こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > カワウ

さんぷんかんひろげたりょうてふゆぬくし
三分間だったかどうか、測ったわけでは無いから判らないけど。
かなり長い間、このポーズでいたような・・・
時々休んではまた羽を広げていたけど。
なんのためのポーズなんでしょ?

11 カワウ (1 - 1)

カワウは撮り方によって、なんか妙に気持ち悪く写ることもあるけど。
カワウのグリーンの目が実は魅力的だったりもする。
あんまり群れないで単独でいた方が好かれるかもね(笑)

11 カワウ (1 - 1)-3

背景をキラキラにして装飾(笑)
これくらいのサイズでこれくらいゆったりとしていてくれれば撮影は楽ちん。
カワウを専門に撮ろうとも思わないけど。
まぁ、撮るものが無いときには都合の良い被写体かもしれない。



[作品写真データ]
モデル: カワウ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はつゆめやせいだくあわせのむちから
見るとも無しにカワウを見ていた。
水面に潜ったところまでは分かったのだけど、なかなか上昇してこない。
そばでカモやオオバンが潜るけど、すぐに水面に戻ってくる。
あら~カワウはどこに行っちゃったんだ?
と池を見回したら。

カワウ (1 - 1)

 スゲーっ・・・・ってか、カワウの緑の目がこの絵柄だと怖い。
こんな魚がこの池にいた事がビックリだけど。
良くまぁ捕まえたものだ。

カワウ (1 - 1)-2
 
いったいどうするのだろう?
と、眺めていたら。
やっぱり丸呑みするらしい。
これぞ『鵜呑み』だな(笑) 

カワウ (1 - 1)-3
 
魚がしなってますけど(笑)
なんともダイナミックなこの絵柄。
向こうにいるヒドリガモが驚いて見てるし。
『こいつ何してんだ?』ってな目だな。

カワウ (1 - 1)-5
 
ここまでくれば、もう安心という感じのカワウの顔付きと。
それを、恐ろしいモノでも見るような目で眺めているカモ(笑)
なんと素晴らしい写真でしょ。

カワウ (1 - 1)-6
 
『へへへへ・・・・どんなもんだい!』と、カワウ。
『バカじゃねえのこいつ』と、カモ。

それにしても、カワウの喉はどうなってんだろ?
魚の形が見えると言えば見えるような・・・

でもなぁ・・・・
鵜飼いの鵜って、この状態で魚を戻されてしまうんだよな?
人間の考える事ってどこまでスゴいんだろ。
自然界の生き物をそういう事に使って果たして大丈夫なのか?

う~む。
清濁併せ呑む事は大人のたしなみだしな。
という一句。


[作品写真データ]
モデル: カワウ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     

とりあえずならぶぎょうれつふゆぬくし
カワウは夏の季語らしい。
これも何でだろう?って感じだな。
そもそも一年中見られるからなぁ・・・・

しかもイマイチ可愛く無いし(笑)
ただ、こうして行列の写真にすると、何となくムーミン谷っぽいような。
後ろから3番目のやつはヘムレンさんかと思ったよ。
ほんとにカワウかな?
ひょっとして新種か?
拡大してみよう。

カワウ (1 - 1)-3

あまりにも怪しすぎる・・・・(笑)
変装して行列に並んでるのか?
それともこの髪型は最新のトレンドなのか?

カワウ (1 - 1)

こっちは ↑ ごく普通のカワウのよくするポーズだけど。
なんか同じカワウにも色々と個体差があるって事なのかな?



[作品写真データ]
モデル:カワウ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   




 

カワウ (1 - 1)

カワウ 夏の季語「鵜」の傍題で「河鵜」「海鵜」 がある。
夏の季語か〜 なんでだろ?

カワウってそれほど綺麗な鳥というイメージは無い。
どこにでもいるし、全然珍しいとも思わない。
が・・・この光景にはビックリした。



カワウの集合住宅というかマンションというか。
そう言えば、アオサギもこんな感じで集団で暮らしていたことを思い出した。
それにしても圧巻。
もう少しズームするとこんな感じ。



なんとも気味悪いような風景がそこにある。
さらにズームしてみるとこんな景色さえ。


 
どんだけだよ(^_^;)
と、思わず突っ込みたくなる。
そして彼らは黙々と営巣に励んでいるのであった。


 
たいしたもんだよねぇ。
あんなの咥えたまま飛ぶってさ。
よくバランスを崩さないものだと感心してしまった。

 

このページのトップヘ