こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

せいりょうにみがきをかけるごがつかな
コルリが今年は多いような気がする。
歩いていると結構な個体数を確認出来る。
面白いのは若干年齢が違うせいか、綺麗な個体とそうで無いのがいること。
人間でもなんでも同じだなぁ・・・と(笑)


05 コルリ (1 - 1)

せっかくなので囀っている姿を写そうと考える。
連写しているので、後は選ぶだけなんだけど。
そうすると、みんな同じ絵になってくるし(笑)
あとは背景だけか・・・


05 コルリ (1 - 1)-2


遠いなぁ・・↑ これじゃなんだか判らない。
結局どこまで寄れるのかって事になるのかな。
或いはレンズの性能を高めて望遠効果で凌ぐか。


05 コルリ (1 - 1)-4

もうしばらく、コルリの追っかけは続くのであった。
もっと近くで解像度の高い絵を手に入れたい。
そのために必要なのリソースはなんでしょ?


[作品写真データ]
モデル: コルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:6.3
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

たいようのいろにそろえてなつめけり
ノジコは俳句の世界では夏の季語。
水芭蕉も俳句の世界では夏の季語。
で、どちらも実際の感覚として夏の中にあるもの(笑)
だんだん水芭蕉が立ち上がってきている。

06 ノジコ (1 - 1)-2

ただ水芭蕉の花を撮すよりは鳥絡みが良いな。
というか、ただ鳥を撮るよりも花絡みの方が良いな。
という事(笑)


06 ノジコ (1 - 1)-3

毎年、この水芭蕉になんかの鳥が絡んでくれる(笑)
まだ水芭蕉も咲き始めなので変なゴミなどが付いて無くてとても美しい状態。
前日の雨からの晴天なので光りも良い感じ。


06 ノジコ (1 - 1)-4

水芭蕉に囲まれた鳥ってのも、なかなか良いぞ。
ここにノジコが来るのは初めてみた気がするのだけど。
ありがたいこと。



[作品写真データ]
モデル: ノジコ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/500
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

うつくしさもとめてしょくすなつりょうり
オオルリとかコルリとか美しいし美声だし。
人気が高いのも納得だよなぁ・・・
ところで幸せの青い鳥って、どっちなんだろ?(笑)
02 オオルリ (1 - 1)

でまあ、美しさを保つために食べているのがこれ ↑ なんだけど(笑)
いや~てっきりベジタリアンかと思っていました。
これ地上にサッと舞い降りて掴んで高い枝に戻ったんだよねぇ。
結構、動きが機敏だった。


02 オオルリ (1 - 1)-3

そこから一気に飲み込むのかと思いきや。
枝にバシバシとぶつけて食べやすいように加工してたのかな?
鳥は結構こういう事するけど。
グロいと言えばグロい。


02 オオルリ (1 - 1)-4

枝に引っかかったのをビヨーンって(笑)
考えてみれば、本人のサイズの半分くらいの毛虫か?
結構大きいサイズの餌ではあるな。

いづれにしても、今年はオオルリを本当にあちこちで見るわけで。
そうなると撮る写真も欲が出てくるわけである。



[作品写真データ]
モデル: オオルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

とうぼくのすきまするりとこるりなく


今年は5月5日が立夏なので、本日より夏の季語に変更。
ここのところ暑い日が続いていたので、春の季語で作句するのに若干無理があった。
ようやく、感覚と季語が一致してきた感じもする。
コルリも俳句の世界では夏の季語。

03 コルリ (1 - 1)-3

今シーズンのコルリの初撮りはこれ ↑ なんだけど。
声だけがずっとしていて、なかなか姿を見ることが出来ずにいた。
あっと思った時にはこの絵だった。
これじゃ、完全に証拠写真レベル。
なにより顔が写ってないし(泣)

03 コルリ (1 - 1)-4

その後ほどなくしてソングポストに起つ。
ヨッシャーって感じでした(笑)
良い感じに抜けていて光もまずまず。
後はフォーカスを合わせるだけ。
この瞬間が一番緊張したりする。
何度も撮してるものなら、どうって事無いけど。
今年初のクリーンショットだから若干焦る。
動かないでくれ~フォーカス合ってくれ~
って感じ(笑)

03 コルリ (1 - 1)-6

ここから連写連写。
まぁとにかく、カメラとレンズを換えたお陰で去年とは比較にならない絵になる。
やっぱり単焦点レンズは綺麗だよな。
高いだけの事はある。
鳥撮りに関しては腕じゃ無くて機材が全てであるような(笑)


[作品写真データ]
モデル: コルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:5.6
ISO:500
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

うぐいすやらじおねーむはしれわたり
鶯は春の季語。
で、その姿を写真に収めるのは、これがなかなか難しい。
声はするけど姿は見えない・・・見せない。
だいたいは藪の中にいて出て来ない。


03 ウグイス (1 - 1)-4

こんな感じ ↑ で、藪の中からフッと姿を現してくれればラッキーな感じ。
鳴き声は誰でも知っているように「ホーホケキョ」なんだけどね。
足元でいきなり鳴かれると、その声の大きさにビックリする。


03 ウグイス (1 - 1)-2

ウグイスの正面顔がこれ ↑ なんだけど。
なんか諜報部員って感じかな?(笑)
何となく怪しい人みたい。
この時は結構近かったんだけど、なかなかキャッチアイが出来ずに苦労した。


03 ウグイス (1 - 1)

これ ↑ でキャッチアイがバッチリ。
当然トリミングしているんだけど、なかなか面白い構図になっている。
ウグイス色っていう言い方をするけど、多分それはメジロに近いような(笑)
そもそも、多くの人はメジロとウグイスをごっちゃにしていると思われる。

春が終わる前にウグイスの姿を撮れてホッとしている。



[作品写真データ]
モデル: ウグイス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 

このページのトップヘ