こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > カイツブリ

とっくんをかさねるふたりみずのあき
これから特訓に出かけるから、付いてきなさい!
ってな感じで連れ出される子供。
なんの特訓なんでしょ???

カイツブリ (1 - 1)-2
 
特訓嫌いなんだよな~
なんか嫌な予感がするな~~
帰ろうかな・・・

カイツブリ (1 - 1)-3
 
ゲゲッ!後ろに回り込まれちゃったし・・・
逃げられないや・・・
どうしましょ。

カイツブリ (1 - 1)-4
 
さてさて、これからが特訓ですよ~
ついてらっしゃい!
と、お母さんやる気満々。

 カイツブリ (1 - 1)-5

さぁ、一気に行くのよ!
のどを開いて!
ぐっと!

カイツブリ (1 - 1)-6

そうじゃないんだから。
もっと、しっかり!
ガッ!と。
貸してごらん、こうするのよ!

カイツブリ (1 - 1)-8

って、お母さん顔が相当マジですけど・・・
怖くて見てられない・・・
目が据わってるし。

カイツブリ (1 - 1)-9

ひえ~
怖いよ~
勘弁して下さい~

カイツブリ (1 - 1)-10

まだまだ、生ぬるい~!
ホレホレ!こうするんだよ~!!!



マジですか・・・・


こうやって、カイツブリの子ども達は獲物の食べ方を覚えて行くのであった。
食べたくないものを無理やり食べさせられているような・・・
なんか昔、茄子とかピーマンを食べさせられていた頃を思い出した。



[作品写真データ]
モデル:カイツブリ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/400
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  



 

みずすむやむぼうびなみのやわらかさ
「カイツブリ」は俳句の世界では冬の季語らしい。
で、この写真はそのヒナというかワカ。
もう少し早く見に来れば親の背中に載っているところが見られた筈。

カイツブリ (1 - 1)-2
 
ヒュルヒュルと水の上を行き交いながら。
ここと定めて潜る。
で、なんか捕ってくるみたいだけど。
これを見ていると、ついつい時間の経つのを忘れてしまう(笑)

カイツブリ (1 - 1)-3

水の中に潜っている時間が意外と長かったりするんだよね。
海女か?(笑)
潜った場所と浮き上がる場所も結構離れてたりして。


まぁ、こんなのをゆったりと眺めている自分は幸せ者だと思うのであった。
確かに無防備な身体ではあるけれど。
それを補う、「しなやかさ」みたいなものを磨きたいものだ。




 [作品写真データ]
モデル:カイツブリのワカ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:9.0
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り 
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


 

8-15 カイツブリ (1 - 1)-5

カイツブリ
Nikon COOLPIX P900を使って2000㎜で撮したものを更にトリミング。
いや〜たいしたもんだなこのカメラ。
光さえしっかりしていれば結構良い感じで写る。

とは言え、流石に2000㎜なのでしっかりとピントが合うのは20枚に1枚くらいか?
それでも上手く撮れたときの絵はFZ1000より綺麗なので距離が有るときは取りあえず両方で撮しておくようになった。

8-15 カイツブリ (1 - 1)-6
 
子育て真っ最中で何を渡しているのか解らないけど。
とにかく、親鳥は潜っては何かを採ってそれをヒナに渡している。
水鳥もそれ以外の鳥も子育ては似たような感じだ。

8-15 カイツブリ (1 - 1)-4
 
しっかりと親の後を追う子供。
そう言えば今気がついたけど追随してんのは一羽だけだぞ・・
もともとそうなのか?

8-15 カイツブリ (1 - 1)-3
 
カイツブリの目はこの写真 ↑ を見ると解るけどとっても小さいのである。
眼球が写っている写真はほんとに少なかった。
もう少し近いところに来てくれれば良いけど、なかなかそういうわけにもいかない。

8-15 カイツブリ (1 - 1)-2
 

こどもの方は動きがまだ緩やかなので撮りやすいと言えば撮りやすい。
動物も人間も子供のうちはホント可愛い顔をしているもんだ。
鳥の成長は速いからあっという間に大人の顔になっていくのだろうけど。
こういう写真も記録として大事だな。

 

このページのトップヘ