こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ホシゴイ

かくれんぼいろなきかぜにふかれをり
ホシゴイがこういう場所を好んで選ぶのはやっぱり保護色だからかな?
こんな顔してるけど幼鳥だもんね(笑)
まぁ本人的には全然隠れているつもりなんか無いとか言われるかもだけど。

ホシゴイ (1 - 1)-3
 
「色無き風」というのはどうやら晩秋の季語のよう。
手元の歳時記よれば、紀貫之の歌「吹き来れば身にもしみける秋風を色なきものと思ひけるかな」から来ているとのこと。
解説を読むと、ますますホシゴイの表情にリンクしてくる(笑)
どこを見ているのか何を見ているのかよく判らないホシゴイ。

ホシゴイ (1 - 1)-2

相変わらず自画自賛だけど、この作品はなかなか味がある佳作なのでは?
と思えてきた。
隠れんぼをしていて、あまりにも上手に隠れ過ぎてしまって。
鬼からも誰からも見つけられなくてそのままそこに居続けた。
さらに冷たくなってきた秋の風とともにその場の景色に溶けて行った。

という自分の大昔の記憶を辿った一句。
鬼ごっこにしろ隠れんぼしろ強かったとうか上手だったというか・・・・
だから余計に寂しい思いをしたりするんだけど。
「色無き風」はそんな自分と共にある。
みたいな(笑)


  [作品写真データ]
モデル:ホシゴイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   
 

ほしごいのほしがほしいとながれぼし
もはや、俳句でも何でも無いな・・・・
ただのラップか?(笑)

この鳥は五位鷺(ゴイサギ)の幼鳥で星五位(ホシゴイ)と呼ばれている。
名前の由来は古代日本の貴族や役人の官位に由来するらしい。
平家物語にその出典があるみたいだけど。

とにかく五位ってのは貴族の位らしい。
天皇がこの鷺にその位を与えたとからしい。
らしいらしいらしい(笑)

ゴイサギ (1 - 1)-4
 
で、ゴイサギの幼鳥がホシゴイ(星五位)なんだけど。
これは身体の斑点を星に見立てたらしい・・・らしい・・・(笑)
まぁロジックでは貴族の子供って話しになるわけだ。

ゴイサギ (1 - 1)-8

図鑑の解説によれば、夜行性だとか。
昼間は樹上で休んでいるみたい。
親のゴイサギは実はとっても綺麗で自分も好きな鳥の一つだったりするけど。
子供のホシゴイはなんか不気味なんだよね~

ゴイサギ (1 - 1)-3

これらは近所の公園で夕方に撮影したものだけど。
ハヤブサとかに比べたら動きが遅いから結構追える。
飛びモノの練習には丁度良いかもね~


[作品写真データ]
モデル:ホシゴイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:7.1
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

この作品の写真はテレ端で写していなくて500㎜で止めて撮影。
それをトリミングしている。
何となくだけど、その方が絵が綺麗なような気がする。



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

くものみねたいむましんのとびらあく
この鳥はなんでしょ?
多分、ホシゴイかなぁ・・・
それにしても妙に格好良く写ったぞ。

この手の鳥を見ると毎度同じ事を思うのだけど。
絶対恐竜の生き残りだな。
人間に向かって来たら怖いなぁ・・・

ホシゴイ (1 - 1)-2
 
鉄塔を入れると、何となく円谷プロダクション特撮・・・・的な(笑)
この場所って、サギのコロニーなんだけど。
ゴイサギ・ダイサギ・アオサギ・・・・・がいっぱい。
飛んでる鳥を撮るには、ここらで練習を積むのが良いので時々訪れる場所。

ホシゴイ (1 - 1)-3
 
換算800㎜でパシッとフレームに納めるのは実際のところ難しいわけで。
ピンが来る事の方が少ないし。
AFCでトレースしていくと、秒間枚数も寂しいものだったりするし。 
どんなジャンルでも地味な練習を繰り返すのが一番の近道で王道かと。


 [作品写真データ]
モデル:多分・・ホシゴイかと
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/2000
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac

結局、光があればシャッター速度を稼げるわけで。
ISO200だから綺麗だし。
フルサイズっていつでもこんな感じで撮れるのかな?などと考えてしまう。
相変わらずの無い物ねだり。


 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 
 

みわたせばかれのをこのむものもあり
ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥でホシゴイと呼ばれる鳥。
歳時記によると五位鷺は夏の季語っぽい。
「白鷺」はだいたいの歳時記に掲載されているけど、五位鷺やホシゴイなんかどこにも無い。
・・・・と、思ってたらありました(笑)

俳句の鳥
吉田 巧
創元社
2003-01


なんとマニアックな本でしょう。
これ監修が辻桃子さんになっているので、夏の季語に認定したのは、辻桃子さんって事かな。
p116~p117が五位鷺のページになっています。
この本は鳥好きの俳句好きには、垂涎の一冊かも(笑)

ゴイサギ幼鳥 (1 - 1)-3

アオサギもそうだけど、このホシゴイって恐竜系だよな~
絶対にこれらの鳥って恐竜の末裔だと思って見ているのだけど、どうなんでしょ?
クチバシと言い、鋭い爪と言い、なんかチョット怖いぞ。
もっと怖いのは目つきだけど(笑)
こんな ↓ 目つきだし。

ゴイサギ幼鳥 (1 - 1)-2


それにしても、これ良く映ってるよね。
実際はかなりの距離で撮影してるんだけど。
今回は全部ノートリです。
使ったのはNikonのP900というコンデジ。
晴れた日には結構な描写をしてくれる。
難点はファインダーが小さいのと映像に多分タイムラグがあるので自分が何を撮っているのかイマイチ分かりにくいと言う点。
説明するのが難しいんだけど。

手振れ補正はかなり効いているのでだいたい許容範囲の絵が手に入る。
ところが、構図が自分の思っていたものと違ったりする。
すぐ上の写真なんかも全身を写しているつもりが顔のドアップになってたりして。

とは言え、晴天で光りがたくさん有るときは2000㎜の恩恵を十分に享受出来るので。
取りあえずサブでもっておいて損は無いと思う。


[俳句自解]
ホシゴイが微動だせずに枯藪の中に立っているので。
こいつ絶対ここがお気に入りなんだろうなと思った。


[作品写真データ]
撮影日時 2015/12/09
カメラ:Nikon COOLPIX P900
露出:1/400
絞り:
F値:6.5
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:鳥モード
Lightroom CC2015 for Mac




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ