こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > カワセミ

たんじつやおなじましょからさんかいめ
久しぶりのカワセミ。
実はカワセミの飛び出しは意外と簡単に撮れてしまう。
E-M1Ⅱのプロキャプチャーという機能を使う。
簡単に撮れてしまうので、あんまり撮らなくなった(笑)

10 カワセミ (1 - 1)-2

簡単に撮れる・・・・という簡単は・・
どういう簡単なんだろう?
などと自分でも考えたりして。
連続した飛翔もあっさり撮れたりして。

10 カワセミ (1 - 1)-3

こういうのを見せられると、どう撮るんだろう?
って、最初の頃は思ってたけど。
撮れる条件みたいなのがあって、それが合えば誰でも撮れるんだなぁって。

10 カワセミ (1 - 1)-4

10枚とって10枚ともこういう写真を手に入れようって思わなければ良いわけで。
それはつまり、1000枚くらいとって3枚も撮れれば上出来って考え方。
そんなもんだよなぁ・・・

プロキャプチャー使えば簡単って最初に書いたけど。
ダメなときはダメだし(笑)
同じ場所から3回位は飛んでくれるから、そしたら撮れるよ。
という一句。



[作品写真データ]
モデル:カワセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
露出補正:-7/10
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



あきのそのきゃっちぼーるをくりかえす




[作品写真データ]
モデル: カワセミ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ: LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ぐうぜんじゃなくてまちぶせあきのその
カワセミに限らずだけど。
鳥を追っかけるか待ち伏せするか・・・
バーダーが常に悩むところ(笑)

23 カワセミ (1 - 1)-2

観察していると判るんだけど。
特にカワセミなんかは、概ね同じような枝に止まって同じような事をする。
なので、そこでずっと待っていれば良いのだけど。
待っている時に限ってなかなか姿を現さないので、待ちきれず動いてしまう。

23 カワセミ (1 - 1)-3

自分が今のカメラを気に入っているのも、自分が待てない性格だと知っているから(笑)
これが大砲レンズだったら、そこで待つより仕方ない。
もっとも、大砲レンズを担いで動き回る人が居ないわけでも無いけど。

23 カワセミ (1 - 1)-4

それにしても、小さい被写体で遠くてさらに光量不足だと全然解像しないな。
NikonのD850が発表になったけど。
そのたび気になって仕方ない。
高感度はフルサイズだよなぁ・・・
とは言え、自分が重視するのは機動力だしなぁ・・・
延々続く(笑)



[作品写真データ]
モデル: カワセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.0
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。




すみっこのあそびばかくほあきのその
公園に子ども達が遊んでいると、鳥撮りはかなり難しい。
ので、子供達の姿を見たら潔く諦める事にしている。
どちらかと言えば、公園は子供優先で良いかと。
鳥見は特殊な人達だしねぇ(笑)

21 カワセミ (1 - 1)

多分、今年生まれたワカじゃないかなぁと。
兄弟で遊んでいる。
営巣した様子は無いから、どこかで生まれて、ここに遊びに来ている感じ。

21 カワセミ (1 - 1)-2

いきなり一羽がカットインしてくるのでビックリ。
さすがにピントを合わせきれないや。
多分、両方ともオスでは無いかな?

21 カワセミ (1 - 1)-4

もともと、奥の個体を狙っていたんだけど。
ツーショットで撮るにはもう少し絞らなきゃだな。
咄嗟にその辺りを操作できるだけのスキルが今の自分には無いなぁ・・・
まだまだだなぁ。


[作品写真データ]
モデル: カワセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

まぼろしをとったとったとしがつばか
別に幻というわけでも無いのだけど。
カワセミの飛び出しというか、水飛沫というか。
カワセミを撮っている人は一度はハマると言われている構図。

170330カワセミ (1 - 1)-2

多くの野鳥カメラマンが同じような絵柄を撮っている。
自分は一生撮れないかもなぁ・・・と、思っていたけど。
何となくそれなりの絵にはなってきたような(笑)

170330カワセミ (1 - 1)-3

辛抱強くカワセミの動きを観察していれば。
どのタイミングでだいたいどこら辺りに、どう飛ぶ。
という予測が付く。
で、前後に動かれてしまうポジションだと大変だけど。
これが、左右に動くポジションを確保出来れば、まあまあ狙える。

170330カワセミ (1 - 1)-4


まあそれにしても、カワセミという鳥はなんとも魅力的なんでしょ。
あの色と、あの飛び込んで魚を捕る習性。
こんなに面白い被写体はそうそう無いだろうなと思われる。

170330カワセミ (1 - 1)-5

 後は、発色が良くなるような光の方向とかをどう捉えるか。
背景をどう揃えるか。
出来れば水面の色にもこだわりたい。
そうなってくると、ベストの写真ってなかなか撮れるものでも無いなぁ。

170330カワセミ (1 - 1)-6

この時は、なんだかんだで都合1500カットくらい撮っているんだけど(笑)
なかなかねぇ・・・
これだ!って自信作は無いなぁ。
どんどん自分に対するハードルが上がっているのだろうけど。

170330カワセミ (1 - 1)-7

結局最後はどれだけ、ピントを合わせられるか。
そこだろうなぁ・・・
今はほとんどピンが来ていないような写真ばかりだからなぁ・・
小さい画面で見てれば平気だけど(笑)

170330カワセミ (1 - 1)-8

今更、止まりモノのカワセミを狙ってもなぁ・・・
と、思いつつも近くに来ればしっかりとレンズを向けてしまう。
多くの人を魅了するんだよね、この鳥は。
これからも撮り続けるに違いない。


[作品写真データ]
モデル: カワセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

このページのトップヘ