こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オシドリ

とししたのじょうしをかつぐあきふかし
オシドリは冬の季語。
写真 ↑ のオシドリは二羽ともオス。
先を行くオシドリの姿は見慣れているものだけど。
後ろから行くオシドリは最初はメスだと思っていた。
が、これはオシドリのエクリプスと呼ばれている状態。

30 オシドリ (1 - 1)-3

非繁殖期と言われる時期のオスの姿がエクリプスなんだとか。
で、その二羽が並んで泳いでいるわけだけど。
いったいどっちが先輩でどっちが後輩なんだろう?(笑)

30 オシドリ (1 - 1)-4

エクリプスがそうでない方のオシドリの後ろを追いかけて行く。
何となくそういう風に見えてしまうというか、そう見てしまうんだけど。
実際のところの力関係とかはどうなってんだろう?

30 オシドリ (1 - 1)

こっちが ↑ 繁殖期のオスの姿だとして。
エクリプスはこれからこの姿に変身するのか?
それとも、変身してエクリプスになったのか?
などと堂々巡りするような事を考えながら・・・(笑)

人間の関係性でもややこしいのが結構あるよな。
年下の上司とかって現実問題として出てくるような。
秋深しという季語に結構マッチした無いようなのでは?
という自画自賛の一句(笑)


[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ひそやかにならびてともになつにいる
オシドリは俳句の世界では冬の季語。
ここのところオシドリをちょくちょく目にする。
圧倒的にオスの色合いが目を惹く鳥だな。

05 オシドリ (1 - 1)

水に浮いていないオシドリも見慣れてきたかも(笑)
結構泥だらけになって何かを食べていたりする。
オスとメスは付かず離れずの距離を保って。
特に何か会話を楽しんでいるような事も無いのだけど。
どこに行くにも一緒みたいな。

05 オシドリ (1 - 1)-2

こちらが ↑ メス。
こっちだけが単体で歩いていたら恐らくオシドリだとは気が付かないような(笑)
それくらいメスは地味というか、この色合いは知られていないと思われる。
他の鳥も似たようなものだけど。
メスの個体を単独で観察した場合に鳥名が識別出来なくて苦労するもんね。


05 オシドリ (1 - 1)-4

一緒にいるのは今だけなのかな?
その辺りも不明。
だいたいオシドリって毎年パートナーを換える事で有名だし(笑)

まぁとにかく世の中完全に夏になりましたねぇ。
ヒートテックなんて着てたら暑い暑い(笑)


[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:3200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ごーるでんうぃーくというゆううつかな
季語「ゴールデンウィーク」は指折り数えると9音になる。
17音中の9音が季語で占められる事さえも憂鬱(笑)
ついでに言えば「憂鬱」は「ゆうつ」ではなく「ゆううつ」が正しい。
ので、この句は下五が六音になり字余りの句。
それも、計算した上での憂鬱。

01 オシドリ (1 - 1)-3

朝方に霧が濃く出て、ファインダーを覗いても真っ白。
ピントが合っているのかどうかさえ不明という状態。
ひょっとして結露か?などと思い、何度もレンズを拭いたりして。

01 オシドリ (1 - 1)-4

目視でもファインダー越しでも、なんだか視界がままならない状態の中へ。
未確認飛行物体が飛来。
なんだあれ??
とりあえずレンズを向けてビックリ。
オシドリ・・・しかもペア・・・つまりオシドリ夫婦?(笑)

01 オシドリ (1 - 1)-2

これ ↑ がオシドリのメス。
そもそも、オシドリって池に浮いている状態でしか見た事が無い。
結構高い木の枝に停まっている事に驚き。
周りに人はいないから、これ見れているのは自分一人だったりして。

01 オシドリ (1 - 1)-5

雨でも霧でも、何が出るか判らないもので。
やっぱり現場にいなきゃね・・・と(笑)
それにしても、ホントにここにオシドリがいるんだなぁ・・・



[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

どうどうのげんじつとうひとりぐもり
このオシドリという鳥は何度見ても現実離れしているというかなんというか。
マガモやヒドリガモに混じって一羽だけ泳いでいるのだけど。
まぁ目立つ目立つ(笑)

170309オシドリ (1 - 1)-2

 なんかヘンテコな声を上げながらヘンテコな動きをしていた。
この ↑ 写真なんかから伝わるだろうか?
顔付きというか目つきがちょっと怖い。

170309オシドリ (1 - 1)-3

 クチバシが赤いんだなぁ・・・と、改めて確認したりして。
毎度考えるのは、この色の配色ってどういう意味があるんだろう?ってこと。
自分はあまりファッションとか気にしないけど、間違ってもこの衣装は着られない(笑)

170309オシドリ (1 - 1)-4
 
こいういう ↑ 写真って池の水をもう少し綺麗に撮せれば。
なんかとっても良い感じの絵になるのになぁ・・・

なんせかんせ忙しくて・・・
自分が現実逃避状態なのである。


[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:6.3
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします  

なによりもみのたけにあうはるのふく
オシドリの存在を教えてもらったので早速現場に出向く。
久しぶりに訪れたのだが、冬の間に随分と様変わりしていた。
今シーズンの雪の被害は結構なもののような・・

170227オシドリ (1 - 1)-2
 
散歩中の地元の人に話を伺うと(自分も地元の人だけど(笑))
このオシドリは去年の11月頃からここにいるのだそうで。
最初は全然こんな色合いじゃなかったとか。
って事はまだこれ若い個体って事なのかな?

170227オシドリ (1 - 1)-3
 
オシドリって警戒心が強かったと思うのだが・・・・
なんでこんな近くで撮れるのやら?(笑)
ファインダーに収まらなくなりそう。

170227オシドリ (1 - 1)-4
 
それにしても、この鮮やかな色というかなんというか・・・
どこにいても目立ってしまうんだろうなぁ。
神様はどういう意図でこんな色合いを彼に与えたのでしょ?

170227オシドリ (1 - 1)-5

ちなみに「オシドリ夫婦」って言葉があるけど。
実際のところ、オシドリは毎年パートナーを換えているらしい。
そりゃ一年間位だったらラブラブも維持するよなぁ・・なんて(笑)


[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします
 

このページのトップヘ