こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > カルガモ

とおしがもつぎのよほうをまちあぐむ
いよいよ、鳥の写真のストックが底を付き(笑)
仕方無いので近所の公園に。
カワセミでもいないかと期待したけど、なんにもいない。


06 カルガモ (1 - 1)-3

無理してブログを更新する必要も無いんだけどね。
何となく穴を開けるのもしゃくなので。
カルガモの写真を。
「通し鴨」という季語があるのが凄い(笑)


06 カルガモ (1 - 1)-2

今の時期の天気予報は更新されるごとに変わってしまって。
いったいどこに行く事が出来るのやら。
珍鳥を撮ろうとも思わないんだけど。
小鳥を存分に撮れる場所はないものかと情報を集める。
という一句。

そうそう、本日は七月七日で七夕なんだけど。
俳句の世界では陰暦で進むの「七夕」は秋の季語となるんだよねぇ。
あとひと月もすれば立秋がやって来る。



[作品写真データ]
モデル: カルガモ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:8.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

つゆあけやたたずみあるくいけのふち
「で・・・?」と突っ込まれそう(笑)
まぁ夏らしい絵が撮れたので、これをアップしておきたかっただけというところで。
カルガモの佇まいってのもなかなか好きだったりもする。
なんせ真夏にダウン着るというほぼ罰ゲーム状態。
暑くないのかな?

カモ (1 - 1)-2
 
カルガモの腰の辺りのブルーはいつみてもオシャレだよな~
ポケットチーフ的な差し色を演出している。
せっかくなので現像の際に少々そこを強調したりしているんだけどね。
輝度を落として彩度を上げる。的な(笑)

カモ (1 - 1)-3

ところで、こういう ↑ 構図はどうなんだろう?
足が切れているって事だけど。
写真に正解は無いんだろうけど、これはトリミングしているわけじゃなくて撮す時に切れちゃった。
切ろうという明確な意思があったわけではなくて、結果切れていたって事。

まぁ、自分が良いと思えばそれで良いんだけどね(笑)


 [作品写真データ]
モデル:カルガモ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/500
F値:7.1
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac

 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 
  

ろくがつがぎゃあぎゃあわめきながらすぐ
「軽鴨」は夏の季語。
「夏の鴨」という季語もあるけど、これは軽鴨を指している。
それとは逆に「通し鴨」という季語もあって、これは軽鴨以外の鴨を指すらしい。
歳時記によって、この辺りの解説は微妙に違ったりするけどね。

いくつかの歳時記を比べて読んでみて。
バーダーとしての立場から言わせて貰えば、この歳時記の立場が一番しっくりくる。

平凡社俳句歳時記 夏
飯田 蛇笏
平凡社
2012-12-21


 *富安風生が編者になっている


鳥の季語を使う時って、バーダーが読む可能性もあるから季語を選ぶ時は慎重にした方が良いだろうな。
って事は結局、他の季語だってそれぞれの世界のエキスパートがいるだろうから安易な選択は恥をかくだけに違いない(笑)

カモ (1 - 1)-2

どうでも良いけど、このカモ。
絶対アヒル口を意識しているよな(笑)
実は結構、アヒル口の女子は好きだったりするけど。


[作品写真データ]
モデル:カルガモ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/400
F値:7.1
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac 

 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
 
 

このページのトップヘ