こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > アオゲラ

さるざけのうわさとどきしやまのいえ
『お~い!なんか美味い酒が入ったみたいだから、行ってみないか~』
ってな感じで誘いにきたアオゲラとそれを家の中で迎えているアオゲラの友達(笑)
他の鳥でも良いのだけど。
アオゲラだと、酒で真っ青になったり真っ赤になったり・・・的な(笑)

03 アオゲラ (1 - 1)-2

これも去年の今頃の写真なんだけど。
最近アオゲラをあまり見かけないような・・・
あのけたたましい声って酔っ払いの大声にも聞こえる?(笑)


[作品写真データ]
モデル: アオゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ: LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

きさらぎのだれにもわかるめのちから
久しぶりにアオゲラに会った。
この写し方だと、なっか白い鳥に見えなくも無い(笑)
背景の青と良い感じにコラボしている。
何よりこの目が格好いいじゃん。

170309アオゲラ (1 - 1)
 
これは ↑ メスなのかな?
この写し方だと顔の前面が見えないので解らないな。
図鑑によれば、後頭部と頬のあたりのみが赤いのがメスらしい。
オスは額のあたりまで赤が来ていた筈。

170309アオゲラ (1 - 1)-3

これなんかだと、アオゲラかどうかさえ不明だったりして(笑)
この場所は恒常的にアオゲラが見られる場所だから間違いはないんだけどね。
やっぱり同じ場所に何年も通う事によって鳥の識別能力も上がってくるような気がする。
経験値の積み上げしか無いようだ。


[作品写真データ]
モデル: アオゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします   

あさざむやにしのはやしのけたたまし
俳句の季語って凄い物だと時々感心する。
今朝なんかいきなりフリースを着て過ごしたもんね(笑)
で、そういう状態を指す季語が「朝寒」という事で良いと思う。

寒さの状態で。
「秋寒」「肌寒」「朝寒」 と、使い分けるようである。
さらに「身に入む」とか「冷まじ」なども用意されている。

言葉のバリエーションが多いと言う事は、つまりそれだけ繊細であるという事で。
それだけ、階調豊かな人生を歩む可能性がある。
言語が入り口ではあるけど、ここらを頼りに自分の生活を見直すのも良いと思う。


アオゲラ (1 - 1)-2

繊細になって行くと、こういう ↑ 写真を見て、手前の枝にピンを持って行かれたなとなる。
気にしない人は気にしないだろうけど(笑)
仕方が無いのでそういう場合は
『枝に隠れている状態を表現したかった』と、開き直る(笑)

アオゲラは啄木鳥の仲間で、身体は結構大きい部類かな。
カラスよりちょっとだけ小さいって感じかな。
で、かなりの大音量で鳴きながら森や林の中を移動します。


 [作品写真データ]
モデル:アオゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/400
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  


 

ほねぶとのきつつきのわざきまりけり
「啄木鳥」は秋の季語。
で、啄木鳥という鳥はいないんだけど。
俳句の世界では細かな鳥名は表現する必要がないらしい。

一応、この写真は「アオゲラ」という名の啄木鳥。
けたたましい鳴き声が特徴。
そして多分、骨太(笑) 

アオゲラ (1 - 1)

かなり力が強く無ければ木に穴を開けるなんて無理だよね~
静かな森の中に入って行くとかなり大きな音が聞こえてきたりする。
このアオゲラは突くというより、ほじくり返していたような(笑)

アオゲラ (1 - 1)

首もとっても丈夫そうで羨ましい。
グリグリと動いていたぞ。
彼の技に違いない。
鳥だって補食するための、それぞれの技があるに違いない。
一子相伝的な(笑)



[作品写真データ]
モデル:アオゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

 

ねこはちのせいたいもしゃやなつのやま
久しぶりにアオゲラを見たかも。
アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラは頻繁に目にしていたけど。
アオゲラって最近どこに行ってたのやら(笑)
そして、このアオゲラは俳句の世界では秋の季語になっている。

アオゲラ (1 - 1)-2

本当はサンコウチョウを探してたんだよね~
いそうな場所だったなぁ。
ってか、メスはいたかもだけど。
すぐに飛んで行ってしまった。

サンコウチョウの鳴き声ってどんなだっけ?
みたいな話しになり。
「月日星ホイホイホイ~」

 


なんか、最後の「ホイホイホイ~」ってあちこちでしていたような違うような(笑)
どうも、鳥の声を記憶するのが苦手でなかなか覚えられない。
これだけ特徴のあるサンコウチョウだって現地についた途端に分からなくなったりして。


そんな中で、黙ってたけど。
シジュウカラの声帯模写は凄かった(笑)

という一句。


 [作品写真データ]
モデル:アオゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/40
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac

 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 
 

このページのトップヘ