こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

2015年04月

戸隠 アカハラ (1 - 1)

アカハラ 歳時記に掲載無し

この時期アカハラが可愛い。
割と人を恐れないのか結構近くまで寄れる。
それから上の写真のように撮影しやい所に出て来てくれる。



なんというか、足の雰囲気っていうか。
AKB48のPVを思い出す(笑)



いつも歩いているイメージがあるので、木の上にいると違和感があったり(笑)
まぁ鳥だからこの位置 ↑ にいても全然おかしくないんだけどね。



ストレッチでもしているような。
何度か写していると証拠写真はもう不要なので表情とか仕草を撮りたくなるな。
まぁ可愛いやつである。



大峰城 ウグイス (1 - 1)

ヤブサメ 歳時記に掲載無し

ウグイスにも似ているので、最初はウグイスかと思った。
未だにウグイスは本物を見る機会に恵まれていない。


大峰城 ウグイス (1 - 1)-2
 
手元の図鑑だと、ウグイスよりもヤブサメの方が希少度が高いようだ。
ウグイスは多分だけど数はいるんだろうね。
姿を確認出来ないってだけ。

そうこうしているうちに直ぐにこちらに気がつかれ。

大峰城 ウグイス (1 - 1)-3
 
あっという間に消えて行った。
カメラのフォーカスが今回はたまたま速くて上手くいった。
後は天気が良かったので光が綺麗。
なんか黄色い鳥にも見えてしまうけど、実際にはもっと地味。

 

戸隠 ニュウナイスズメ (1 - 1)

ニュウナイスズメ 歳時記に掲載無し。

なんかいるよな〜
なんだろうな〜
って時はちゃんと写真を撮っておかなければ。
後で確認したら初見の鳥って事は往々にしてあるのである。
これもそう。

戸隠 ニュウナイスズメ (1 - 1)-2
 
運良く近くまで降りてきてくれるとかなり判断しやすくなる。
このニュウナイスズメってスズメにそっくりなんだけど。
スズメ特有の黒斑が無いのが特徴。

戸隠 ニュウナイスズメ (1 - 1)-3
 
こちら ↑ は、多分メス。
2枚目のがオスで多分つがいだと思われる。
この木の辺りに営巣しているのかな?

 

戸隠 キバシリ (1 - 1)

キバシリ 歳時記に掲載無し。

まぁ、よく次から次へと新しい鳥が出てくるもんだと我ながら感心。
手元の図鑑によるとこいつは結構珍しい部類の鳥らしい。



だいたい撮影している時は、それがなんだか分からないでシャッターを押している(笑)
後で戻ってきてから必死で図鑑と格闘するわけで。
実際のところそれが完璧にあっているかどうかわ判らない。
まぁ、でもこのキバシリに関しては特徴的なのでほぼ間違いないだろう。



赤・黄・青って彩りのある鳥に比べたらメチャメチャ地味だよね。
それでも、姿を追っかけてると可愛いんだよね。



この日はメッチャ天気が良かったので映りも良い。
やっぱり撮影には太陽が絶対的要件だな。
陽射しさえあれば、かなり遠くのものも綺麗に写る。


 
森の中を一日中ウロウロするには今のカメラがベストかもなぁ。
周りで高級イチガンを持っている人達が多く見られたけど。
重そうだよな。

この距離だったらこの画像で十分だと思うのである。

 

戸隠 クマ (1 - 1)

山で会いたくないものランキングのダントツ1位がクマだ。
とは言え、山に入る回数が増えてくると出会う確率も増えるわけで。
今回で遭遇は2回目。
距離は7〜8メートル。
初めての時は、あまりの怖さにフリーズして何も出来なかった(笑)
今回はちょっと余裕があって、ビビリながらもシャッターを押す。


 
先週、カモシカに遭遇してビックリだったけど。
こっちは更に怖さ倍増。
檻の無い場所では出会いたくなりなぁ・・


 
この爪でやられたらひとたまりも無いような。
相手がクマだけに話し合いでは解決出来ないもんね。
向こうが去ってくれるのを祈るばかり。



冬眠から覚めたばかりで腹ペコなんじゃね?
ヤバしヤバし。

 

このページのトップヘ