こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > クロツグミ

もくどうにちょうだのれつやくろつぐみ

とりあえず、長蛇の列が出来ているのは「オオアカゲラ」「コルリ」「クロツグミ」かな。
オオアカゲラは営巣中なので待っていればほぼ見る事が出来る。
コルリも一日の中で何度かは出没するから見られる確率は高い。
問題はクロツグミ(笑)

14 クロツグミ (1 - 1)-2

こんなのを大トリミングしてます(笑)
これでも換算600㎜なんだけどね。
遠い遠い。
ここのところテレコンを外して、この状態で撮影。
で、大きくトリミングするという方向。
倍率より明るさを選択した方が結果解像度は上がるような気がしてる。

14 クロツグミ (1 - 1)-3

これも ↑ 同じ場所の違う表情を大きくトリミングしたもの。
やっぱり鳥見はいかに鳥に近づくか。
近くで撮れば綺麗に映るもんね。
こんなに遠いのは無理があると言えば無理がある。
何はともあれ記録という事で。



[作品写真データ]
モデル: クロツグミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

なつやまやつきにいちどじゃちとたりぬ
黒鶫(クロツグミ)は俳句の世界で夏の季語。
そして、感覚的に夏鳥の代表格。
あの声を聞くと夏だなぁ・・・って。


08 クロツグミ (1 - 1)-3

GW中最後まで撮影出来ずにいたのが、このクロツグミだった。
ようやく撮影に成功。
もう少し近くで撮りたいなぁと切に願う。

08 クロツグミ (1 - 1)-4

これ ↑ じゃあねぇ(^_^;)
証拠写真にもならないよね。
とにかく野鳥撮影は瞬間的な反応が求められる。
いかに速くファインダーに納めて、いかに速くフォーカスを合わせるか。
構図は取りあえずトリミングでなんとか(笑)

08 クロツグミ (1 - 1)

これ ↑ も、あとほんの少しだけこちらを向いてくれればというショット。
まぁシーズン初撮りなので、まだまだこれからってところで。
シーズンベストがいつになるのか楽しみではある。
偶然だけど去年の5月9日もクロツグミだった(笑)


[作品写真データ]
モデル: クロツグミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

くろつぐみえだのたかさをえらびけり
クロツグミは夏の季語。
歳時記によっては、夏鳥の代表選手などという書き方をしているものもある。
特徴は黄色いクチバシにゴマシオの腹。
そして陽気な鳴き声(笑)

クロツグミ (1 - 1)-8
 
鳥の写真は基本的に日の丸構図で、とにかく大きく鮮明に撮したくなる。
それはそれで図鑑的で良いのだが。
徐々に欲が出て来て、出来れば背景が整理されていたり、差し色があったり。
初見の鳥では無いので余裕はある(笑)

クロツグミ (1 - 1)-7

枝が沢山重なっていたりすると、主人公が見えなくなってしまう。
或いは枝被りと言われる写真を量産。
この ↑ 写真なんかは手前に何本か枝があるんだけど上手く間を抜いている。
それなりに距離はあるので息を止めてカメラを構える。
自分の場合は基本的に三脚を使っていない。

クロツグミ (1 - 1)-6

去年もよく出た場所なので。
多分、あそこに行けばクロツーに会えるだろう事は判っている。
・・・・が、クマの通り道だということも経験的に知っている。
早い時間に一人で行くのははばかれるので、知り合いと連れだって現地に向かう。

クロツグミ (1 - 1)-5

ほどなく出会う事が出来たんだけど。
ちょっと遠くからクマの爪を研ぐような音が聞こえてきてビビリまくる。
二人で持っている笛をピーピー吹いたりして。
いい年したおっさん二人で怯えながら笛を吹く図を十七音にしようかとも思ったけど(笑)

何はともあれ結構良い感じに撮せたので大満足。


[作品自解]
クロツグミじゃなくたって枝の高さを選ぶだろうと言われそう。
むしろサンショウクイとかツツドリの方が、より枝の高さを選ぶだろうし(笑)
とは言っても、これも実景。
最初は木の根元から飛び立って、高い位置の枝にいたクロツグミ。
それだと空の明るさで真っ黒になり絵にならない。
どうにかしてくれよと願っていたら徐々に塩梅のよい高さの枝に停まった。
という一句。

[作品写真データ]
モデル:クロツグミ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:しぼり優先
EXテレコン+トリミング
Lightroom CC2015 for Mac

*最近の鳥の写真はカメラのEXテレコンの機能を使って換算1117㎜で撮している。
さらに、それをトリミングして大きく見せている。
どうやらブログにアップするとか、印刷も2L位までは十分イケるかなと。



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

クロツグミ (1 - 1)

今朝は散歩コースを変えてみようと違う場所に向かった。
車から降りてすぐに出て来たのがこのクロツグミ。


 
カメラの設定もままならず、取りあえずシャッター押したのがこれ ↑ 真っ暗。
シャッター速度優先で撮っている事が多いのだけど。
今朝はまだそれほど明るく無かったのでこうなった。



気がつかれて、逃げ出そうとしているところ ↑ 目が笑える(笑)
「ゲゲッ!人間だ!」って感じかな。
あっという間に逃げられてしまった。
そんなに嫌わなくて良いのにね。

で、もう少し進んで行ったら。
こんなのに遭遇。



 え?なになに?これは誰?
って焦りながらもとりあえずシャッターを押す(笑)


 
良かった〜 クマじゃない(笑)
とは言え、動物系は実は苦手だったりするんだよね。


 
左目はいったいどうしたんでしょ?
病気かな?
元気になると良いけど。

カモシカは特に珍しくも無いのだけど。
なんかやっぱり基本的にビビリなので怖いのである。

 

このページのトップヘ