こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ヤマガラ

しゅっとしたかおがよいねとつゆはれま
ヤマガラの幼鳥だと思うんだけど。
最初見つけた時にはなんだろうこの鳥は?
謎の珍鳥か?なんて思ったりして(笑)

20 ヤマガラ (1 - 1)-2

シュッとした顔ってどんな顔だ?
その逆はふっくらとかポッチャリとかになるのだろうか?
そのあたりのコントロールは永遠の課題だな。


20 ヤマガラ (1 - 1)-3

こちら ↑ がヤマガラの親だと思われる。
最初はオレンジの色が出て無いのかな?
まだまだ鳥見の経験値が低すぎるなと実感する。
これはこれです。と、自信を持って断定出来るようになりたいものだ。


[作品写真データ]
モデル: ヤマガラの幼鳥
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

まるきめではこぶものありとしのくれ
ヤマガラ(山雀)
季語としては夏の鳥だけど、留鳥なので年中どこでも見られる。
この「ヤマガラ」と「シジュウカラ」「エナガ」はだいたい3種混合で移動というか暮らしているような。
自分的には「御一行様」と呼んでいる。

さて、このヤマガラだけど。
本来だと小型で警戒心の強い鳥なんだと思うのだが。
明治神宮に行くと完全に餌付けされた状態だ。
ちょっと気の毒なような・・・まぁそれが逆に逞しさなのかも知れないけど。

ひょっとして、人間も都会で暮らすって事はそれに近いのか?
などと考えたりして。

上の写真でヤマガラに餌をやっているのは通りすがりの外国人のお嬢さんだし(笑)


ヤマガラ (1 - 1)-2


山の中では動きがチョコマカと速いので撮影も難しかったりするのだけど。
ここでは簡単に写させてくれる。
モデルさんのようなもの(笑)
かなり近くに寄れるから。
中には手乗りヤマガラをもう一方の手でiPhoneで撮影してる人もいたりして。

ヤマガラ (1 - 1)-3

落葉の中で何気に保護色?
こういう構図も面白いかもね~と、パシャリ。
結構、自由なアングルで撮影を許される(笑)
アップだってこの通りバッチリだ。

ヤマガラ (1 - 1)-4

そもそも、今回は仕事で東京入りしているので、鳥を撮る予定も無く。
それはつまり、それ用のカメラは持っていないということ。 
今回手元にあったカメラはホント小さなコンデジ。
Panasonic TZ60というお手軽カメラ。 
小さいのだけど、ファインダーが付いていて高倍率ズームのカメラ。
既に新モデルが出ているので生産終了。

いつでもバッグに入れておけるので、こういうカメラは便利と言えば便利。


[俳句自解]
ヤマガラが忙しそうに餌を採りに来る様子と年末の慌ただしさを重ねて詠みたかった。
最初に出来たのが
★忙しく運ぶものあり年の暮★
これだと、上五の「忙しく」って言葉が多分NGワードかな?と気付く。
つまり季語の「年の暮」の本意の中には「忙しさ」だとか「慌ただしさ」なんかは当然に含まれているわけだから、それをさらに表現するのは蛇足の極地みたいな(笑)
結社とかに入っていると主宰や先輩からこういう事を指摘されながら覚えるのかな?
自分は自分で考えているだけだから、これが合っているかどうかも判らないや。

あとは、餌付けされたヤマガラに対しての思いなんかも詠みたくなるけど。
これは例の、道徳観・倫理観・教訓になりそうなので止めた。


 [作品写真データ]
撮影日時 2015/12/11
カメラ:Panasonic DMC-TZ60
露出:1/160
絞り:
F値:6.4
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:
Lightroom CC2015 for Mac

 
 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



ヤマガラ 夏の季語
その気になって周りを探せばいくらでも見つける事が出来る鳥だと思う。

 

文字通り雀くらいのサイズで、結構すばしっこいので撮影するのは難しい。



雀と同じで結構丸く膨らむんだよね。


 
この子も目が可愛いよね。
このサイズの鳥たちはホント可愛くて見ていて飽きないのである。
色々ポーズもつけてくれたりして。


 
スマン!っと土下座しているようなポーズ(笑)
顔がパンダなのも可愛さを増幅しているんだろうな。


★山雀の山を出でたる日和かな★藤野古白
★山雀の日の色曳きてもうをらず★吉村玲子

「・・・もうをらず」って、確かにねぇ。って思う。
もっとも小鳥全般に言える事でもあるけどね(笑)




このページのトップヘ