こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > コゲラ

すきなものこつこつさがすふゆあさし
コゲラは秋の季語。
コゲラがそばにいると、その音で何となく気がつく事が出来る。
声もそうだけど、木を叩く音。
アカゲラやアオゲラとは違ってちょいと控えめ(笑)

コゲラ (1 - 1)-2
 
熱中しているから写真にも収め易いし。
頭の毛とかサラッサラな感じだけど。
当然ながら触った事は無い。

コゲラ (1 - 1)-3

これ ↑ 絶対にこちらに気付いているよな(笑)
目が合ってる感じ満載だし。
なんて可愛いヤツでしょ。
これで赤いリボンだったらテンション上がるんだけどな~

コゲラ (1 - 1)-4

枝の中に虫がいるのかな?
それとも、枝そのものや、木の皮を食べるのかな?
写真に撮るだけで実は鳥の生態とかは全く知らないんだけどね。
ちょっとは勉強した方が良いのかしら?


[作品写真データ]
モデル:コゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/800
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し  
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   


 

なつぞらにひかるおとこのしるしかな
コゲラは俳句の世界では「啄木鳥」の傍題で秋の季語とされている。
とは言え、留鳥で年中観察する事が出来る鳥の一種。
啄木鳥の中では一番目にする機会が多いのがコゲラかもしれない。

で、この句の「男のしるし」なんだけど。
バーダーなら分かる話(笑)
この作品に写っているコゲラの後頭部辺りを良く見て欲しいのだけど。
赤いリボンが見えるだろうか?
糸くずのようにも写るけど、これがコゲラのオスを示す証拠なのである。

コゲラ (1 - 1)

たまたま、同じ日のもう少し早いタイミングで赤いリボンらしきコゲラの写真を撮れた。
これはラッキーだと喜んでいたんだけど。
こちらの写真では赤い色がイマイチ鮮明では無いんだよね。
コゲラに赤いリボンがある事を知ってから一年以上経つのだけど見つける時には重なるようで。

コゲラ・赤リボン (1 - 1)-2

むしろトリミングする前の写真の方が分かりやすいかも?
これは目で見たときにすぐに分かって。
久しぶりに興奮しながらシャッターを押したモノ。
コゲラは小さいし動きが活発なのですぐにいなくなる。

ホントはもっと近くの木にいる時に発見したのですよ。
ピントを合わせている間に奥の木に飛んで行ってしまったのでした。
焦る焦る(笑)


[作品自解]
俳句というより、写真のタイトル?
写真が無かったらほぼ意味不明の十七音(笑)

[作品写真データ]
モデル:コゲラ+赤いリボン
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
EXテレコン+トリミング
Lightroom CC2015 for Mac



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はなのひるあかきりぼんをさがしけり
桜が満開ですね~ 寒くなったり暑くなったり忙しい日が続きます。
サルも
悪く無いんだけどね。
やっぱり鳥で作品を創った方が上品かな(笑)

昭和公園 (1 - 1)-3

 どうだ~ってくらいに咲いている桜。
お見事です。としか言いようが無い感じ。
しかし、この公園に花見客は誰もいなかった。
時々散歩で通り過ぎる人はいるけどね。

昭和公園 (1 - 1)-2
 
桜って、多くの人が写真に撮るから。
それらとの比較になってくるんだろうな。
なので飛行機でもフレームに収まると嬉しかったりして(笑)
まぁ、今この瞬間自分がここにいて、この桜を見ました。
という証拠なんだけどね。

昭和公園 (1 - 1)-4

このピンクの花もなんとも言えず美しいわけで。
自分の好みとしては、極彩色なものより淡い色かな。
ふんわり上品なのが好き。
ピンクの花の写真だけNOCTICRONで撮しているんだけど。
この絵柄と色合いがなんとも言えず自分好みだったりする。


[作品自解]
鳥撮りをしている人には、メチャメチャ納得感のある俳句だけど。
そうで無い人にはイマイチかも(笑)
写っているのは「コゲラ」という啄木鳥の一種なんだけど。
この鳥のオスに限って条件が良いときはこめかみ辺りに真紅のリボンが見えるんですよ。
自分は今まで何枚もコゲラの写真を撮ってきたけど。
残念ながら1枚もそのリボンが写ってないのです。
コゲラ自体はどこにでもいる、ある意味平凡な鳥なんだけど、やっぱり見つけると真剣にリボンを探してしまうという一句。
コゲラの事を知らない人がこの句をどう解釈するかも面白い。

[作品写真データ]
モデル:コゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:7.1
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac
*今日から、インテリジェンスISOを使うために絞り優先にしてみた。



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かざかみのおとやわらかくふゆあさし

コゲラは啄木鳥の一種で秋の季語
留鳥なので一年中見る事が出来る。
後頭部に赤いリボンがあるのがオスらしいけど一度も撮影に成功したことは無い。
図鑑によると体長は15㎝でスズメより少し多きいと書かれている。

赤いリボンを撮したいな。
念じていればいつか必ず実現するに違いない。

コゲラのドラム音って小気味よいかな。
多分、一番耳にするのが容易なものかと思われる。
季節によって微妙に音が違うというか、自分の気分にもよるのだろうけどね。



何度も書いているけど。
秋の季語が写真のど真ん中に存在していて、そこに冬の季語の俳句を付ける。
これはどうなんだろう?
「フォト×俳句」を考える時にこの辺りって色々語られる場所でもありそう。


 

コゲラ (1 - 1)

コゲラ 「啄木鳥(キツツキ)」秋の季語の傍題に「アオゲラ」「アカゲラ」「ケラ」とある。
この「ケラ」ってのが「コゲラ」の事だと思われる。

コゲラは山にも川にも見る事が出来る鳥だ。
木を叩く音が聞こえればだいたいコゲラがいる。


 
器用に突っついて中の虫など食べているのだろう。
それほど警戒心が強いってわけでも無さそうで、案外近づくことが出来る。


 
コゲラのオスは後頭部に赤いリボンが見えるらしい。
ただ、なかなかこの赤いリボンを確認する事は難しい。
写真の撮り方なども関係するようで。
その事を聞いてから注意して見ているのだけどハッキリとわかる赤いリボンにはまだ出会っていない。




コゲラに限らずだけど、鳥って重力に逆らうような格好を平気でする。
こんな感じ ↓



頭に血が上るとかって無いのかな?
などと思うのだが、大きなお世話だろう(笑)




案外、見やすい鳥の一つなので、今度はしっかりと背景などを気にして。
よりクオリティの高い写真を撮ってみたいなとも思う。
初見の鳥はどうしても証拠写真をと焦るので。
まぁとにかく日の丸構図で姿だけをってシャッターを押すけど。
そろそろ、普通に出会える鳥たちは一巡してきた感じなので次の段階に移ろうかな。

 

このページのトップヘ