こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ウソ

まふらーのいろはかわらぬままでよい
ウソは春の季語。
確かに自分の中では桜の花芽を食べているイメージが強い。
最初声が聞こえてきた時はてっきりイカルかと思っていたのだけど。
まさかのウソに自分で『嘘だろ~』と突っ込み独りで笑う。
これ結構距離があって間に枝が何本もあるので、そこを器用に抜けてのショット。

ウソ (1 - 1)
 
何となく背景とともに柔らかな絵面に仕上がった。
ウソのピンクのマフラーがなんとも言えず美しい。
毎度思う事ではあるけれで、神様のデザイン力て群を抜いている。
この色にどんな意味とか役割を持たせたのだろう?
神様がそばに居たら是非とも聞いてみたい事の一つ。


 [作品写真データ]
モデル: ウソ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

さんがつのしろあおぴんくひかるくろ
こういう俳句はどうなんだろう?(笑)
写真があるので、ああなるほど。みたいな。
写真が無かったら全くの意味不明俳句になるのだろうか?

或いは、白・青・ピンク・黒の組合せで読み手が何らかの映像を構成できるだろうか?
「光る黒」ってのが映像を作る時のポイントというか、きっかけになるんだろうな。

このウソという鳥だけど、メスはこちら。

ウソ (1 - 1)-2


ピンクが無いのですよ。
そうすると・・・・どうなるのだ?(笑)
まぁ、深く考えないこととしましょう。


それにしても、今朝は寒かったぞ。
それでも冬はだいぶ遠のいている感じはあるな。
雪は降ったものの、朝の暫くは寒いというものの、しっかりと春を感じられる。


[作品自解]
目に付く色をそのまま並べただけ。
これ、もう少し整理してピンクの色合いの部分を強調出来ると良いかもな。
この時期ピンクの色を持つ鳥は鷽しかいないからね。
それが伝わるかも。

[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/1600
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac 





 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

せいていんのしきんきょりからうつすうそ
鷽(うそ) 春の季語
これは鳥見と俳句の季語と自分の中で久しぶりに季節感が一致している。
ウソのあのヒューヒューというような口笛に近い鳴き声を聞くと春って感じがする。
いよいよ囀りの季節だ。
ちなみに「囀り」も春の季語。

ウソ (1 - 1)-2


それにしても、このウソ。メチャメチャ近いんですけど(笑)
多分距離にして3メートル位かと。
去年も別の場所でウソを撮影しているけど、その時も近かった。
自分の体験がそうだから、この鳥はそういう鳥かと言えばそうでもないみたい。

ウソ (1 - 1)-3

 こちら ↑ は鷽のメス。
生き物は基本的にメスよりオスが派手なんだよね。
どうやら、それには理由があって。
オスが目立つ事により外敵の目を惹いて、その間にメスを逃がす機能だとかなんとか。
ホントかどうか知らないけど、そう聞くと妙に納得する。

さて、それてってホント?ウソ?どっち?(笑)

[作品解説]
これはもう、まんま俳句の極みというかなんというか(笑)
そのまんまです。

フォト×俳句の作品としては付き過ぎでしょうね。
日記としては充分その機能を果たしているかと。


 [作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/1600
F値:4.0
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ウソ (1 - 1)

ウソ 春の季語
なるほど〜 確かにこの鳥は春って感じがするな。



青空に映える、春の鳥。
人を怖がらないのかも?



結構近くまで寄る事が出来た。
一心不乱に木の芽を食べているのかな?


 
木の芽ってか枝か?(笑)



カメラの性能云々もあるけど、どれだけ足で寄れるかだな。
鳥に警戒されない人間にならなきゃね(笑)


 
枝の端っこの方に出て来てくれ〜
って、念じていると案外来てくれたりとか。
時々ピントが急に合わなくなる現象はなんなんだろう?



この鳥もやっぱりメスはオスに比べると少し地味なんだよね。



これが ↑ メスのウソ。
襟元のピンクが無いのが気の毒なような。

鳥の写真も初見の時はとにかく多少ピンボケでもよいから識別出来る程度に写ってさえいればと。
焦りながらシャッターを切る。
次からは構図とか光とか考えて絵としてのクオリティを求めようかな。

どうしても、日の丸構図で少しでもアップにと写してしまう。
アップにすれば良いというものでも無いだろうし(笑) 

★鷽鳴くや麓の村の照り曇り★和田明子
★早起きの鷽が琴弾く父の山★黒田杏子


 

このページのトップヘ