こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > カケス

ことさらなあおのあおさやはくしょこう
主役はカケスとしました。
ハヤブサに補食されている青い生き物。
自然界の営みとはいえ惨い(むごい)といえば惨い。


03 カケス (1 - 1)


カケスは用心深くてなかなか撮影するのも難しかったりするのだけど。
この日は何故か、撮ってくれと言わんばかりに目の前を行ったり来たり(笑)
こんなに抜けの良い場所で撮せたのは初めてかも。


03 カケス (1 - 1)-2

カケスのブルーは何ともいえず美しい。
この鳥は鳴かなければ人気がもっと出るかも?
鳴き声は基本ダミ声で、あとはモノマネが多かったりする。
猛禽類のモノマネで鳴いていた時はビックリだったな。


03 カケス (1 - 1)-3

顔付きは基本険しいし、ちょっと強面(こわもて)
なんだけど、ハヤブサにしょっちゅう食べられてしまっているのも事実。
ハヤブサに連れてこられる時のブルーがなんとも複雑な思いを想起させる。


03 カケス (1 - 1)-4

何度も書くけど、この ↑ ブルー魅力的でしょ。
食べたら美味いのかな?
考えてみれば人間だって鳥を食すもんね(笑)

神様はこの青にどんな意味と役割をもたせたのだろう?
カケスを見る度に考えてしまう。




[作品写真データ]
モデル: カケスVSハヤブサ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。




あざやかないろすこしだけはるふかし
カケスは俳句の世界では秋の季語。
留鳥なので一年中いるといえばいる。
特徴は飛ぶ時にほとんど音をたてずに飛ぶこと。
若干コワモテであること(笑)

29 カケス (1 - 1)-3

林の中にある隙間から隠し撮り。
ちょうと目線なんだけど。
ちょっと遠い。
むこうは気が付いていない模様。
気が付けばあっという間に消えてしまう。

29 カケス (1 - 1)-2


これは倒木の上を移動しているところ。
なかなか面白い絵かと思うのだが。
なんせ、見つけたら即レンズを向けてフォーカスを合わせないと。
この時にAFが遅いと苛つく。
時々AFに迷いがあるときがあり、撮り逃すこともしばしば。

29 カケス (1 - 1)-4

カケスのバックショット。
この角度から見ても頭部のおにぎり頭というか。
ごま塩頭は特徴的だな。




[作品写真データ]
モデル: カケス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:320
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  


へいこうにかけすのけはいのびにけり
そうか、カケスって秋の季語だったのか・・・
それにしても、鳥の季語をちゃんと覚えるのは至難の業だな。
カケスなんて留鳥だから一年中見られるし。
なんで、これが秋の季語なんだろ?

カケス (1 - 1)-2
 
カケスが秋で無ければ行けないような十七音を作れれば。
多分それは佳句という事になるんだろうな。
季節を言語でどれだけ捉える事が出来るかが俳句のキモだろうな。

自分の中ではカケスと「気配」という言葉はセットだな。
実際にカケスを見る機会があれば、言ってる事の意味が判ると思う。
鳴き声はカラスをイメージすると良いかと。
だみ声のカラスって感じか(笑)

なのに、飛ぶ時はほとんど無音なんだよね。
これがカケスの最大の特徴だと思うけど。
それと秋がどこでどう結びつくのやら?


 [作品写真データ]
モデル:カケス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/200
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

しずけさやしんししゅくじょのなつぼうし
カケスは俳句の世界では秋の季語。
この顔付きはなんともユニークというか(笑)
しかも、カラスが酒焼けしたような声で鳴くからね。
上の作品はトリミングしているけど、トリミング前の絵の方が何気に迫力あるかも。

カケス (1 - 1)-4


前方の木があって、その奥に待ち伏せされているような。
本人に全く悪気は無いだろうけど、やっぱりコワモテ。

カケス (1 - 1)-2
 
図鑑で調べたところによると。
カケスはオスメス同色らしい。
つまり写真のカケスは雄なのか雌なのか判らないってところで。
この前、知人と話してたんだけど、これでメスだったら気の毒だよなぁ・・・って(笑)

カケス (1 - 1)-3

ブルーと黒のラインは見ていて、とても美しいんだけどね。
その頭部の模様のインパクトは絶大だったりする。

それから、林とか森の中を移動する時って羽音無く忍者のように移動するんですよ。
ちょっと古いけどガッチャマン的な(笑)
上に向かって飛び出す事はほとんど無いんじゃないかな、まず下方向にグライダーのように。
それがカケスの特徴だったりする。

[作品自解]
これは面白いと思うな。
俳句だけでも成り立っていると思うのだけど。
写真がカケスで紳士淑女とは連想しがたいキャラクター。
とは言え、見た目だけで紳士淑女を判断するのは失礼だからね。
カケスの特徴を知っているバーダーが読んだら、思わず唸る一句かも(笑)

[作品写真データ]
モデル:カケス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
EXテレコン トリミングあり
Lightroom CC2015 for Mac




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

えんぎはのにらみひとつやふゆのらい
カケス  俳句では秋の季語となっている。
この鳥は綺麗な鳥なんだけど、鳴き声がねぇ・・・・
って、いつも思ってたんだけど、実は顔も怖いじゃん(笑)

カケス (1 - 1)-2

たまたまこういう目つきなの?
なんか気に入らないことあったの?
演技?

と、聞きたくなるよね。
カケスって飛ぶときは全く音を立てずに飛ぶんですよ。
ほんと忍者のよう。


[俳句自解]
この睨みを効かせた顔が全てですよね。
鳥の顔からインスピレーションで俳句を作ると結果距離感が良い感じになると自分では思っている。
この作品なんかは、どこかに出せば入選しそう?
まぁ自選のものって大概ダメなんだけどね(笑)

[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
シャッター速度:1/1000
F値:4.0
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac



 


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ