こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ダイサギ

ふゆのひやとけいはずしたままのきみ
鳥の居る風景って感じに仕上げたかった。
季節感は枯れ枝で秋冬が表現されるはず。
この写真、実際は10時頃の撮影だけど。
時間が、朝なのか昼なのか、夕方なのか・・・・?
川面が波立っていないので、良い感じに鏡面になった。

ダイサギ (1 - 1)-2

こういう写真は手持ちじゃなくて三脚でしっかりと撮った方が良いのかな?
とも思うけど。
まぁ自分のスタイルは手持ちで動き回りながら。
これを続けて行こうと思っている。

俳句は・・・苦しまぎれで(笑)



白鷺(シロサギ)というサギはいなくて。
ダイサギ、チュウサギ、コサギの3種類の総称だと思われる。
チュウサギは夏鳥なので今いるのはダイサギとコサギ。
で、見た目何となく大きいのでダイサギだろうと(笑)


 
 [作品写真データ]
モデル: ダイサギ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/400
F値:5.6
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 



ダイサギ 夏の季語
どこに行っても見ることが出来る大型の鳥。
動きが遅い。ってか止まったまま。
アオサギほどでもないけれど(笑)


 
なので、飛んでいる所を撮る練習にはもってこいかと。



ダイサギやアオサギは被写体が大きいし遅いから飛翔シーンはまぁまぁ追える。


 
白い色したサギは「コサギ」「ダイサギ」「チュウサギ」といるけど。
ダイサギちチュウサギの違いがイマイチ解らない。
ただ、冬のこの時期にチュウサギはいないらしいのでダイサギとしている(笑)






サギは比較的に見る事が出来やすい鳥だし、写しやすい鳥。
まぁ、自分が好きなのは小鳥なんだけどね。




このページのトップヘ