こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > サンショウクイ

れいえんのもんくぐりぬけのにあそぶ
サンショウクイのメス。
オスはもう少し頭が黒いはず。
調べてみたら、なんと山椒喰は春の季語だった。
もっとも歳時記よっては掲載されていないものもある。
かなりマニアックな季語という事かしら?(笑)

28 サンショウクイ (1 - 1)

この鳥は何となくシジュウカラにもハクセキレイにも似ている出で立ち。
声を聞けば特徴的な『ピリリピリリ』と鳴くのですぐにわかる。
ピリリとする辛い山椒を食べたのが鳥の名前の由来とか・・・?

28 サンショウクイ (1 - 1)-3

何となく木のてっぺん辺りで戯れているイメージがあるんだけど。
こうして見下ろすのは珍しい構図なんでは無いでしょうか?
今だけ?
鳥の習性に関してはまだまだ勉強不足だな。

28 サンショウクイ (1 - 1)-4

新緑の中の小鳥たちは非常に絵になるなぁ・・
だんだん探すのが大変になってくるけど。
色合いとしては美しい季節がやってくる。


[作品写真データ]
モデル: サンショウクイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:5.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)

サンショウクイ 歳時記には掲載無し。
図鑑によると「絶滅危惧Ⅱ類」だそう。
まぁ写しているときは、そんな情報を持って無いので取りあえずパシャパシャ。

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-2
 
後になって色々調べると「サンショウクイ」ってのは見る事が中々出来ない鳥。
しかも見られたとしても高い枝の上にいる事がほとんだらしい。
なので、この一連の写真は結構貴重とか。

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-3
 
まぁ、鳥運はかなりある方だと自覚してきた今日この頃(笑)
次々に人から羨まれるような鳥を撮っているらしい。
知らないってのは逆に幸せな事かもね。

ついでにホバリング写真まで撮れたのでアップしておきましょう。

サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-4
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-5
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-6
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-7
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-8
サンショウクイ 戸隠 (1 - 1)-9

 
天気が良くて光りさえあればコンデジだって手持ちでこのくらい撮れますよ。
と、自慢したくなる。
撮影はすべてPanasonicのFZ1000です。

ホントはCanonの7DⅡとか欲しいのだけど。
まぁこれくらい撮れたら費用対効果を考えると妥当かなとか(笑) 

このページのトップヘ