こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ゴジュウカラ

しんりょうやためされているじゅうなんせい
俳句ってどうやって作るんだろう?
などと頭を抱える今日この頃(笑)
季語をいれて十七音を並べれば良いだけ・・・とはいえ。
とはいえ・・
とはいえ・・・・だな。

05 ゴジュウカラ (1 - 1)-3

ゴジュウカラが柔軟性があるのかどうか判らないけど。
平衡感覚は抜群に違いない。
天も地も関係なしで動いてるからなぁ。

05 ゴジュウカラ (1 - 1)-4

それにつけても「ゴジュウカラ」って名前がなかなか良いぞ(笑)
まだまだ人生はこれからだ・・・ゴジュウカラ・・的な。




[作品写真データ]
モデル: ゴジュウカラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あきすむやぴんばっじまたひとつふえ
この写真綺麗だなぁ・・・と、相変わらず自画自賛(笑)
これで、目に光が入ってたら言う事無いんだけどなぁ・・・
野鳥の写真ってほんの一瞬だったりするからねぇ。
ずっとそこに停まっていてくれたら良いけど。
すぐに飛んで行ってしまう。

ゴジュウカラ (1 - 1)-4

さっきまで、この上に乗っかってたのになぁ・・・的な(笑)
背景の玉ボケもある程度計算して入れるけど。
野鳥の場合はほとんど偶然の産物だな。

ゴジュウカラ (1 - 1)-2

枝と枝の間の隙間から目で確認して。
それからレンズ向けてピント合わせて・・・・
人間と違うからポーズなんてとってくれないし(笑)

ゴジュウカラ (1 - 1)-3

なんとか目に光をと願いながら連写する。
この繰り返しだなぁ・・・
100カット撮って一枚気に入ったのがあれば上出来かな。


[作品写真データ]
モデル:ゴジュウカラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/500
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

 

ゆれうごくおちばのなかにあきのあめ
「落葉」って秋の季語だとばかり思っていたけど。
歳時記には載ってないなぁ・・・
そりゃ秋の季語には載ってないですよね。
「落葉」は冬の季語でした(笑)
季重なりの句を久しぶりに作ったってことで。

「落穂」は秋の季語なんだけどね。

それにしても天気の悪い日が続くな。
これじゃぁ鳥見にも行けない。

ゴジュウカラ (1 - 1)-2

ゴジュウカラも普通に見られる鳥なんだけど。
そう思えるのは恵まれた環境にいる証拠らしい。
ある程度標高が高いところにしか生息しないらしいのである。

ゴジュウカラ (1 - 1)-3


何てったって、名前が良いよね。
ゴジュウカラ→五十から みたいな(笑)
まだまだこれからだって感じ。

最近はどこに行っても最年長みたいなところがあるので。
どうしても年齢を意識してしまうの自分が哀しい。


  [作品写真データ]
モデル:ゴジュウカラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

いまきみにできるすべてをしがつじん
高校生のラブレターのような俳句と言われそう。
そう言えば、「僕」とか「君」は短歌では良くても俳句ではNGとか誰かが言ってたような。
まぁ、「フォト×俳句」だからこれもOKかな。
というか、難しい俳句表現より、この位の方が普通の人の伝わり易いような。

ゴジュウカラ (1 - 1)
 
ゴジュウカラは留鳥なので、それこそいつでも見る事が出来るし、随分と写真も撮ってきた。
正直、最近は食傷気味であまりレンズを向ける事が無かったんだけど。
あっ!と、思ってシャッターを押したらこんなのが撮れた。
これは久々の大ヒットのような。
しかも、設定が4Kフォトだったので秒間30コマの動画で残った。
Panasonicの回し者みたいだけど、これのお陰で撮れた絵であることは間違い無い。

ゴジュウカラ (1 - 1)-2

ホバリングから着地。
愛しの君へ愛のプレゼント。
受け取っておくれ~

ゴジュウカラ (1 - 1)-3

はい、あ~んして。
これが僕の君への気持ち。
しっかりと受け止めておくれ。


 ゴジュウカラ (1 - 1)-4

ちゅっ(*^-^*)
君との愛を永遠に誓うよ。

ゴジュウカラ (1 - 1)-5
 
君といつまでも~


さてさて、この写真の元になってるのが次の動画。
4Kフォトなので動画にすると一瞬だったりするんだけど。
一応参考のためにアップしておきましょう。



PanasonicのGX8は4Kも3パターンの選択肢があって、これは通常のスチール撮影の連写機能に極めて近い感覚で撮すもの。
連写したものは、後で1枚ずつ削除するのが大変なので、今日は4Kフォトを多用してみたというわけ。
PCやスマホで見る程度であれば全然ありだと思う。



[作品写真データ]
モデル:ゴジュウカラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/1000
F値:6.3
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac

*4Kフォトの場合、シャッター速度1/1000というのがどういう意味を持つのか分からないけど、Exifに残っていたデータをそのまま記しておきましょう。





 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

はるのひにせすじのばしてしゃんとして
長男君が結婚する運びとなり、彼女の両親との顔合わせという事になった。
当事者と言えば当事者なのだけど。
何とも不思議な距離感の行事。
ともあれ、シャンとしてなきゃなと(笑)

ゴジュウカラ (1 - 1)-3
 
ゴジュウカラは俳句の世界では夏の季語。
上の写真でも分かる通り引力をあまり感じないで生きているような気がする。
あまり低い場所では見る事の出来ない鳥なので、まぁ典型的な山の鳥って事だろうな。
自由に生きている感じと、何となく上品な色合いが好き。

ゴジュウカラ (1 - 1)-2
 
人生まだまだこれからだぜ!
そうだ五十からだ・・・・的な(笑)

なんてったて、「五十にして天命を知る」だからな。


[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ