無いのか、それだって自分にも判らないしねぇ。
困ったものだ。

まぁ今までの選択も間違ってはいなかっただろうし。
それはそれで十分に満足しているし。
最終的に自分は何を求めているんだろうか・・・?




[作品写真データ]
モデル:モズ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/1000
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

このページのトップヘ