こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > コガラ

このころのこのみのこのみこのみにも
一応、何となく日本語として意味は通るかな・・・・と(笑)
こういう言葉遊びって絶対、過去に誰かが既にやってるだろうなぁ。
どうなんでしょ?

コガラは夏の季語ってのがチョット残念なのと。
そもそもコガラが木の実を食べるのかなぁ?ってのが引っかかる。
コンテストとか狙う時は色々調べるけど。
まぁ、ここに載せるのはワンライティングで(笑)

コガラ (1 - 2)
 
コガラとヒガラと、相変わらず判別をし難いんだけど。
コガラがベレー帽でヒガラが蝶ネクタイだったかな?
自分の中で好きな方がコガラと覚えちゃっても良いんだけどね(笑)

コガラ (2 - 2)

小鳥の撮影はほんと一瞬なんだよねぇ。
構図を考えるのは撮った後でトリミングする時かな。
まぁそういうやり方もありかなぁ。


[作品写真データ]
モデル:コガラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/80
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

だいへんなたいふうたいとうたいきせよ
それとコガラはどんな関係があるの?
と、訊ねられたら・・・ゴメンナサイとしか言えない(笑)
まぁ、大きな台風が沖縄の方に来ていてこれから日本列島を縦断しそうだというタイミング。
そのタイミングでコガラの写真を撮ったから。

コガラ (1 - 1)-3
 
これもこうして見ると美しい絵だな~
と、自画自賛。
だいたい、どの辺りを歩けばどんな鳥がいて、光はどちらからかということまで判っている。
そんな場所だから撮せる。
コガラの目にキャッチアイは結構難しいんだけどね。
うまく行ってるじゃん。

コガラ (1 - 1)-4
 
大事なのは、やっぱり自分が風景の一部に溶け込むまでの時間を待つこと。
いきなりシャッターを押すのは乱暴だな。
とにかくその場にいて、ゆっくりと呼吸を整えて景色に同化して行く。
そうすると、なんか判んないけど鳥の動きも変わってきて。
何というか受け入れてくれる。
気がついたら妙に近くにその姿があったりして。

コガラ (1 - 1)
 
トリミング無しでこれ ↑ ですよ。
なんて近いんでしょ。
その距離2メートルかな?
自分が受け入れられたと感じる瞬間と距離。

これって・・・アレですよね・・・
同じだなぁ・・・




  [作品写真データ]
モデル:コガラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

めのまえにちさきごがつのべれえぼう
コガラが突然目の前の枝に停まった。
ちなみにコガラ(小雀)も俳句では夏の季語になっている。
似た鳥にシジュウカラとヒガラがいる。
シジュウカラはネクタイ。
ヒガラは蝶ネクタイ。
そしてコガラはベレー帽と憶えるのが良いらしい。

コガラ (1 - 1)-2
 
たしかにベレー帽と言われればその通りかなと。
コガラも良く目にする鳥ではあるのだけど。
小鳥の特性としてかチョコマカと動き回るので撮影は意外と難しい。

コガラ (1 - 1)-3
 
小さな被写体を狙う練習にはもってこいかなとも思う。
超望遠レンズでのピント合わせもやっぱりかなりトレーニングが必要。
コガラにしたった、簡単に撮れているわけでは無くて。
何十枚も押した中の一枚だったりしている(笑)

今の課題は遠くにいる小さな被写体をできる限り瞬時にフレームに納めてピントを合わせること。
これ一点に尽きる。
これがなかなか・・・


[作品自解]
まんまです。

[作品写真データ]
モデル:コガラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
ノートリ
Lightroom CC2015 for Mac




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とりのすのばんちにてがみしたためる
これってどうなんだろう?
えっと正確な住所を書いちゃおう。
〒381-4101 長野県上水内郡戸隠村戸隠森林植物園23-14 

と書いて、ポストに手紙を入れたら。
ここに着くのだろうか?
住所は判ったけど。
宛名は誰にしよう?
この辺りだと、ベレー帽のコガラか? (笑)

コガラ (1 - 1)

『ウンウン』とうなずくコガラ ↑ 可愛い(笑)

小鳥に手紙書いて文通とか出来たら面白い。
ほとんど童話の世界の話だな。
でもありだよな~


[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac



  にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

8-16 コガラ (1 - 1)

タイトルを「コガラ」としたのだけど。
この子がコガラであるという自信はイマイチない(笑)

コガラ?ヒガラ?シジュウカラの子供?
可能性としては三択なのだが。

8-16 コガラ (1 - 1)-5
 
図鑑の説明だと。
コガラは胸に蝶ネクタイ
ヒガラは胸によだれかけ
で、シジュウカラは胸にネクタイなんだけどヒナだとモフモフしてるかも?

8-16 コガラ (1 - 1)-4
 
まぁいずれにても、この子達は実はとっても小さい鳥なのである。
図鑑によれば。
コガラ 13㎝
ヒガラ 11㎝
と、なっている。

そして動きがやたら速い。
鳥は小さくなればなるほど、チョコマカと動く傾向がある。


8-16 コガラ (1 - 1)-3
 
補食され易いから動き回っている必要があるんだろうな。
この時はやけに近くまで出て来てくれたので綺麗に写せている。
曇り空でどんよりとしていて光があまり無かったのでこれは善戦しているのである(笑)

8-16 コガラ (1 - 1)-2
 
ガラ類はいるときはまとまってやってくる。
賑やかでよろしい。
いない時は全く姿をみせず、いったいどこにいるのやら。
だいたい草の影に隠れている。
というか、地面に近いところにいるのだ。

鳥が枝の上にいると思ったら大間違いで寧ろ地面に近い草むらに暮らす方が多いのでは無いかと思う今日この頃である。

 

このページのトップヘ