こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

つゆばれやてちょうにしるすとりのばしょ
今時は鳥の場所を手帳に記すと言っても、実際はマップコードだったりして(笑)
まあ便利な世の中になったもんだよなぁ。
マップコードさえあれば、どこでも行けちゃうからねぇ。
このオナガがいる場所をマップコードで人に伝える事も簡単。

06 オナガ (1 - 1)

オナガなんて、どこにでもいるじゃん!
って、思うのはオナガがどこにでもいる地域に住んでる人の言い分。
実際のところ、窓を開ければ目の前の電線にオナガなって止まっているし(笑)
ところが、この鳥はたしか名古屋より西の地域には存在しないらしい。

06 オナガ (1 - 1)-2

いつでも撮れると思っているわけで。
実際いつでも撮れるんだけど。
なかなか、その特徴である青い背中が撮せない。
う~む、ままならないなぁ。




[作品写真データ]
モデル: オナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/40
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



はれのひもあめのひもありあおばずく
どうやら・・・・ヒナがダメになったのは確定的。
今朝6時でこの絵だもんね。
元に戻ってしまった・・・
もう一度最初からって事はあるんだろうか?


05 アオバズク (1 - 1)

そんな目で俺を見ないで・・・
悲しくなるから。
当人達はどんな思いなんだろう?
アオバズクに感情はあるのだろうか?
そう言えば、この前のサンコウチョウも蛇にやられて雛が全滅したとか。
鳥の世界でも自然災害や天敵の脅威や、生き抜くってのは大変なんだと改めて実感。

05 アオバズク (1 - 1)-3

この ↑ 表情は怒り?それとも悲しみ?
なんか近づいてはいけないような雰囲気。
鳥に思考とか感情とかあるのかないのか?
見ているこちらは妙に共感というか・・・
05 アオバズク (1 - 1)-4

考えて見れば、人間くらいのものだよなぁ・・・
年中出産の可能性がある動物って。
他の動物ってその時期は非常に限られていたはず。

って、全然そのあたりの知識さえ無いことに今気が付いた。
もうちょっとしっかり勉強しなきゃな。


[作品写真データ]
モデル: アオバズク
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/6
F値:8.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


あおばずくひなんかんこくはつれいちゅう

朝から携帯電話の緊急速報(エリアメール)が2回けたたましくアラームを響かせる。
広い範囲で避難勧告が出てちょっとビックリ。
もっとビックリなのが、このアオバズクなんだけど。


04 アオバズク (1 - 1)-3

二羽とも外に出ている・・・・
どうしたんでしょ?
今の時期は日数的に抱卵中の筈なのに。
大雨で・・・・・


04 アオバズク (1 - 1)

この位置に二羽がいたりするんだけど。
おそろしく警戒心が強くなっていて。
ちょっとでも近づくとサッと飛び立ってしまう。
10時頃なのにこんなに目はパッチリだし。

ひょっとして残念な事に・・・・?



[作品写真データ]
モデル: アオバズク
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


どんてんにいろすこしそえほしがらす
そうだったのかぁ・・・・
ホシガラスって夏の季語だったのかぁ。
で、まんま俳句(笑)


03 ホシガラス (1 - 1)-4

ホシガラスってカラスと違って色が少しあるんだよね。
もちろん星模様もあるんだけど。
茶色っぽい羽の色。
もう少し近くで、もう少し光のしっかりしている時に見たいけど。
仕方無い。

03 ホシガラス (1 - 1)-3

背景が曇天で、止まっている木が枯れ木じゃなぁ・・・
なんだか絵になるようなならないような。
まぁ、それでも目視出来る場所に止まってくれただけでもラッキー。
去年は全然見つけられなかったもんなぁ。
で、このホシガラスの視線の先を追うと・・・


03 ホシガラス (1 - 1)

多分これは ↑ ホシガラスの若かと。
サイズが思いっきりミニマム。
やがて三羽は合流して消えて行った。

って事は、この近所に巣があったって事かな?
来年はもう少し気にして探索して見る事にしよう。
まぁ、この場所を覚えている事が出来ればの話しだけど(笑)


[作品写真データ]
モデル: ホシガラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ぬれてこそじゅんびばんたんまつりまつ
一日中、降ったり止んだりの雨。
梅雨空の下でどこで何を撮ろうかと悩む。
鳥の写真を確保するのには、この天気はなかなか条件が悪い。

02 ツバメ (1 - 1)-3

ツバメの飛翔って前から何度も何度もトライしているんだけど。
その割に、たいした絵が撮れていない。
今回は水面をバシャバシャと遊んでいるような姿を目撃したので。
こりゃ是非にとチャレンジ。


02 ツバメ (1 - 1)-5

これ ↑ 特に餌を獲っているわけでもないと思うんだけど。
普通に水浴びしている状態なのかな?
もう少し近くでやってくれると嬉しいんだけど。
随分遠くで撮ったものをトリミング。
もっとも近ければ近いで追えないから、このくらいが妥協点かも。

02 ツバメ (1 - 1)-7

雨が降ったり止んだりで光がイマイチ不足しているんだけど。
これでもう少しシャッター速度が稼げれば良い絵になるのかな?
とにかく数多く撮れば、その中には偶然でもなんでも数枚はそれらしいものがある(笑)

02 ツバメ (1 - 1)-8

狙って撮ったというより、たまたま写っていた。
そんなものかも知れないけど。
今はそれで良しだと思うのである(笑)

02 ツバメ (1 - 1)-12

ほんの少しずつだけど、なんとなくレンズの振り方が上手くなって来ている。
・・・・かも知れない(笑)
こんなのはトレーニングだから、日々繰り返してこそ意味があるものだと思う。
とにかく、毎日撮るべし。


[作品写真データ]
モデル: ツバメ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ