こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

あかはらのあとをたどりてもりのおく
アカハラも俳句の世界では夏の季語でした。
判ってらっしゃる(笑)
俳人ってバーダーなのか?
考えてみれば、季節毎に鳥は入れ替わるけど。
どこまで、それらの経験値があるんだろう?
例えば芭蕉とか正岡子規とか高浜虚子とか、どんだけ鳥の事を知っていたんでしょ?

10 アカハラ (1 - 1)-2

アカハラのイメージはなんとなく地面をくねくねと歩き回る感じ。
なので、大概後ろから尾行してたりして(笑)
気付いているのかいないのか、案外等間隔を保って進むのが面白い。

10 アカハラ (1 - 1)-3

アカハラはそれほど人を恐れないってかフレンドリーな気がするのだが。
実際のところどうなんでしょ?
鳥によって人に対する距離感が随分と違う理由も知りたいところだけど。

10 アカハラ (1 - 1)-4

水芭蕉とアカハラのツーショットもこの時期ならではだな。
というか、水芭蕉がこのサイズでいるのはほんの一瞬だしね。
色々な鳥と絡めて写しておきたいものだ。


[作品写真データ]
モデル: アカハラ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



こるりでてきょねんとおなじばしょでなく
小瑠璃(コルリ)は夏の季語になっている。
確かに夏鳥の代表格かも。
そして『季語が動く』という言葉があるけど。
コルリでもオオルリでもアカショウビンでもブッポウソウでも同じじゃん。
的な(笑)

10 コルリ (1 - 1)

この苔むした倒木の上がポイント。
しかも水芭蕉付き(笑)
この水芭蕉もこのサイズって多分一週間くらい。
ほんの束の間の間の景色なんだよね~

10 コルリ (1 - 1)-4

それから、こういう ↑ 高いところで囀るのも今だけかな。
ソングポストっていうらしいけど。
やがて囀りが潜んで藪の中に消えて行く(笑)


10 コルリ (1 - 1)-5

簡単そうに見えるけど。
実は撮影にかかる労力は結構なものがあったりするわけで。
1時間待ちとかザラだしね。
出ない時は全然出ないし。
こうやって記録に残しておくのは大切なことなのである(笑)


[作品写真データ]
モデル: コルリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:7.1
ISO:3200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

いりぐちでたわむれあそぶせいごがつ
これ ↑ はキビタキのメス。
最初見つけた時にはコサメビタキだと思っていた。
そのうち、オスのキビタキがやってきて二羽で戯れはじめる。
まさに戯れるって感じなんだけど(笑)


10 キビタキ (1 - 1)-5

ちなみにオスはこちら ↑ だけど、全然違うよね。
キビタキのメスとかオオルリのメスとか単独でいたらまず識別不能。
そこらを瞬時に見分けが出来るようになるには経験値が必要だろうな。


10 キビタキ (1 - 1)-2

しっかりと識別出来る事も少ないので。
今回のこの写真でじっくりと見ておきましょう(笑)
光がイマイチだったので、解像度が悪いけど仕方無い。


10 キビタキ (1 - 1)-3


小鳥のメスって確かに地味ではあるけど可愛いと言えば可愛い。
普段はどこにいるのだろう?(笑)
鳥って今の子育てシーズンはオスメスが一緒だけど、その他は別々なのかな?

10 キビタキ (1 - 1)-4

なんとモフモフ
この時、かなり寒かったからなぁ・・
小鳥の特性かな?このポーズ。

ともかく、メスとかワカとかを完全に識別出来るようになったら一人前だろうな。
などと思う今日この頃。


[作品写真データ]
モデル: キビタキのメス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/125
F値:6.3
ISO:3200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

ひそやかにならびてともになつにいる
オシドリは俳句の世界では冬の季語。
ここのところオシドリをちょくちょく目にする。
圧倒的にオスの色合いが目を惹く鳥だな。

05 オシドリ (1 - 1)

水に浮いていないオシドリも見慣れてきたかも(笑)
結構泥だらけになって何かを食べていたりする。
オスとメスは付かず離れずの距離を保って。
特に何か会話を楽しんでいるような事も無いのだけど。
どこに行くにも一緒みたいな。

05 オシドリ (1 - 1)-2

こちらが ↑ メス。
こっちだけが単体で歩いていたら恐らくオシドリだとは気が付かないような(笑)
それくらいメスは地味というか、この色合いは知られていないと思われる。
他の鳥も似たようなものだけど。
メスの個体を単独で観察した場合に鳥名が識別出来なくて苦労するもんね。


05 オシドリ (1 - 1)-4

一緒にいるのは今だけなのかな?
その辺りも不明。
だいたいオシドリって毎年パートナーを換える事で有名だし(笑)

まぁとにかく世の中完全に夏になりましたねぇ。
ヒートテックなんて着てたら暑い暑い(笑)


[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
ISO:3200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

なつやまやつきにいちどじゃちとたりぬ
黒鶫(クロツグミ)は俳句の世界で夏の季語。
そして、感覚的に夏鳥の代表格。
あの声を聞くと夏だなぁ・・・って。


08 クロツグミ (1 - 1)-3

GW中最後まで撮影出来ずにいたのが、このクロツグミだった。
ようやく撮影に成功。
もう少し近くで撮りたいなぁと切に願う。

08 クロツグミ (1 - 1)-4

これ ↑ じゃあねぇ(^_^;)
証拠写真にもならないよね。
とにかく野鳥撮影は瞬間的な反応が求められる。
いかに速くファインダーに納めて、いかに速くフォーカスを合わせるか。
構図は取りあえずトリミングでなんとか(笑)

08 クロツグミ (1 - 1)

これ ↑ も、あとほんの少しだけこちらを向いてくれればというショット。
まぁシーズン初撮りなので、まだまだこれからってところで。
シーズンベストがいつになるのか楽しみではある。
偶然だけど去年の5月9日もクロツグミだった(笑)


[作品写真データ]
モデル: クロツグミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:6.3
ISO:250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。  

このページのトップヘ