こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > アオジ

きたみあげみなみみおろしあきおしむ
猛禽様がご登場されるのではと北の空をずっと見上げているんだけど。
なかなか猛禽様がお見えにならず・・・
そうこうしているうちに南側の斜面が賑やかになり始める。

02 ノジコ (1 - 1)-5

まさかのノジコ??
ノジコって今の季節に見られるんだっけ?
ノジコとアオジの違いってどこだっけかなぁ?
だいたいノジコは春先にしか見て無いしなぁ・・

02 ノジコ (1 - 1)-4

白いアイリングがしっかりあるものがノジコ。
下顎がピンクなのがアオジ。
あとは羽の模様で判断するとか図鑑には書かれている。
これって、結構アイリングがはっきりしていて、そのくせ下顎がピンク(笑)

02 ノジコ (1 - 1)-2

全体の雰囲気はアオジだけどなぁ・・・
アイリングあるしなぁ・・
でも、アオジだろうなぁ・・・
ノジコだったら良いなぁ・・・(笑)

02 ノジコ (1 - 1)-3

あんまり意味は無いけど正面からも(笑)
『だったら良いなぁ・・・』って時はだいたい違うから。
アオジかな。

詳しい人、ジャッジして下さい。
決め手は下顎のピンク?


[作品写真データ]
モデル: アオジ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.0
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たいがんのむれをめでおうさえかえる
これ ↑ 多分アオジで合っていると思うのだが。
なんかカナリアですか?って感じの色合いだよね。
痩せているというあスマートだし。
違っていたらゴメンナサイね。だな(笑)

アオジ (1 - 1)

 仕事が忙しかったり天気が悪かったりでなかなか鳥見に行けない。
さてさてどうしたものやら。
お蔵入りしていたものを探してアップしてたりして。
ちなみにこのアオジは今年の元旦に撮影したものらしい。

アオジかどうかの自信がイマイチだったり撮影枚数が少なかったのでボツにしてたんだけど。
今頃になって登場(笑)


俳句は全く意味不明だったりしますが(笑)


[作品写真データ]
モデル: アオジ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 



アオジ 夏の季語

アオジは人を恐れない。
のだと思う。
なので寄れる寄れる(笑)



枝に留まっているよりも、地面を歩いている事の方が多い様なイメージがある。
鳥を撮影するときの方法って色々あるんだろうけど。
初見の場合は遠くても良いので取りあえずシャッターを押しておく。
証拠写真用(笑)
で、徐々に間合いを詰める。



かなりズームのきくカメラであるけれど、少しでも近くによった方が絵は鮮明になる。
鳥の写真は基本的に日の丸構図。
あとは、鮮明度勝負なのかな?



 寄りすぎてフレームアウト(笑)
この辺りもどう写すのかってところだけど。
なんとなく人の写真を見ていると全身を写す事がマストのようでもある。


 
これ ↑ だと尻尾の先端がきれているけど。
こういう写真はどうなんだろ?
どうなんだろ?ってのは、誰のなんのためなのか?って事だけどね(笑)
自分で気に入っていれば、それはそれでOKなわけで。


 



アオジ 夏の季語
スズメに良く似た鳥。
初めて見たときに、『ん?スズメか?でもちょっと違うな?』
って思った。


 
どうやらスズメでは無い。
って思えるのが鳥見のスタートらしい(笑)




スズメに似た鳥はホントに多くて
全部覚えるのはなかなか大変だとは思う。




比較的に人を恐れる事も無く
まぁまぁどこででも会える鳥かな。



最初は珍しいスズメだな。
くらいからスタートするのかも知れない。

 

このページのトップヘ