こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > キセキレイ

われもまたいったりきたりなつのかわ
キセキレイに限らずだけど。
鳥撮りをするときに、なるべく近くで撮りたいので。
そろりそろりと近づいて行く。
で、だいたい途中で気が付かれて逃げられてしまう。


12 キセキレイ (1 - 1)-2

場所が変わるので、それをまた追いかけて、そろりそろりと近づく。
で、また気が付かれて逃げられてしまう。
これの繰り返し(笑)


12 キセキレイ (1 - 1)-3

無駄な時間と言えば無駄な時間なんだけど。
まぁ、こういう過ごし方もある意味贅沢というか豊かなもんだ(笑)
周りに様々な鳥達に囲まれて生活している環境に感謝。



[作品写真データ]
モデル: キセキレイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/500
F値:5.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

いっぷんのおくれをわびるしわすかな
キセキレイに一分という概念があるとも思えないけど。
この作品の場合、写真と俳句を結びつけるのは撮影月日だけ(笑)
作者にしか分からない。
キセキレイは秋の季語だしね。

キセキレイ (1 - 1)-2
 
流石に写真の在庫が尽きてきたぞ・・・
色々忙しくて鳥撮りに行く時間が無い。
ってか、昼の時間が短すぎて写真にならない。

キセキレイ (1 - 1)-4


今年の冬至は12月21日らしい。
って事はあと一週間だ。
朝と夕方に写真を撮っているので日が短いってのはかなりハンデなんだよね~
しかも、ここ数日妙に忙しいし。



[作品写真データ]
モデル: キセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/250
F値:9.0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




  
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     

ひとしれずむきあうじかんふゆのみず
足繁く通っている公園がある。
色々鳥が見られる場所なのでお気に入り。
セキレイの力関係がとても興味あるんだけど。
何となく・・・・
キセキレイ>セグロセキレイ>ハクセキレイ 
かなと(笑)

キセキレイ (1 - 1)

 そして、こういう ↑ 絵にすると、なんか勝手に頭の中で演歌が流れ始めたりして(笑)
演歌とキセキレイは結びつかないけど。
なんだろ、水の感じがそうさせるのかな?
そう言えば、久しく海に行ってないな・・・

キセキレイ (1 - 1)-3

人間もそうだけど、鳥もこういう突端が好きなのかな?
折角だから、一番端っこまで行ってみよう・・・的な(笑)
鳥の人間の差はその後だよなぁ。
鳥は飛んでしまうけど、人間はとりあえず戻ってくる。
などと当たり前の事を色々考えてみたりして。


人間は色々考える事が出来るのであるよ。
鳥が出来ていないかどうかは判らないけど。


[作品写真データ]
モデル:キセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14 
シャッター速度:1/800
F値:5.6
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

この写真・・・キセキレイの守護霊が写ってたりして(笑)


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  
 

ゆるやかにほはばひろがるこはるかな
キセキレイの歩幅が広がるとお思えないのだけど(笑)
俳句は難しいなぁ・・・
そもそも何をどう表現するのやらという、入り口のところでグルグル回っている感じ。
季語を一つ入れて十七音で取りあえず意味の通る日本語のフレーズを作る。
まぁ今はそんなところだな。

キセキレイ (1 - 1)-2

写真は、まず鳥を見つけてそれを概ね中心においてシャッターを押す。
出来れば背景はその季節をうまく表現するような景色や色合いが欲しい。
撮った後でトリミングするのが前提。
そういう意味では後から構図を作っていたりもする。
基本連写しているし、鳥が写っているのが前提。
場合によっては何百枚も写してそこから数枚をピックアップしている。
色の調整も後から加えていたりする。

キセキレイ (1 - 1)-3
 
何となく、ああ綺麗だなぁ・・・って絵になるように。
ここは理屈じゃなくて直感だろうな。
色と形ともろもろのバランスを自分なりに探って行く。
俳句よりも今はこっちが圧倒的に楽しい。

「フォト×俳句」って考えて見れば贅沢な表現形式ではあるな。
あれもこれもと欲張っている感がある。
なんか色々な要素が稀にピタッと収まる時があって、そういうときは自分でも気持ちが良い。



[作品写真データ]
モデル:キセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/1250
F値:5.7
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

あんかけのなかにあきいろかさねけり
本日のお題は「中華丼」(笑)
取り合わせの俳句を作るときに五文字の名詞というのは重宝する。
「季語」+七文字+「五文字の名詞」
とは言え・・・
何となくだけど、「中華丼」って詩情を感じにくい。
まぁ個人的な感覚の問題だろうけど(笑)
なので、中華丼という名詞はパス・・・

キセキレイ (1 - 1)-2
 
このキセキレイの写真は、何となく色合いが中華丼っぽいと言えばぽい(笑)
そう言われるそう見えてくるでしょ?

ちなみにキセキレイも秋の季語ではある。
色づき始めた森の中にキセキレイの黄色が映える。
我ながら出来の良い写真ではと自画自賛(笑)

キセキレイ (1 - 1)-3

俳句というものは、もともと連句の発句から派生したものらしい。
物語の先頭に置かれるもの。
発句以外は前の句に合わせて何かを表現していくので、手がかりがある。
発句には手がかりが無い代わりに自由がある。

自由が故に、どうして良いか判らなくなってフリーズするわけだけど(笑)

まぁ、人の弁当のエピソードから拾って俳句にするってのは手がかりがそこにある事になる。
ので・・・良いか悪いかはともかくとして簡単に言葉が並ぶ。
自分の外側にある言葉を並べる方が多分内側からほじくり出すより楽だと思う。
もっとも、その意味が判るのはほんの限られたメンバーなんだけど。

これを座の文芸と呼んだ。
句会に集まった人達だけで楽しめれば、それはそれで良しとしているのが俳句かも。

重ねた秋色は。
カレーコロッケとスクランブルエッグとうずらの玉子と・・・・・
別に秋色とも思えないけど、俳句にするために装飾は必要というところで(笑)


俳句の遊び方色々。
句会は物理的に催さなくても、ネットで勝手に繋がるってのも有りかと。
毎朝の弁当をネタにみんなで俳句作るなんて面白いと思うけどね~(笑)



[作品写真データ]
モデル:キセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/1000
F値:7.1
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  




 

このページのトップヘ