こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ:初出 > 夏

めをひらきなつのさいごをおよぎけり
ミサゴは俳句の世界では冬の季語。
これが飛んでくると結構でかい。
そもそもミサゴを狙っていたわけでは無いので。
周りの人は誰も気が付かなかったみたい。

05 ミサゴ (1 - 1)

このミサゴに関しては良く見る絵として。
大きな魚を魚雷のように抱えて飛んでいるもの。
残念ながら今回は何も持って無かった(笑)

05 ミサゴ (1 - 1)-2

自分的にはミサゴを見るのは3回目位。
これだけちゃんと撮れたのは初めて。
なので結構嬉しかったりもする。

05 ミサゴ (1 - 1)-3

途中で周りの人も気が付いたみたいだけど。
それほど熱心にレンズを向ける様子も無かった。
ひょっとして見慣れているのかな?
猛禽類なんだけど、人気が無いって事ね。

05 ミサゴ (1 - 1)-4

サイズ感もあるし、ぎょろ目で迫力もあるけど。
それほど可愛いとか精悍とかって表現にはならないな。
イケメンでも美人でも無いって事だな(笑)


[作品写真データ]
モデル: ミサゴ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/4000
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ひとりきてしせんのさきのなつおしむ
ヨシゴイは初見初撮り=ライファーです(嬉)
ホシゴイなんかのイメージがあるので、もっと簡単に見られるのだと思ってた。
ところがどっこいですねぇ(笑)
これがなかなか登場しないというか、どこから来るか全く分からず。
意外と動きも速かったりで。

04 ヨシゴイ (1 - 1)-2

俳句の世界では「ヨシゴイ」も「蓮」も夏の季語。
なんとか立秋までに間に合いました(^-^)v
ヨシゴイに関してはこれも準絶滅危惧種のようです。

04 ヨシゴイ (1 - 1)-3

動きが速いと言ってもハヤブサなんかに比べたら全然ゆっくりなので。
飛んでいる姿を確認してから慌ててレンズを向けてもどうにか捉えられました。
距離があると言えばあるんだけど。
こういうのをファインダーで追えるようになってるのは日頃の練習の成果だな。

04 ヨシゴイ (1 - 1)-4

蓮の花がもう少し多いと更に絵になるんだろうけど。
なんか肝心な場所の蓮は既に刈られた後のようで。
まぁ、色々事情があるんでしょう。
バーダーの都合に何かを合わせるって事はないだろうし(笑)

04 ヨシゴイ (1 - 1)-5

自分が現地到着が朝の7時ちょっと前なんだけど。
もう少し早く無いとダメみたいだなぁ。
この時はとにかく8時過ぎたら全然動きが止まってしまって。
次に行く時はやっぱり現地6時より前に着く必要がありそう。



[作品写真データ]
モデル: ヨシゴイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2000
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ひとつずつうけとるじゅんびあきちかし
チゴハヤブサに関しては、去年かなりの枚数とクオリティで撮影しているので。
今年はそれを越える写真って難しいよな・・
しかも条件が随分と違うしなぁ・・
などと思いながらも、他に行くところも無く(笑)

03 チゴハヤブサ (1 - 1)

どの位置から撮影するのか、それが問題で。
午前中と午後では光の状態も当然違うし。
色々動いてみるわけで、手持ち撮影の強みだよなぁ。

03 チゴハヤブサ (1 - 1)-2

眺めていたら、おっ!空中餌渡しだ~
と、慌ててレンズを向ける。
結構距離があるのでファインダーで普通に追える。
光も良い感じ(嬉)

03 チゴハヤブサ (1 - 1)-3

ハヤブサの餌渡しに比べると、このシーンはとても丁寧に渡しているような(笑)
手渡しというかなんというか。
空中に餌を放り出すような渡し方では無いな。

03 チゴハヤブサ (1 - 1)-4

やっぱり光がしっかりと回っていると綺麗に写る。
この一連のカットは撮影直後にカメラのモニターで見たときはボケボケな感じだったけど。
PCで見てみたら案外綺麗に撮れていて思わずニンマリ(笑)
現像で青空を強調させたらこういう絵になった。
この辺りも現像の仕方で随分と雰囲気が変わるのでRAW撮影の意味があるな。

03 チゴハヤブサ (1 - 1)-5

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II は設定で秒間18コマまで行けるんだけど。
それをやると後の整理が大変なので、最近は秒間10コマ設定で止めている。
自分的にはこの位の写真が残せれば十分かなと。

調べてみたら去年もたまたま8月3日に空中餌渡しを撮影していたみたいで。
去年の空中餌渡しのシーンに比べたらだいぶ進化したかと(笑)


[作品写真データ]
モデル: チゴハヤブサ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ものまねのうたをまねてるなつのはて
ウソは俳句の世界では春の季語。
で、バーダー的にもなんとなく春先に良く目にしている記憶がある。
桜の花芽とかを好んで食べていたような。
聞くところによると夏場に高原で営巣してファミリーを増やしているとか。


02 ウソ (1 - 1)

車で、朝早くになんとなく移動していると。
次々に足元から飛び立つ鳥の姿。
逆光でシルエットになるので識別がなかなか出来なかったんだけど。
ウソがいっぱい(笑)

これ晴天で青空の写真だけど、10分後位にはガスが出て来て真っ白。
何にも見えなくなった。
これは本当の事だよ(笑)
そして、俳句は誰もそんな事してないのでウソです(笑)(笑)



[作品写真データ]
モデル: ウソ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2000
F値:5.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たいけんはぴりりとからくなつさかん
「夏旺ん」という季語は「盛夏」の傍題らしい。
下五に季語を置こうかとチョイス(笑)
今日の気候だと、わりと過ごしやすくて「夏旺ん」というより「夏の果て」とか「秋近し」とかの方が感覚的にしっくりくるかもなぁ。

01 サンショウクイ (1 - 1)-2

この写真はちょっと前のものなので、まさに盛夏とか夏旺んって感じかな。
写っている鳥は「サンショウクイ」で、春の季語らしいです。
なんで春なんだろ?

01 サンショウクイ (1 - 1)-3

割と高い木の上にいることが多いので必然的にこういう絵になります。
これらはかなりトリミングしています。
自分はノートリに全くこだわりは無く、むしろトリミング前提で撮ってます。
せいぜいこのブログにアップするくらいしか使い道も無いですからね。


01 サンショウクイ (1 - 1)-4

これ ↑ は、多分つがいのサンショウクイだと思うんだよね。
これも当然トリミングしているけど。
トリミング前だとほとんどウォーリーを探せみたいな絵になってます(笑)



[作品写真データ]
モデル: サンショウクイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ