こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オオアカゲラ

あおぞらにきざむりずむやふゆじたく
冬支度しなきゃなぁ・・・・
ってか、既にヒートテックのアンダーウェアを着始めてるし。
そう言えばファンヒーターも使い始めちゃってるし。

オオアカゲラ (1 - 1)-2
 
家の中の狭いところとか、覗き込んで掃除しなきゃなぁ・・・とか。
何はともあれ断捨離だよなぁ・・・とか。
冬支度というより、とにかく色々片付けなければ物理的なスペースに問題ありだ(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-3
 
人間は物を持っているってのが、そもそもの間違いのような気もする。
野鳥なんて身軽なもんだし(笑)
この身一つで生き抜く覚悟を・・・・なんてね。

オオアカゲラ (1 - 1)-4
 
たまには、オオアカゲラのバックショットも載せておこう(笑)
これだけ、頻繁にオオアカゲラにお目に掛かると。
全くと言って良いくらい感動が無い。
いかんなぁ・・・感動を直ぐに無くすタイプかな?>自分


[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/320
F値:7.1
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

きつつきやこっそりたぶるのこりもの
何度も書いているけど。
啄木鳥(キツツキ)という鳥はいない。
一般的なのは、コゲラアオゲラアカゲラあたりだろうか。
俳句の中ではそこまで区別化する必要は無いらしい。
そして、この写真はオオアカゲラ

オオアカゲラ (1 - 1)

あまり見る事が出来ない鳥の一つなのでバーダーには人気者。
幸いな事に自分は結構オオアカゲラには会えているのでそれほど驚かない。
というか、だんだん有り難みが無くなってきた(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-2

 贅沢といえば贅沢な話しなんだろうなぁ・・・
普通にオオアカゲラを目撃出来るってのは。
春先に営巣していた頃はもの凄く大勢のバーダーが来ていたっけ。

オオアカゲラ (1 - 1)-4
 
写真に写っているオオアカゲラがその時の親なのか生まれた子供の方なのか?
残念ながら識別する力が自分には無い。
秋の背景で写すオオアカゲラもなかなか綺麗だなぁ・・・ってくらい。

「食ぶる」ってのは、これで当たってるのか?(笑)




[作品写真データ]
モデル:オオアカゲラ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/40
F値:7.1
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

温かき十一月のドラム音
啄木鳥という鳥はいない。
森で出会うのは「アカゲラ」「アオゲラ」「コゲラ」そして「オオアカゲラ」
この辺りが啄木鳥と呼ばれる鳥。
で、啄木鳥は秋の季語になっている。

オオアカゲラ (1 - 1)-4
 
オオアカゲラはそうそう頻繁に出会えるものでもないけれど。
実はあまり人を怖がらないというか、作業に没頭していてくれるので撮影はし易い(笑)
アカゲラと比べるとサイズも一回り大きいしね。

オオアカゲラ (1 - 1)-2
 
大きな穴を明けるものでビックリしてしまう。
くちばしが思いっきり硬いんだろうな。
それと円がほんと綺麗な形なので、そこらもこだわるタイプかも(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-3
 
一つの白樺にいくつも穴を開けている。
エサとなる虫がこの中にいるんだろうけど、何を食べているのやら?
なんかこうしてみると置物の人形のようにも見える。

オオアカゲラ (1 - 1)-5
 
自分が使っているカメラはコンデジなので多分2Lサイズまでが限度かな。
等倍とかで見ると破綻しているかも。
ブログをスマホで見る位だったら十分綺麗なのでは無いでしょうか?
フォト俳句の作品も2Lまでが多いからこれはこれで十分かな。

オオアカゲラ (1 - 1)
 
ブログにアップしちゃうと作品として新聞・雑誌には投稿出来なくなってしまうのが痛い。
最高の出来映えの写真をどこにもアップしないで密かにストックして置くって難しいなぁ(笑)
皆さんどうしているのでしょう?

 

オオアカゲラ (1 - 1)-4

鳥見の時間帯って実は結構早くて。
出来れば日の出から動き始めたいと思っている。
ところがこの日は、前日にお祭りがあり朝目が覚めたらすでに8時過ぎていた。

さてさて、どうしたものやらと。
家にいても暑いので何はともあれ戸隠に移動しちゃおうと車を走らせる。
9時頃に現地到着するものの鳥の声は既にウグイスくらいだ(笑)

オオアカゲラ (1 - 1)-2
 
ちょうど、探鳥会の人達が帰るようなタイミングだったようで。
ガイドの人に色々お話を聞く。
戸隠に通っていると、顔見知りの方も増えてきて色々教えて貰えるのが嬉しい。

ここ戸隠森林植物園はバーダーには有名なスポットらしく全国から人が訪れる。
この日も、東京から来た方と京都から来た方と情報交換。
お二人とも、これといった鳥を撮れていないと嘆いていた。
結局、どんな高級なカメラセットがあっても鳥がいなければ何も撮れないという当たり前の現実。

オオアカゲラ (1 - 1)

 お二人が連れ立ってどこか別の場所にと帰られたあと一人で木道を行ったり来たり。
自分のスタイルは軽いカメラを持って散歩しながら何かを探すというもの。
当然三脚など持ってはいない。
一人で森の中を歩いていたら、なんと結構近い距離にオオアカゲラの姿を発見。

オオアカゲラ (1 - 1)-3
 
オオカゲラはこれで3回目だけど、今回が一番近いところから撮す事が出来た。
これくらいの距離だと結構綺麗に写る。
まぁ、このスタイルだとそんなに高級なカメラを買う必要も無いのかもな。


などと負け惜しみを(笑)
なんせ、前述のお二人のカメラセットはそれぞれが200万円オーバーなんだよね。
でもね、このオオアカゲラは撮せてないの。
ちょっと自慢(笑)

 

P900 オオカゲラ (1 - 1)-2

オオカゲラ

アカゲラとオオアカゲラの違いは頭の赤い模様。
頭部全部が赤いのがオオアカゲラで一部赤いのがアカゲラ。
ちなみにメスは頭が赤く無いので見分けがつかない?

P900 オオカゲラ (1 - 1)-3
 
胸の模様がアカゲラとオオアカゲラは違うのでそれも判断の一つだな。
で、文字通りオオアカゲラの方が少し大きい。
図鑑によるとアカゲラが24㎝でオオアカゲラが28㎝となっている。

P900 オオカゲラ (1 - 1)-4
 
連写していると膨大な量の写真が精算されるわけで。
それをチェックしながらほとんどを削除する作業をしている。
今回はカメラを2台持って出かけた。
上の3枚はNikon P900で撮影したもの2000㎜という超望遠。
勿論手持ちで撮している。
この時の距離は20メートルくらいだったと思うのだが。

カメラに関してはずっと悩んでいて。
森の中を半日から丸一日動き回る事を考えると今の重さで抑えたい。
が・・色々比較していると画質面ではどうしてもやや劣るような。

FZ1000 オオカゲラ (1 - 1)
 
ここからは ↑ PanasonicのFZ1000で撮影したもの。
こちらは400㎜をiAズーム機能を使って1020㎜に設定。
ようするにトリミングしているわけだけど、まぁ諸々のバランスを考えると一番かと。

FZ1000 オオカゲラ (1 - 1)

オオアカゲラって面白いなぁと思ったのは必至で木に穴を空け続けていたと思ったら突然休憩に入ること。
電池が切れたんですか?って聞きたくなるほどジッとして動かなくなる。

FZ1000 オオカゲラ (1 - 1)-2

休憩中のオオアカゲラ ↑ 撮り放題(笑)
あれだけ一生懸命に穴を掘る作業を続ければ疲れるんだろうな。
じっとしていてくれるのはカメラマンには嬉しいこと。

FZ100 オオカゲラ (1 - 1)-2

冬鳥のシーズンまでにお金を貯めてカメラを買い足そうかとも思うのだが。
金額の事も含めて色々と迷う今日この頃。

どの程度のクオリティを自分は求めているのか?
最高の機材を揃えようと思ったら200万円を超える。
今使っているFZ1000は価格コムで6万円強。
自分が買った時は7万強だったかな。
これで満足しておくのが諸々幸せなような気もするし(笑) 

どこに落としどころを持ってくるか、もうしばらく悩んでみよう。

 

このページのトップヘ