こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > フクロウ

くんぷうやめがあうたびのしんこきゅう
一瞬目を疑うというか、えっ?って感じ。
なんでフクロウがここに???
全く想定していない場所でいきなり遭遇すると、嬉しいというより驚き。
カメラ持ってて良かったぁ・・的な(笑)

11フクロウ (1 - 1)-4

こういう時の鳥達との距離の詰め方がまだまだ下手なんだと思う。
どうしても近くに寄りたいと思う気持ちが強く出る。
他にカメラマンがいれば遠慮する気持ちが大きく働くけど。
自分一人だと気が付けば前へ前へと・・・
結果、相手に気が付かれて逃げられてしまうわけで。


11フクロウ (1 - 1)-5

信頼関係を築く前に近寄り過ぎるのはやっぱりダメだよなぁ・・
何事も焦りは禁物だよなと後になって思う。
自分の気持ちが強ければ強いほどコントロールしなきゃと自戒。


11フクロウ (1 - 1)

まあそれでも、ここまで近寄らせてくれるのも事実で。
この時はカメラを購入して初めてテレコンを外していたので換算600㎜。
すべてノートリの画像。
またここで是非会いたいものだと強く思うのだが。
果たしてどうだろう?


11 フクロウ (1 - 1)

どこへ行くのだろう?
帰って行くのか?仕事に行くのか?
しかもその方向は・・・・(笑)


[作品写真データ]
モデル: フクロウ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たびだちをつぐるまなざしげしのよい
今朝もフクロウに会いに行ったのだが、ついに見つけられなかった。
昨日は朝から一羽しかいなくて、この ↑ 写真が最後に撮ったもの。
18時頃の撮影だ。
もう、いつ旅立ってもおかしくないと言いながら、ここまで楽しませて貰えた。
今年この場所で最初にこの子を見たのがこちら ↓ ツーショット。

フクロウ (1 - 1)-3

 これが ↑ 6月8日
で、その前の日には親の方を目撃してんだよね~

フクロウ (1 - 1)-4

 都合2週間もの間楽しませて貰えたって事だ。
今思えばもう少し前からヒナは孵ってたって事になるよね。
来年は覚えておいて5月終わり頃から探索開始だな。

 フクロウ (1 - 1)-2

遠くを見ている不安げな表情がまた可愛いじゃないですか。
気を付けて行ってらっしゃいと見送ろう。
また来年帰ってきてね~

とは言え・・・・一応明日の朝も探索に行くけど(笑)




[作品写真データ]
モデル:フクロウ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/80
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac 



にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

なつぞらやきほんどうさとすとれっち
そろそろ山に帰ると言われながら、まだまだ居てくれるフクロウ。
今年はこのフクロウ達に楽しませて貰えてる。
だいぶ大きくなってきたので、それこそ今日にでも山に帰るかもしれない。
なんだかんだ言いながら、ほぼ毎日撮影しているので停まりものの絵は揃った。

フクロウ ヒナ (1 - 1)-4

そうなると、単なる停まりモノはもう十分と言う事で。
ツーショットを狙ったり、動きがあるものを絵として残したくなってくる。
最初はその存在だけで満足していたのに、徐々に注文を付けたくなるのは人間の子供の写真と同じだな。

そして、残っているのは飛翔の絵。

フクロウ ヒナ (1 - 1)-2

フクロウの飛び出しとか飛翔ってハヤブサよりずっと難しいような・・・
難易度MAXかもな。
そもそも、ほとんど動かないし。
動くときも鳴きもしないから予測不能。

フクロウ ヒナ (1 - 1)-3

光が足りないのでシャッター速度も上げられないし。
そもそもピントが合わないしカメラを振れない。
ないないづくし。
果たして残された数日で飛翔写真を手に入れる事が出来るのだろうか?


 [作品写真データ]
モデル:フクロウ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/40
F値:8
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac 



にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

ろくがつのよりそうふたりふなでかな
この記事がアップされるのは6月18日21時の予定。
この時は、新郎の父親という役割を果たしてホッとしている予定(笑)
結婚する二人に気の利いた作品をと思ったけど、なんだか月並み過ぎて情けない。
それでも、フクロウのツーショット写真は価値があるかと。

フクロウ (1 - 1)-2
 
そうそう・・・
と言うことは自分に娘が出来るという事になるわけだな。
などと人事のような感想だけど。
離れて暮らすのでピンとこない。

フクロウ (1 - 1)-3
 
そうなると・・・・
来年の今頃は、まさかのリアルお爺ちゃん等という可能性も出てくるのか。
なんとも複雑な気分だな(苦笑)

まぁ、俳句とか鳥見って年寄りの趣味って言われちゃうから。
まんま、どっぷりなのかも知れないけど。


 [作品写真データ]
モデル:フクロウ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/80
F値:11
ISO:400
WB:オート
露出プログラム絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac 



にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

おやといるつかのまのときさとわかば
頻繁にフクロウに会いに行ってるのだけど。
親しか見られない日、子供しか見られない日、どちらも見つけられない日とある。
なんとも絶妙な場所に停まるモノだと毎度感心したりして。

フクロウ ヒナ (1 - 1)
 
夜明け近くだと案外と下の方にいるのだけど。
段々と木の上の方へと移動してしまう。
かなり高い位置を見上げながらなので観察も撮影も大変。

フクロウ ヒナ (1 - 1)-3
 
こんな風に ↑ 羽を動かし始めたら飛ぶ可能性もあるので連写連写。
首が痛いなどと言ってられない(笑)
なんとか、キャッチアイをと移動しながら撮したり。
自分は基本的に手持ち撮影なので機動力はある。
他の人はほぼ例外無く三脚を使っている。

フクロウ ヒナ (1 - 1)-4
 
しかしですね・・・ ISO2500だと苦しい ↑ 絵が破綻しているような(泣)
毛のフワフワが消えてるもんね。

それにしても、可愛いな。
このフクロウ達は何時までここに居てくれるのだろう?
取りあえず明日も行ってみよう(笑)


[作品自解] 今週末にうちの息子が結婚式を挙げるのだけど。
なんか、そんな事も考えながらの一句。
季語の「里若葉」ってどういう本意なのか実のところ良く判らないけど。
何となく、親離れ・子離れと合うような気がして。


[作品写真データ]
モデル:フクロウ 若
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/160
F値:6.3
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac 

「フォト×俳句」の作品にした写真はISO400なので、やっぱり綺麗。
その他の写真は全てISO2500でシャッター速度が1/1600なんだよね。



にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
 

このページのトップヘ