こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > キビタキ

ことりくるころをもくとにもりにいる
「小鳥来る」という季語。
手元の歳時記によれば『・・・秋、日本に飛来する小鳥、または留鳥のカラ類など山地から下りてくる小鳥の事を言う』とある。
相変わらず「季語」って大したもんだなぁと感心しつつ。

21 小鳥 (1 - 1)-2

久しぶりに小鳥の姿を見たような気がする。
この他に、シジュウカラ、コゲラ、メジロなどが飛び交っていた。
ところで、写真のこの鳥は何だろう?
キビタキのワカもしくはメス?
この辺りの識別眼もかなり怪しい。

21 小鳥 (1 - 1)-3

何はともあれ、小鳥が戻って来たってのは朗報だな。
間違い無く季節は動いてる。
こうやって鳥見をしていると季節をいち早く感じる事が出来る幸せ。

21 小鳥 (1 - 1)-4

猛禽様も良いのだけど、やっぱり可愛いのは小鳥の方だよなぁ・・
そう言えば、エナガちゃんとかも戻って来ているのだろうか?
だったら早くお会いしたいものだ(笑)


[作品写真データ]
モデル: キビタキ???
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:4.5
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とざんするためにいきますにどさんんど
登山は夏の季語。
冬山登山とかって一般的じゃないもんね(笑)
キビタキは夏鳥で夏の季語。

23  キビタキ (1 - 1)-3

去年までは一生懸命キビタキも撮ってたような気がするけど。
今年は何となくキビタキの写真が少ないような。
背景とか構図にこだわってたりして(笑)
以前はとにかく写せればそれで良いって感じだったもんね。


23  キビタキ (1 - 1)

何はともあれ光がしっかりしている時間帯に可能な限り近くで撮る。
もうこれ以外無いな。
とにかく数多く撮ってその中からチョイスって事だけどね。



[作品写真データ]
モデル: キビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


いりぐちでたわむれあそぶせいごがつ
これ ↑ はキビタキのメス。
最初見つけた時にはコサメビタキだと思っていた。
そのうち、オスのキビタキがやってきて二羽で戯れはじめる。
まさに戯れるって感じなんだけど(笑)


10 キビタキ (1 - 1)-5

ちなみにオスはこちら ↑ だけど、全然違うよね。
キビタキのメスとかオオルリのメスとか単独でいたらまず識別不能。
そこらを瞬時に見分けが出来るようになるには経験値が必要だろうな。


10 キビタキ (1 - 1)-2

しっかりと識別出来る事も少ないので。
今回のこの写真でじっくりと見ておきましょう(笑)
光がイマイチだったので、解像度が悪いけど仕方無い。


10 キビタキ (1 - 1)-3


小鳥のメスって確かに地味ではあるけど可愛いと言えば可愛い。
普段はどこにいるのだろう?(笑)
鳥って今の子育てシーズンはオスメスが一緒だけど、その他は別々なのかな?

10 キビタキ (1 - 1)-4

なんとモフモフ
この時、かなり寒かったからなぁ・・
小鳥の特性かな?このポーズ。

ともかく、メスとかワカとかを完全に識別出来るようになったら一人前だろうな。
などと思う今日この頃。


[作品写真データ]
モデル: キビタキのメス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:6.3
ISO:3200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

のあそびのたびにきになるこえをきき
春の季語と夏鳥の組み合わせの「フォト×俳句」。
何となく違和感が(笑)
キビタキって夏鳥の代表みたいなもんだからねぇ。
なんかキビタキの姿を見て声を聞くと夏が来たんだなぁ・・・ってなる。

25キビタキ (1 - 1)

やっぱり声って大事だな。
自分の中での優先順位で声って結構順位が高いような。
声を聞くと場面を思い出したり、声で感じたり。

25キビタキ (1 - 1)-3

何はともあれ、キビタキの存在を確認出来て。
あっという間に一年が過ぎた事を知る。
鳥の姿で時間の変化を感じる事が出来るのはバーダーの特権だな。

25キビタキ (1 - 1)-4

 
もっと声を聞かせて。
君の本当の声を聞かせて。
もっともっと大きな声で、激しく・・・


キビタキとかオオルリとかミソサザイとか。
背格好は小さいけど大きくて小気味よい声を聞かせてくれる鳥が好き。


[作品写真データ]
モデル: キビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

とうぼくをのりこえしさきやましたたる
「山滴る」という季語は是非使いたい。
大好きな山シリーズだ(笑)
その出典は北宋の画家郭熙の以下の言葉から来ているとか。
『春の山は笑ふが如く、夏の山は蒼翠として滴る如し。秋の山は粧ふが如く、冬の山は眠るが如し』 

夏の季語である「山滴」は、歳時記によっては載って無いものもあるし、多くは「夏の山」の傍題であったりもする。
それほど由緒正しい季語では無いのかもしれない(笑)

キビタキ (1 - 1)
 
写真の小鳥は夏鳥の代表選手のような「キビタキ」。
鳥見をする人達の中では人気の鳥の一つ。
とは言え、そこそこ数はいるようで、それほど頑張って撮らなくても良いかなとか(笑)

キビタキ (1 - 1)-4

諸々の条件が合った時だけシャッターを押しましょう。的な。
鳥見も数を重ねてくると、当初は証拠写真でもなんでもと撮していたものが変化してくる。
よりクオリティの高いものが欲しくなってくる。

キビタキ (1 - 1)-3

キビタキに限らずだけど。
とにかく天気が良くて光がふんだんにある午前中で、近い距離にいる鳥。
これがベストなんだろうなぁ(笑)

そして、あとは動きがあるものが欲しくなるのである。
ともあれ、「キビタキ」と季語の「山滴る」は良い取り合わせだろうな。
テキストと画像で季重なりではあるけれど(笑)

[作品自解]
森の中には結構大きな倒木があったりするのだけど。
その倒木が木道を壊して通行止めを作ったりする。
そしてこの句は、その倒木を超えた時に見えた景を詠んだもの。

[作品写真データ]
モデル:キビタキ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:10
ISO:5000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
EXテレコン ノートリ
Lightroom CC2015 for Mac

*Exifデータを見るとISO5000とあるのだけど、ホントかな?
その割にはしっかりと写っているように思えるのだけど。
この写真の日は雨が少し降ってたんだよね。


 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ