こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > オオヨシキリ

うしろがみひかれながらもぎょうぎょうし
行々子(ぎょうしょうし)と手元の歳時記には表記されている。
ATOKの変換だと行行子だし、色々検索しても行行子の方が多いかな。
で、ヨシキリの別名という説明だけど。
ヨシキリってオオヨシキリとコヨシキリがいるけどヨシキリはいない(笑)

14 オオヨシキリ (1 - 1)

黄色いクチバシが特徴的なのと、なんと言ってもあの鳴き声だな。
けたたましいというか、なんというか。
仰仰しいから行行子か?(笑)

14 オオヨシキリ (1 - 1)-2

久しぶりにPanasonicのカメラにLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
この組合せは去年ずっと使っていたもの。
こっちの方が随分とコンパクトに収まる。
特にレンズはチョット持ち出すには理想的なサイズかも。


[作品写真データ]
モデル: オオヨシキリ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



オオヨシキリ (1 - 1)-7

オオヨシキリ 俳句の季語では「葭切(よしきり)」傍題に「行行子(ぎょうぎょうし)」


まぁ、なんとけたたましい鳴き方をするのやら(笑)
昔の人はこの鳴き声を「ぎょうしょうぎし〜」と聞きとったんだろな。
それとも、仰仰しい鳴き方って意味かな?

ともかく熱唱系なのである。
オオヨシキリ (1 - 1)-8
 
口をハッキリと開けて大きな声で歌っている。
おそらく発声学的にはOKなんだろう(笑)
ちょっと気取った顔も素敵だったりして。

オオヨシキリ (1 - 1)-6
 
鳥は季節そのものだとしみじみ思うな。
ちょっと前までは同じ場所にカワラヒワがいっぱいいたんだけどね。

オオヨシキリ (1 - 1)-4

お腹は白いようですね。
綺麗な鳥です。


オオヨシキリ (1 - 1)-5
 
気がついたらこの子達で占められていた。

 

このページのトップヘ