こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > タゲリ

あおぞらのなかにうきでるねこのこい
縦構図で作る「フォト×俳句」は珍しいかも。
この写真はとってもお気に入りで、どこかのコンテストにでも出したいようだ(笑)
面白いのは実像の方の目にはキャッチアイが見えないのに。
水に映り込んだ方にはしっかりとキャッチアイが入っているというところ。
キラリ~んと恋してる目か?

170227タゲリ (1 - 1)

なんで「猫の恋」に合わせる野鳥が「タゲリ」なのか?
バーダーならすぐ解ると思うけど。
タゲリの鳴き声はニャーニャーとほとんど猫。
ちなみに「タゲリ」そのものは冬の季語になっている。

170227タゲリ (1 - 1)-2

今年は雪解けが遅かったせいか、なかなか姿を確認出来なかったんだけど。
ようやく見る事が出来た。
これらの写真は車の中から撮しているので結構近い。
全部ノートリだったりする。

170227タゲリ (1 - 1)-3

タゲリは頭の冠羽が特徴的なのと、バカボンに出てくるハジメちゃんみたいな目。
妙にクリクリっとしていて可愛いのである。

それにしても、あっさりと良い写真が撮れてしまって。
次はどうしようか?みたいな・・・(笑)
これ以上の写真って条件的にどうなんでしょ?
ほとんど鳥運だけで撮しているからねぇ・・・


 [作品写真データ]
モデル: タゲリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします




 



仕事の移動中に、なんかバードウォッチングしているらしい人を発見。
で、その人のレンズの先に、移動(笑)
そしたらこの鳥が沢山存在していた。
名前は「タゲリ」という。
人生初見かな(笑)


 
何と言いましょうか、目がクリクリしていて結構可愛い。
アップで見てみましょう。


 
個体差もあるんだろうけど、この子は ↑ メッチャ可愛いぞ。
メスかな?
で、こっちは多分オスだとおもうんだけど。


 
どっちも、ヘアスタイルがいかしてるぜ。
こんな鳥がいるんだね〜
知らなきゃ知らないよね。


 
背中は緑っぽい色で、お腹は白い。
しっぽもこうみると白いですね。
飛んでる姿はカモメにも見えたりして。



田んぼで何を食べているんでしょ?



 世の中にはこんな鳥もいるんですね。
まぁ豊かな世界だ。

って・・・ここまで、もしかしてと歳時記を調べたら冬の季語でした。

★山影の遠のいている田鳧かな★鷹羽狩行
★田鳧くる田のひこばえの狐色★沖島たづ

むむ・・・ひょっとして鳥って全部季語なのかなぁ??

 

このページのトップヘ