こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ミソサザイ

いりぐちのみぎはしあたりあきうらら
ミソサザイは俳句の世界では冬の季語。
う~む、なんでだろ?
春の季語だったら一番納得感があるような(笑)
春先のミソサザイの鳴き声は森の中でも格別な響きをもつ。
今の時期は地鳴きしかしないから、その姿を含めてかなり地味。

ミソサザイ (1 - 1)-2
 
とは言え、こうして見るとなかなか可愛い鳥ではある。
これで何か色付きだったらさらに人気者になれるだろうに。
何色が良いのかなぁ・・・・と、考える。
でもなぁ、この姿だからこそミソサザイなんだろうな。
と、独りで納得して完結(笑)


[作品写真データ]
モデル:ミソサザイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

かんたんふひとつふやしてなつきたり
ミソサザイが冬の季語ってのも、なんだかなぁ・・・・
今の時期は緑が繁りすぎて森の中に入ってしまうと鳥の姿を発見し難い。
そんな中で、比較的その姿を見せてくれるのがミソサザイ。
しかも、開けたところに出てきてくれるし、割と近くまで行ける。
なので、先月もこのミソサザイで信毎の優秀賞をいただいた。 

今回のこの ↑ 写真なんかも足をピンっと伸ばして大声で叫んでいる。
目がクリクリっとしていて愛らしい。
これで、また歌がめちゃくちゃ上手なんだよねぇ。

ミソサザイ (1 - 1)

トリミングする前の写真はこれ ↑ なんだけど。
このトリミングをする事ってイコール構図を決めるでもあると思っているのだが。
ここらはセンスなんだろうなぁ。


ミソサザイ (1 - 1)-4

なんか、どうしても動きを出したくなるから大口を開いて叫んでいるシーンを撮ってしまう。
こちらはチョット冷静なミソサザイ。

夏になってバードウォッチングには良い季節ですね~
と、良く言われるけど。
まぁ、鳥見しない人はそう思うんだろうな。


全然関係無いけど。
PCの状態が非常に不安定で色々とタスクが滞っている。
そろそろ買い換えかなぁ・・・

 [作品写真データ]
モデル:ミソサザイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/160
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


 

ミソサザイ (1 - 1)-2


ミソサザイ 冬の季語 
★みそさざい声の花びら谷に撒く★堀口星眠

まぁ、大きな声で囀るのでビックリする。
この小さな身体からどうやってあの声を出しているんでしょ?
見事なものだ。



正面から見るとこんな感じ。
ずんぐりむっくりってとこかな。



 ちょこちょこ動いて可愛いけどね。
割と撮影しやすい場所に出て来てくれるので助かった(笑)


 
鳥の写真を撮るときは目の中に光りが入るように撮るのがコツだそうで。
それを「アイキャッチ」というらしい。
この写真 ↑ には、それが無いからイマイチな写真って事になる(笑)

ってか、目が小さすぎだし。 

このページのトップヘ