こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > アカハラ

あかはらやひとりがすきとめをそらす
アカハラを赤腹と表記する事に若干の抵抗感が(笑)
夏鳥だし夏の季語なんだけど。
歳時記によってはイモリの傍題として「赤腹」という季語が出てたりもする。


14 アカハラ (1 - 1)

こういう絵もなかなか良いなぁと思う今日この頃。
アカハラくらいのサイズになると、鳥のいる景色って絵が成立するような。
しかも、割と近くで撮らせてくれるから狙いやすいし。
アカハラがチョコチョコ動くのを見ながら、この背景はイケる。
そんな風に思って待ち構えたりして(笑)


14 アカハラ (1 - 1)-3

鳥の写真は季節を告げる写真でもあるからね。
欲張って色々入れてみたりして。
狙っていると言えば狙っているわけだけど、鳥が相手だから思うようにもいかず。
だからこそ面白くて嵌まるんだろうな(笑)


[作品写真データ]
モデル: アカハラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あかはらのあとをたどりてもりのおく
アカハラも俳句の世界では夏の季語でした。
判ってらっしゃる(笑)
俳人ってバーダーなのか?
考えてみれば、季節毎に鳥は入れ替わるけど。
どこまで、それらの経験値があるんだろう?
例えば芭蕉とか正岡子規とか高浜虚子とか、どんだけ鳥の事を知っていたんでしょ?

10 アカハラ (1 - 1)-2

アカハラのイメージはなんとなく地面をくねくねと歩き回る感じ。
なので、大概後ろから尾行してたりして(笑)
気付いているのかいないのか、案外等間隔を保って進むのが面白い。

10 アカハラ (1 - 1)-3

アカハラはそれほど人を恐れないってかフレンドリーな気がするのだが。
実際のところどうなんでしょ?
鳥によって人に対する距離感が随分と違う理由も知りたいところだけど。

10 アカハラ (1 - 1)-4

水芭蕉とアカハラのツーショットもこの時期ならではだな。
というか、水芭蕉がこのサイズでいるのはほんの一瞬だしね。
色々な鳥と絡めて写しておきたいものだ。


[作品写真データ]
モデル: アカハラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



とがくしやまよいうれいもきうのなか
「喜雨」という季語を今日知った(笑)
手元の歳時記によるとこう書かれている。
『日照り続きで田が干からび、草木はしおれ、枯死しようとしているときに、ようやく降り出す恵みの雨(p43)』 
季語の本意を考えると、今日の雨みたいに梅雨に降る雨とは違うんだろうな。
まぁ、それは分かった上で良しとしておこう(笑)

戸隠 (1 - 1)-4

「戸隠や・・・」と上五で詠嘆の切れ字「や」を使う。
しかも地名。
これってどうなんでしょ?
たしか基本形は「季語」+「や」だったはず。
で、下五は名詞で止める。

角川学芸ブックス 新版 20週俳句入門
藤田 湘子
角川学芸出版
2010-04-21


最近俳句の勉強を疎かにしている感じが自分の中にあるな。
俳句の十七音に地名を入れる事に関しての記述があったような。
今回はどこかに「戸隠」入れたかったんだよね。

戸隠 (1 - 1)-7

・・・と、ここまで書いて来て思ったけど。
俳句の中に観念的なものを持ち込むのはタブーだったのを思い出す。
「憂い」とか「迷い」とかって、ひょっとしてNGワードか?

今月は写真だけでなく、もう一度俳句に力点を置こうと思うのであった。


[作品写真データ]
モデル:後ろ姿のアカハラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/15
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac 



 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
 

 

もくどうのはしでまちぶせなつきたる
今年は5月5日が立夏。
今日から俳句の世界では夏の季語になる。
ようやく夏の季語が使える(笑)

エラそうだけど肌感覚として、どう考えても夏だと思う時に、春の季語を使って作句するのは難しい。 
そしてアカハラ。
この鳥も俳句の季語で夏だそうです。

アカハラ (1 - 1)
 
特別に人懐っこいって事でも無いだろうけど。
案外近くまで来てくれる鳥の一つかな。
サイズも24センチとそこそこ大きかったりする。

アカハラ (1 - 1)-3
 
ちょうど朝陽が当たって良い感じに撮せたのでは無いかと思う。
鳥撮りも二年目に入っているので証拠写真から少しグレードアップしたものを狙うようになった。
去年より圧倒的に撮ってる枚数が少ないかも。
条件が揃った時にレンズを向けるって感じかな。
特に背景は考えるようになったな。

アカハラ (1 - 1)-4

こちらは ↑ 多分アカハラのメスではないかと。
全体的にオスよりも色が薄くて首回りが白くなっている。
オスメスの区別も案外難しかったりもする。

それより現在の課題は鳴き声だな。
とりあえず、鳥の名前はある程度覚えたので今度は鳴き声を覚えたい。
これがなかなか・・・難易度高し(笑)


[作品自解]実景です。
木道がT字になっている端っこのとろこで夏鳥を2時間ほど待ってました。
実のところ待っていたのはこのアカハラでは無いのですが(笑)
まぁまぁそれは良しとしておきましょう。

[作品写真データ]
モデル:アカハラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/160
F値:6.3
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac


 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

アカハラ8-12 (1 - 1)-2

アカハラの鳴き声を覚えた。
まぁ覚えたとは言うものの、きっとまた忘れてしまうかな。
鳥の鳴き声を完璧に覚えるにはまだまだ経験値が必要だと思う。

アカハラ 8-12 (1 - 1)
 
なんかこの場所にくると必ずアカハラがいるなぁ・・と、思っていた。
そしたらなんとここはアカハラの巣ではないですか。
あ〜ビックリ(笑)
いつからこの巣があったのやら。

アカハラ 8-12 (1 - 1)-2
 
さすがに巣なのでアカハラを観察しやすい。
ってか撮り放題。
まぁまぁ写せる距離なので気がつけばものすごい数の写真になっている。
連写で撮る必要があるのか無いのか。
鳥の写真はどうしても連写してしまうけど。
同じような写真が山ほどになり削除するのも一苦労だったりする。

アカハラ8-12 (1 - 1)
 
これ ↑ が、今回のベストショットだな。
アカハラのカップルが綺麗に一枚に収まっている。
もう少し太陽の光があれば、さらに良い写真になるような気もするのだけど。
まぁ贅沢は言ってられない。

アカハラのヒナってこれから巣立ちかぁ・・・
案外遅いのか?
写真を撮っているだけで、まだまだ野鳥の生態が全然判っていないのである。
もうちょっと真面目に勉強しようかなとも思う。

 

このページのトップヘ