こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ウグイス

うぐいすやらじおねーむはしれわたり
鶯は春の季語。
で、その姿を写真に収めるのは、これがなかなか難しい。
声はするけど姿は見えない・・・見せない。
だいたいは藪の中にいて出て来ない。


03 ウグイス (1 - 1)-4

こんな感じ ↑ で、藪の中からフッと姿を現してくれればラッキーな感じ。
鳴き声は誰でも知っているように「ホーホケキョ」なんだけどね。
足元でいきなり鳴かれると、その声の大きさにビックリする。


03 ウグイス (1 - 1)-2

ウグイスの正面顔がこれ ↑ なんだけど。
なんか諜報部員って感じかな?(笑)
何となく怪しい人みたい。
この時は結構近かったんだけど、なかなかキャッチアイが出来ずに苦労した。


03 ウグイス (1 - 1)

これ ↑ でキャッチアイがバッチリ。
当然トリミングしているんだけど、なかなか面白い構図になっている。
ウグイス色っていう言い方をするけど、多分それはメジロに近いような(笑)
そもそも、多くの人はメジロとウグイスをごっちゃにしていると思われる。

春が終わる前にウグイスの姿を撮れてホッとしている。



[作品写真データ]
モデル: ウグイス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

とりおいしいちごいちえやはるおしむ
去年は撮すのにとんでもなく苦労していたウグイス
今年はというか昨日と今日で随分と撮させてもらった。
巡り合わせというか何というか。
実のところ本日はウグイスしか撮れなかった(笑)

ウグイス (1 - 1)-6

 こんなに見えやすい場所に出てくるんですかぁ?
って言うくらいなウグイス。
やっぱり時期のものなんだろうな。
本日の本命はコルリだったりするんだけど。
全くツキが無くレンズに捉える事が出来なかった。

ウグイス (1 - 1)


その代わりというかなんというか。
まぁウグイスさん大サービス中的な(笑)

鳥見のために早起きしてるわけだけど。
フィールドで出会った人達から話しを聞く度に、自分は恵まれているなぁとしみじみ。
車で30分の距離だもんね。
中には5時間もかけて、それでもやってくる人達もいたりするわけで。
おもてなしをしなきゃいけない立場なのかな?などと思ったりして。

ウグイス (1 - 1)-5
 
声高らかに、熱烈歓迎!とか(笑)
GW突入から毎日通っているけど、日ごとに緑が広がって行くのがわかる。
若葉がどんどん産まれてくる。
若葉って美しいなぁ・・・などと思ったりして。

もう夏の季語に突入だな。
ウグイスは春の季語だけど、若葉は夏の季語だな。
ちなみにコルリも夏の季語だな。
★コルリ待つ目線の先の若葉かな★
なんて詠んだら季重なりか・・・(笑)

鳥見ってのは、この鳥を見ようと決めると案外苦しくなるのかも。
去年までは、どの鳥を見ても初見だったから常に新鮮だった。
今年はだいぶ慣れてきたせいもあって、感動が薄れてきている?

そんな事は無いかな。
鳥を追っかけている間はほんと幸せな感じ(笑)



[作品写真データ]
モデル:ウグイス
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/250
F値:8.0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
4Kフォト
Lightroom CC2015 for Mac



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ウグイス (1 - 1)

ウグイス 春の季語

ようやくというか、ついにというか。
ウグイスの撮影に成功しました(^-^)v
これは相当嬉しい。

ウグイスは何処に行ってもその声を聴くことが出来るのですが。
全く姿を捉える事ができずに悶々としておりました。

ウグイス (1 - 1)-2
 
ついに、双眼鏡とカメラの両方で姿を捉える事ができました。
鳴き声も聞いていたので、間違い無くウグイスです(笑)

ウグイス (1 - 1)-3
 
ウグイスも絶叫系に(笑)


このページのトップヘ