こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > イスカ

かみあわせとかかんがえるしわすかな
駄句だなぁ・・・・グダグダの駄句だな。
なんというか、花鳥諷詠とはほど遠い。
俳句は難しいなぁ。
折角の良い写真なんだけどねぇ・・・

11 イスカ (1 - 1)-4

白樺背景に撮ろうか・・・
それとも、白樺を背景から消そうか・・・
そんな事をじっくり考える余裕は無い。
これがポートレートだったらもう少し違うんだろうけど(笑)

11 イスカ (1 - 1)-5

この場所にこんな格好で立って、目線はこちらに・・・
なんて指示の出来るポートレートとは随分わけが違うよね。
枝かぶりは枝被りだったりするし(笑)
う~む・・・
だから俳句も写真も続けられるんだろうけどね。


[作品写真データ]
モデル:イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.0
露出補正:+7/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

かみあわぬままのかんけいふゆふかし
「交喙の嘴(いすかのはし)」という諺がある。
ものごとが食い違って思うようにならないことのたとえ。
日常会話では多分出てくる事は無いだろうなぁ・・
そもそも、この諺を知っている人がどれほどいるのやら(笑)

11 イスカ (1 - 1)

イスカのクチバシってこの写真 ↑ を見ると解るように。
噛み合って無い。
非常に珍しい形状なんだけど。
松ぼっくりが食べやすいような形状だと聞いたけど。
結局食べるために、身体がどんどん進化し続けるわけで。

11 イスカ (1 - 1)-2

本人達にとって、このクチバシは邪魔にはならないのだろうか?
なんか、引っかかりやすいようにも思えるし。
楊枝でシーハーはしなだろうし(笑)

噛み合わないのは人間関係でもあるよねぇ・・・
生理的に合わないのか、論理的に合わないのか・・
とにかくどこまで行っても噛み合わないままの会話とか・・・
疲れるは~
という一句。


[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:ゼロ
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

としのせのあんぜんかくほみまもりたい
イスカの群れが移動するときに、必ずと言って良いほど先発隊が2羽くらいで飛ぶ。
で、多分なんだけど安全確保出来たときに仲間を呼んでいるような。
その後で松の頂上あたりでずっと見張り役をしているのもいる。
・・・・ただ・・・・何となくその役割はオスでは無くてメスのような。


29 イスカ (1 - 1)-2

イスカの写真の数多くなってくると、止まりものではなく、飛びモノが欲しくくなる。
出来れば、下方に落ちるようなものでなく上方に浮き上がるような。
そういう意味では、これ ↑ なんか最高のカットなんだけど。
と~っても惜しい事に背景の空が曇天。
これが冬青空だったら言う事無いんだけど。


29 イスカ (1 - 1)-3

もう一つは、遠いというか高いのでサイズが出ない。
そして、これを狙い続けていると首が痛くなってくるという現実。
まぁあまり贅沢は言ってられないけどね。
1000㎜超のレンズが欲しいなぁ・・・出来れば手持ち出来るもの。
いつもいつでも無い物ねだりだ。


29 イスカ (1 - 1)-4

雰囲気は十分に出てはいるんだけど。
画質がなぁ・・・
彼方立てれば此方が立たぬが写真の世界だな。
そして、隣の芝生は青い・・・常に青い(笑)
カメラを換えれば良くなるって話でも無いだろうけど。



[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:+1 7/10
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

久しぶりにテレコンを使ってみた。
曇天の割にはまぁまぁのような気もするのだが・・・どうだろう?


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たいやきのさいずきにするでしのこえ
この背景のイスカは撮影超困難を極めた。
枝が多いし高いので首は痛くなってくるし。
とりあえず、近くにある木によりかかっての撮影。
手持ちだから、何でも使えるものは使うというスタンス。

20 イスカ (1 - 1)-4

これ ↑ なんか、イスカにピントが合っているのかいないのか?
非常に難しいショット。
メインで使っているE-M1Ⅱになくて、GX8にある機能の一つがピンポイントフォーカス。
E-M1Ⅱのファームアップで是非搭載して欲しい機能だな。
枝と枝の間を抜いてフォーカスを合わせる。

20 イスカ (1 - 1)-5

イスカもオスとメスでは色合いが全然違う。
左上にいる赤い方がオスで右下で飛んでいるのがメス。
ついついオスを撮りたがるけど、メスはメスでなかなか綺麗な色かとも思う。


鯛焼きを持ってきてくれるような撮影助手がいたら良いなぁ・・・
という、一句(笑)


[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ: Panasonic DMC-GX8
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.5
露出補正:+1
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



めのまえのさむさひとつぶつまみぐい
イスカを見るのは久しぶり。
去年は何度も足を運んだけど一度も見る事が出来なかった。
前回見た時は、それがイスカだと知らずに観ていて。
しかも一人でかなり近い距離から撮影していたっけ。

20 イスカ (1 - 1)-2

実は本日11月20日は、自分にとっての記念日と決めている。
3年前の11月20日にカワセミをはじめて撮影して、以来バーダーの道へ(笑)
あっという間に3年経った。
振り返って思うに、最初の一年間が一番順調に鳥に会っていたような(笑)
イスカもそうだったように。

20 イスカ (1 - 1)-3

思えば、カメラも毎年換えていたんだけど。
FZ1000→GX8→E-M1Ⅱ
とりあえず、今の所はカメラを買い換える予定も無く。
この先にどんな展開が待っているのやら・・・

定期点検に出していたE-M1Ⅱが戻ってきたという知らせ。
意外と早く戻ってきてくれてホッとした。
本日は久しぶりにGX8で撮影。




[作品写真データ]
モデル: イスカ
カメラ: Panasonic DMC-GX8
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.5
露出補正:1 33/50
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ