こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オナガ

きたかぜのなかにあってもきにならず
ツーショットだと、何となく恋人かなと。
オナガはオスもメスも同じだから、実際のところどうなんだか解らないけど。
まぁ、こうして見る限りは仲が良さそうに見える。


07 オナガ (1 - 1)-2

オナガは年中いるけど。
西日本の方に行くと珍鳥の部類だとか。
なんでも名古屋あたりが境目で大阪では全く観察出来ないとか。
何がそうさせているのやら?

07 オナガ (1 - 1)-3

これ ↑ Lightroomで現像しているからだけど。
なんか良い感じの色合いだよなぁ・・
オナガの長い尾っぽが綺麗なブルーで表現されている。

これで、鳴き声がもうすこし違っていたら人気抜群になるのにと毎度思う(笑)


[作品写真データ]
モデル: オナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:5.0
露出補正:- 1
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

つゆばれやてちょうにしるすとりのばしょ
今時は鳥の場所を手帳に記すと言っても、実際はマップコードだったりして(笑)
まあ便利な世の中になったもんだよなぁ。
マップコードさえあれば、どこでも行けちゃうからねぇ。
このオナガがいる場所をマップコードで人に伝える事も簡単。

06 オナガ (1 - 1)

オナガなんて、どこにでもいるじゃん!
って、思うのはオナガがどこにでもいる地域に住んでる人の言い分。
実際のところ、窓を開ければ目の前の電線にオナガなって止まっているし(笑)
ところが、この鳥はたしか名古屋より西の地域には存在しないらしい。

06 オナガ (1 - 1)-2

いつでも撮れると思っているわけで。
実際いつでも撮れるんだけど。
なかなか、その特徴である青い背中が撮せない。
う~む、ままならないなぁ。




[作品写真データ]
モデル: オナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/40
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



へんしんのゆうきひとつぶゆくあきぞ
オナガはカラスと同じで一年中見る事が出来るので季語になっていない。
これが面白い事に名古屋辺りを堺にして西の方では全然見られない貴重な鳥らしい。
写真だけ見ていれば、綺麗な鳥だし初めて見たら喜んで写すだろうな(笑)
自分の周辺ではあまりにポピュラーな鳥ではあるが。

オナガ (1 - 1)-2

鳥の写真も図鑑のように、真ん中にドーンと置くもの。
ようするに、大きく鮮明に撮したいという欲求の現れと、何となく詩的なものとある。
だんだん、普通の鳥を見る事に余裕が出て来たので詩的な写真を撮りたくなって来ている。
そして動きもの。

オナガ (1 - 1)-3
 
鳥のいる風景ってやつかな。
季節をしっかりと捉えて詩的な写真。
例えばオナガだったらオナガだけを一年追っかけるっての有りかも。
そう言われてみれば、今年は結構オナガの写真を撮っている事に気がついた。


[作品写真データ]
モデル:オナガ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/125
F値:7.1
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     

るーきーのきょうしんぞうやあきのそら
チゴハヤブサとオナガの関係って見ていて面白い。
なんかドラマが始まらないかと期待している自分もいたりして。
補食関係になるんだと思うけど、ここでは一度もそのシーンを目にしていない。

オナガ (1 - 1)-2
 
もともと、チゴハヤブサが停まっている枝の側に寄っていくのはオナガの方だ。
この枝に限らず、オナガはすり寄っていく。

オナガ (1 - 1)-3

一応、チゴも目で追うんだなということがこれで分かる(笑)
これでオナガをいきなり捕ったら凄いけど。
オナガはどうしてこちら側に飛ぶのやら。

オナガ (1 - 1)-4

ひょっとして、オナガのワカ同士で度胸比べでもしているのかな?
『どうだ~こんなに近くまで行って来たぜ~』なんて仲間に自慢してたりして(笑)
人間の子ども達はこういうことしょっちゅうやるしね。


 [作品写真データ]
モデル:チゴハヤブサ&オナガ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:9.0
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り 
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
  

さぐりあつれんしゃもーどやあきたちぬ
今日は立秋なので、夏の歳時記から秋の歳時記にスイッチ。
今日から季語は秋のものを使う事になる。 
日中の暑さの中にいるとピンとこないけど。
実は数日前から夜風はなんのなく秋の感じであったので、まさに暦通りの感じ。

オナガ (1 - 1)-3

「フォト×俳句」は俳句と写真の距離感が大事。
両者が付かず離れずの関係が望まれる。
そのために、どうするのが良いのかをしょっちゅう考えているのだけど。

写真という一瞬の事実と、その時周りで起きていた事柄をセットにするのも一つの方法ではある。
作った本人的には完全に日記俳句なので読み手はナンノコッチャって感じかも(笑)

立秋の今日、初めて鳥を撮ろうとカメラを持ち出した人がいて。
どうせだったら連写モードで撮る方が良いかもですよってアドバイスして。
だけど、その人は今までカメラで連写した事がなかったみたいで。
こちらは、他人のカメラだから使い方を教える事も出来なくて。
それでも、なんか二人でワイワイやって、どうにか探し当てる事が出来た。
そんな時間がとっても楽しかった。
という一句(笑)

オナガ (1 - 1)-4


さらに結末は・・・結局目的の鳥は現れず練習だけで終わったという(笑)
自分も今日は朝からなんだか結局1枚もまともな写真がなかったりして。
まぁそれでも色んな人に出会えた豊かな一日でありました。



 [作品写真データ]
モデル:オナガ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:7.1
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し  
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


 

このページのトップヘ