こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ:初出 > 春

うぐいすやらじおねーむはしれわたり
鶯は春の季語。
で、その姿を写真に収めるのは、これがなかなか難しい。
声はするけど姿は見えない・・・見せない。
だいたいは藪の中にいて出て来ない。


03 ウグイス (1 - 1)-4

こんな感じ ↑ で、藪の中からフッと姿を現してくれればラッキーな感じ。
鳴き声は誰でも知っているように「ホーホケキョ」なんだけどね。
足元でいきなり鳴かれると、その声の大きさにビックリする。


03 ウグイス (1 - 1)-2

ウグイスの正面顔がこれ ↑ なんだけど。
なんか諜報部員って感じかな?(笑)
何となく怪しい人みたい。
この時は結構近かったんだけど、なかなかキャッチアイが出来ずに苦労した。


03 ウグイス (1 - 1)

これ ↑ でキャッチアイがバッチリ。
当然トリミングしているんだけど、なかなか面白い構図になっている。
ウグイス色っていう言い方をするけど、多分それはメジロに近いような(笑)
そもそも、多くの人はメジロとウグイスをごっちゃにしていると思われる。

春が終わる前にウグイスの姿を撮れてホッとしている。



[作品写真データ]
モデル: ウグイス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

あざやかないろすこしだけはるふかし
カケスは俳句の世界では秋の季語。
留鳥なので一年中いるといえばいる。
特徴は飛ぶ時にほとんど音をたてずに飛ぶこと。
若干コワモテであること(笑)

29 カケス (1 - 1)-3

林の中にある隙間から隠し撮り。
ちょうと目線なんだけど。
ちょっと遠い。
むこうは気が付いていない模様。
気が付けばあっという間に消えてしまう。

29 カケス (1 - 1)-2


これは倒木の上を移動しているところ。
なかなか面白い絵かと思うのだが。
なんせ、見つけたら即レンズを向けてフォーカスを合わせないと。
この時にAFが遅いと苛つく。
時々AFに迷いがあるときがあり、撮り逃すこともしばしば。

29 カケス (1 - 1)-4

カケスのバックショット。
この角度から見ても頭部のおにぎり頭というか。
ごま塩頭は特徴的だな。




[作品写真データ]
モデル: カケス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  


ばんしゅんやなわばりというせんたくし
久しぶりにアカゲラをしっかりと撮した。
森の中のアカゲラゾーン。
何羽いたんだろう?
ドラミングしている個体もあれば追かけっこしているものもある。
4~5羽はいたのか?

29 アカゲラ (1 - 1)-2

アカゲラの赤い色は、ほとんど血を流しているがごとくだな。
鮮やかな赤色なので森の中ではとても目立つ。
オスとメスの違いは後頭部が赤いか黒いか。
赤いのがオス。

29 アカゲラ (1 - 1)-4

こうすると判りやすいかな(笑)
後頭部が赤いわけだけど、これが全部赤いのがオオアカゲラ。
どちらかと言えば、アカゲラの方が自分は好きかも。

29 アカゲラ (1 - 1)-3

毎年アカゲラを撮しているわけだけど。
毎年カメラとレンズが変化していて。
それはつまりグレードアップしているわけで。
当たり前だけど今年の絵が一番綺麗。


[作品写真データ]
モデル: アカゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:8.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

ごーるでんうぃーくというゆううつかな
季語「ゴールデンウィーク」は指折り数えると9音になる。
17音中の9音が季語で占められる事さえも憂鬱(笑)
ついでに言えば「憂鬱」は「ゆうつ」ではなく「ゆううつ」が正しい。
ので、この句は下五が六音になり字余りの句。
それも、計算した上での憂鬱。

01 オシドリ (1 - 1)-3

朝方に霧が濃く出て、ファインダーを覗いても真っ白。
ピントが合っているのかどうかさえ不明という状態。
ひょっとして結露か?などと思い、何度もレンズを拭いたりして。

01 オシドリ (1 - 1)-4

目視でもファインダー越しでも、なんだか視界がままならない状態の中へ。
未確認飛行物体が飛来。
なんだあれ??
とりあえずレンズを向けてビックリ。
オシドリ・・・しかもペア・・・つまりオシドリ夫婦?(笑)

01 オシドリ (1 - 1)-2

これ ↑ がオシドリのメス。
そもそも、オシドリって池に浮いている状態でしか見た事が無い。
結構高い木の枝に停まっている事に驚き。
周りに人はいないから、これ見れているのは自分一人だったりして。

01 オシドリ (1 - 1)-5

雨でも霧でも、何が出るか判らないもので。
やっぱり現場にいなきゃね・・・と(笑)
それにしても、ホントにここにオシドリがいるんだなぁ・・・



[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

れいえんのもんくぐりぬけのにあそぶ
サンショウクイのメス。
オスはもう少し頭が黒いはず。
調べてみたら、なんと山椒喰は春の季語だった。
もっとも歳時記よっては掲載されていないものもある。
かなりマニアックな季語という事かしら?(笑)

28 サンショウクイ (1 - 1)

この鳥は何となくシジュウカラにもハクセキレイにも似ている出で立ち。
声を聞けば特徴的な『ピリリピリリ』と鳴くのですぐにわかる。
ピリリとする辛い山椒を食べたのが鳥の名前の由来とか・・・?

28 サンショウクイ (1 - 1)-3

何となく木のてっぺん辺りで戯れているイメージがあるんだけど。
こうして見下ろすのは珍しい構図なんでは無いでしょうか?
今だけ?
鳥の習性に関してはまだまだ勉強不足だな。

28 サンショウクイ (1 - 1)-4

新緑の中の小鳥たちは非常に絵になるなぁ・・
だんだん探すのが大変になってくるけど。
色合いとしては美しい季節がやってくる。


[作品写真データ]
モデル: サンショウクイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

このページのトップヘ