こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ハシボソガラス

こがらしやひとりでくらうかたきめし
市中の公園でみかけるカラス。
ハシボソカラスとハシブトカラスがいる。
これはどっちだろう?
両方が並んでくれれば比較で判ると思うのだが(笑)
とりあえず、ハシボソカラスとしておきますけど・・・全然判らない。

ハシボソカラス (1 - 1)
 
口に咥えているのはオニグルミかな?
それとも梅干しの種?
これを咥えてどうすんだろうね?
食えるのか?
近寄ったら咥えたまま飛んで行ってしまった。

ハシボソカラス (1 - 1)-2

今日の風は木枯しで良いと思うけど。
立冬すぎたらマジでいきなり冬ですな。
寒いのなんのって・・・
周りの山々は白く雪景色だもんね。

昔の人が作った暦って凄いもんだなぁと、またしても感心したりして。



 [作品写真データ]
モデル:ハシボソカラス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/400
F値:13
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

*カメラの設定を変える間もなく目の前にきたカラスを撮影した。
F値13ってのはそのせい。ISO1600は天気が悪くて暗かったから仕方無いのかな。



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。    
 

あきぞらのなかになわばりしめしけり
鳥の識別眼を養うときに重要になるのはそのサイズ。
基準値を自分の中に持つ必要があるのだけど。
カラスより大きいとか小さい。
あるいはスズメより大きいとか小さい。
ハトより大きいとか小さい。
こんな感じで言われるので、カラス、スズメ、ハトのサイズはしっかりと認識しておく必要がある。

ハシボソカラス (1 - 1)-2
 
それからカラスに関して言えば、飛びモノを撮る格好の練習材料かと。
最初はアオサギとかから始めて、慣れてきたらカラスにスイッチする。
で、カラスで一生懸命に練習しておくと、案外と猛禽様達にも対応可能になってくる(笑)

ハシボソカラス (1 - 1)-3
 
幸いな事に、カラスはどこにでもいてくれるので練習材料としては最適かな。
200㎜とかのレンズだったら迷う事もないのだけど。
カラスが飛んでいるところを800㎜で狙おうとすると、最初はやっぱり難しい。
アオサギよりは格段に難易度は上がるはず(笑)




[作品写真データ]
モデル:ハシボソカラス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:11
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

じんくすとなつのおわりのからすかな
一応調べてみたけど、烏(カラス)はやっぱり季語にはなっていない。
「烏の巣」が春の季語で「烏の子」は夏の季語らしい。
この写真の烏は親だろうか?子だろうか?

たしか、烏ってもともと神様の使いとかだったような。
サッカーの日本代表のエンブレムもカラスのデザインだったはず。
あれは八咫烏だな。

カラス (1 - 1)
 
これは多分、ハシボソカラスだろうと見ているけど。
クチバシが太いか細いかって話しで良かったような。
写真で見てると、何となく綺麗だし可愛く見えるのは何故だろう?

で、なんでこんなに嫌われるんだろう?
近所の住民(=人間)にも嫌われ、チゴハヤブサにも追われ、オナガにも攻撃されている。
周りと調和しないって事か?

なんか、カラスがらみの童話の類がいっぱいあったような。
なんでカラスは黒いのか?的な。
なんでだっけ?(笑)


まぁ、何はともあれ暦の上では今日で夏は終わり。
明日は立秋だ。




 [作品写真データ]
モデル:ハシボソカラス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/400
F値:5.1
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し  
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

 

このページのトップヘ