こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > イカル

こうちょうもくさとりにいであきのくも
これはどういう意味ですか?
と、問われても答えられない(笑)
何となく浮かんだのでそのまま十七音にしただけ。


27 イカル (1 - 1)-2

しかも写真のクオリティもいたって低いし・・
なんか、ブログに穴を空けないことが目的になっていることは否めない。
もう少し、クオリティを揃える形でアップした方が良いような気もするのだが。
そうなると途端に創るのを止めてしまうのは目に見えているので(笑)
とにかく一日一つずつ上げ続けよう。
「継続は力なり」そして「量は質を凌駕する」を座右の銘として。



[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ふたりでもひとりでもするはなみかな
桜にメジロが来ているから撮ると良いよ。
と言われて、早咲きの桜の木に向かう。
確かにメジロがやってきている。
・・・が、それよりこっちの方がインパクト大(笑)

170405イカル (1 - 1)

桜に止まるイカルなんて初めて見たぞ。
群れから離れて一羽で来たみたい。
何しに来たんだろうな?
イカルって花の蜜を吸ったりするのかな?
などと思いながら、出た結論はイカルも花見だなと(笑)

170405イカル (1 - 1)-4

枝が前被りになっていたので。
なんとか隙間から狙ったんだけど。
クリアーな絵にはなってないな。
あっという間にいなくなってしまったし。
鳥撮りのチャンスはいつもの事ながら一瞬だ。


[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:マニュアル
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 





 

はるしょーるみようみまねのまちこまき

まぁ・・・見えなくもないよね(笑)
無理がありますかね?
そもそも真知子巻きってどんなんだっけ?
と、その名前だけは知っているんだけどね。
1953年のNHKドラマ「君の名は」でヒロインがしていたファッション。

170320イカル (1 - 1)-3

あきらかに違うんだろうけど、言われて見れば雰囲気はある・・的な(笑)
そりゃそうと、春の季語として歳時記に「春ショール」があるんだけど。
「マフラー」は冬の季語となっている。
そうなると、「ストール」とか「スカーフ」とかはどうなるのだろう?
ってか、それらの違いはなんだ?(笑)

170320イカル (1 - 1)

イカルの群れを見つけたら、目をこらして良く見るべし。
どこかに「コイカル」が混じっているかも知れない。
そう言われて3年経つけど、一度もコイカルを見つけた事は無い(泣)

まだまだ未見の鳥はいっぱいいるなぁ・・・
見た事のある鳥は何種類になったんだろ?


[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします



 

ひとりだけのこりてみてるはだれゆき
イカルは夏の季語だけど、イカルとかウソは春先に花芽を食べているイメージ。
どうでも良いことだけど、チョコボールのキョロちゃんはイカルかシメがモデルなんだろうなぁ。
イカル、シメ、ウソ・・・みんなこんな体型(笑)

170226イカル (1 - 1)-2

何となくコワモテでもあるけど、歌は上手いぞ。
ってか、声質が優しい・・・と、思う。
群れで飛んでいる時は合唱団のよう。

170307イカル (1 - 1)-2

イカルの群れを見つけたら注意が必要。
10羽くらいに一羽は「コイカル」が混じっている事があるらしい。
と、聞いて既に3年経ったけど。
残念ながら未だに一度も見た事は無い。

コイカルを見つけたらビックリするだろうなぁ・・・
そういう時に冷静にシャッターを押せるようにしておかねば(笑)


[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします  

かぜひかるししゃのさしだすふゆうかん
「フォト×俳句」を始めたとき。
面白いなぁと感じたのは日本語の文法だった。
暇な時に出来たら徹底的に学んでみたいなぁ・・って思った。
この句だたら「使者の」と「使者が」で「の」「が」の格助詞の使い分け。
多分なんかルールがあるんだろうけど。
よく解らないのでフィーリングで(笑)

170215イカル (1 - 1)-3

そうは言っても、暇な時間が出来たら多分今だったら鳥見に行くだろうな。
近所で鳥を見ていたら、某所にヤツガシラが出たけど来る?とかお誘いの電話が来たりして。
二つ返事でOK言えるような時間の余裕が欲しいな(笑)

170215イカル (1 - 1)-4

そうそう、イカルは夏の季語なんだけど。
こういう飛翔写真ってあまり見た事無いなぁ・・
結構貴重かもな。
こうして見ると、なんかブッポウソウに雰囲気が似ているような。

それにしても、使者の差し出す浮遊感って何だろうな?(笑)


[作品写真データ]
モデル: イカル
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  


 

このページのトップヘ