こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ゴイサギ

またひとつせんたくせまるもどりつゆ
梅雨明け宣言がされてからずっと天気が悪いような・・・
俳句の世界には「戻り梅雨」という季語が用意されているけど。
まさに、そんな感じだな。

31 ホシゴイ (1 - 1)

そうで無くても、この時期は鳥が少なくて困っているのに。
こう雨が続くとどこにも探鳥にいけない。
仕方無いから近所でゴイサギでも(笑)

31 ホシゴイ (1 - 1)-2

ちなみに「ゴイサギ」も、その幼鳥である「ホシゴイ」も季語としては採用されていない。
年中どこにでもいるからだろうな・・・
鳥のくせに季語として採用されてないなんて不名誉な事かも(笑)

31 ホシゴイ (1 - 1)-4

ゴイサギのコロニーは何気に不気味かも?
うじゃうじゃいるって感じだもんね。
それにしても、そろそろ晴れてくれないとアップする写真が無いなぁ・・・



[作品写真データ]
モデル: ゴイサギ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

つゆばれやとつじょはじまるもようがえ
鳥撮りにミラーレスカメラを使っている。
PanasonicのGX8という機種。
まぁ、お気に入り。
これの弱点は動体にイマイチ弱い事。
飛んでいるハヤブサとかにピンを合わせるのは至難の業。
むしろ、その前まで使っていたFZ1000の方がフォーカス速度は速い。
とは言え、ゴイサギの飛翔くらいだったら追える(笑)

ゴイサギ (1 - 1)-2

ゴイサギって結構好きだったりするんだな。
この個体に限ってはなんだかノッポ君って感じ。
足をこんなに伸ばすか?(笑)

ゴイサギ (1 - 1)-3

 この絵 ↑ の方が可愛いかな(^.^)
まぁサイズがそこそこあるから写真に撮りやすいしね。
動きもとろいし。
ってか、たしか夜行性だったような。

[作品写真データ]
モデル:ゴイサギ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とっぷりとうえたにわがみうつしけり
車で移動中に、あっと気がついて停車。そしてバックで戻る。
このパターンは鳥見を始めてから非常に多くなった。
今回もそれ(笑)

幼鳥であるホシゴイは見ているのだけど、成鳥のゴイサギは実は今回が初めて。
密かにその姿に憧れというか、良いな~と思っていた鳥の一つ。

ゴイサギ (1 - 1)-3
 
何というか、自分の中では高貴な鳥というか、上品な鳥というか。
多分、この色合いがそう思わせるのだと思う。
二羽でいると流石に目立つ。
周りに、アオサギとかダイサギは多いけど、ゴイサギは珍しいと思う。

ゴイサギ (1 - 1)
 
車の中から撮しているんだけど。
ちょうどブラインドの役目をするのか、車だと鳥は逃げていかない。
結構、車の通りは多いのだけど、チョットだけごめんなさい。

ゴイサギ (1 - 1)-2
 
これだけ、サイズが大きくて、動きがゆっくりだと、さすがに余裕で狙える(笑)
午前中の柔らかな光が植えたばかりの稲のグリーンを際立たせてくれる。
こういう風に、他の鳥も撮れたら大満足なんだけどね~


 [作品写真データ]
モデル:ゴイサギ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/2000
F値:6.3
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac 



にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ