こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

はんせいをかさねるふたりあきのやま
もはや、俳句になんの意味も無く・・・(爆)
それどころか、最近忙しくて鳥の写真も底を突いてきて。
そろそろ、鳥意外の写真での「フォト×俳句」に戻そうかな。
とか考えたりして。
そう言えば、ブログ村のランキングに参加しているんだけど。
PVアクセス順のランキングをみるとぶっちぎりの一位だったりするのは何故だろう?
そもそもPVアクセス順ってなんだ?(笑)


52

これって、どうなるとこうなるのだろう?
この謎は前から抱えているんだけど。
自分では判っていない。
INポイントや、OUTポイントだと結果が違うんだけどね。
ここを見ていてくれる人が、それなりにいるんだなぁ・・・って事は判る(笑)


だからといって、鳥の識別の参考とか俳句の参考とかにされると困るかも。
どっちも、全く当てにならないですからねぇ・・・
ほとんど自分の記録のためにやっているだけですから。
時々念押ししておかねば(笑)


[作品写真データ]
モデル: コガラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

しんりょうやためされているじゅうなんせい
俳句ってどうやって作るんだろう?
などと頭を抱える今日この頃(笑)
季語をいれて十七音を並べれば良いだけ・・・とはいえ。
とはいえ・・
とはいえ・・・・だな。

05 ゴジュウカラ (1 - 1)-3

ゴジュウカラが柔軟性があるのかどうか判らないけど。
平衡感覚は抜群に違いない。
天も地も関係なしで動いてるからなぁ。

05 ゴジュウカラ (1 - 1)-4

それにつけても「ゴジュウカラ」って名前がなかなか良いぞ(笑)
まだまだ人生はこれからだ・・・ゴジュウカラ・・的な。




[作品写真データ]
モデル: ゴジュウカラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あきめくやじぞくかのうなしゅみひとつ
ひとつかと聞かれれば、いくつかあるような気もするけど・・・
「俳句」「写真」「フォト×俳句」だけでも3つだし(笑)
そこに「鳥見」が加わってるから日常的に4つがパラレルで存在しているわけだ。

03 コゲラ (1 - 1)-3

ここ一ヶ月くらい、鳥見は非常に難しい局面を迎えており。
知り合いのバーダーな会う度に『行くところが無いんだよね~』が挨拶に(笑)
もう少しすれば冬鳥が渡ってきてまた活況になるのだが。

03 コゲラ (1 - 1)-5

そうは言っても、自分はコゲラやエナガが好きだから。
これらを撮って、そこに俳句を付けていれば結構幸せだけど。
鳥の写真は「これで良い」なんて終着点も無いし。
俳句に至っては、相変わらずわけ解らず手探りだし。

03 コゲラ (1 - 1)

「秋めく」という季語を使うとすれば。
本当は背景の葉っぱは少しでも色が赤よりに変わっている方が良いだろうな・・
などと思いつつ。



[作品写真データ]
モデル: コゲラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:5.6
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

あきすむやしごとゆうせんするどよう
秋の天気は変わりやすい・・・・?
曜日の感覚は、まだしっかりとあるわけだけど。
何よりも晴れているかどうかが問題だな(笑)

02 ウソ (1 - 1)

ウソは俳句の世界では春の季語。
夏の時期は高原で繁殖しているらしい。
誰がどういう理由で「ウソ」なんて名前をつけたのだろう?

02 ウソ (1 - 1)-2

オスのウソ ↑ なんだけど、ピンクの色合いがとても綺麗。
そして、鳴き声は人間の口笛にかなり似ていると思う。
それほど警戒心が強い方でも無いので、撮れる時はかなり至近距離で撮れる。

02 ウソ (1 - 1)-4

こちらは ↑ ウソのメス。
比較すればかなり地味だよね。
鳥にしても他の動物でも、メスは比較的地味な色合いだったりするのが特徴。



[作品写真データ]
モデル: ウソ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/400
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

てんきずにきたいふくらむくがつかな
で、なんでヤマガラ?と問われると答えが無い(笑)
今、この写真しか手元に在庫が無いというのが正直なところ。
「期待膨らむ・・」とか言いながら実際は高い山では雪でも降り出しそうな。

31 ヤマガラ (1 - 1)-2

小鳥の混群の中で、一番撮りやすいのが実はこのヤマガラ。
一箇所に比較的長い間止まっていてくれる。
エナガやシジュウカラはこうはいかない。

31 ヤマガラ (1 - 1)-3

とは言うものの・・・ISO1600は苦しいなぁ。
どんな環境でもそれなりの画像を手に入れたければ道具を変える必要があるかも。
資金に問題アリなので実際にはそうできないけど。
再投資可能な循環を模索する今日この頃(笑)



[作品写真データ]
モデル: ヤマガラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:9.0
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ