こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

へるめっとつけてのぼれやなつのやま
山岳会の啓蒙俳句・・・的な(笑)
で、なんでビンズイの写真? 
と聞かないで(笑)
割と高度のある場所にいる鳥なんで、何となく・・・


09 ビンズイ (1 - 1)-2

ビンズイは割と木々のてっぺんで鳴いてくれるので撮影はし易い。
しかもいる所に行けばスズメと同じくらいに簡単に撮れるかも?(笑)
ただ・・・そこまで行くのが大変かも。


09 ビンズイ (1 - 1)-3

平地や市街地では鳥の姿が減ってきているこの季節。
こうなると、高山帯に出向くしかないなぁ・・・
もともと山走子って言う位だから、山歩きも嫌いじゃ無い。


09 ビンズイ (1 - 1)-4

高い山に登るんだったら~
ヘルメット着用で行けよ~
と、ビンズイが叫んでいる?
かもよ(笑)


[作品写真データ]
モデル: ビンズイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

えんちゅうのたなだみおろすまがりみち
梅雨は明けたのか?
激しく暑いぞ・・・まさに炎昼だ。
ところでサシバは秋の季語らしい・・・最近よく出会うけど。

10 サシバ (1 - 1)-2

まあ、サシバがいるような場所にわざわざ出かけているので。
偶然出会うと言うよりは、必然の出会いか?(笑)
相変わらず猛禽類の識別が苦手で、撮ってきた画像を図鑑と首ぴっきで多分サシバだろうと。
喉にある縦の線がサシバの識別ポイントらしい。

10 サシバ (1 - 1)-3

そうは言っても、こんな感じ ↑ で飛んでいる状態でそれを確認するって至難の業。
最初はてっきりクマタカだと思って小躍りしながらシャッターを押してた。
サシバだと分かって実際のところちょっとガッカリ(笑)
そりゃサシバに失礼ってもんだ。

10 サシバ (1 - 1)-4

何はともあれ青空と白い雲があって、そこを自由に飛ぶ猛禽類ってのは好きだな。
空抜けの写真だから評価は低いだろうけどね。
実のところゆっくりと旋回していたので、それほど急がなくても撮れたもの。
こうやって何度も何度も撮って行くうちに識別も上手くなるに違いない。



[作品写真データ]
モデル: サシバ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/4000
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



とざんするひとをよこめにとりみかな
「ルリビタキ」は夏の季語になっている。
どうも自分的には2月の雪と共にしか見ていないのでピンとこなかった。
それではと、夏のルリビタキに会いに出かける。

09 ルリビタキ (1 - 1)-2

登山道でルリビタキの声を聞く事は実は頻繁にあるんだけど。
なかなかその姿を見ることは出来なかった。
それはどうしてだろうと考えたら。
登山をしているから(笑)
基本的には登山は出発地点からいくつかのピークを目指し戻って来る移動。
一箇所に30分も1時間もいたら登山にならなくなってしまうわけで。

09 ルリビタキ (1 - 1)-4

と言うわけで、登山している人達を横目で見ながら。
決してピークを目指すわけで無く。
とにかく探鳥という目的で標高2千メートル超の場所へ。
登山をしている人が沢山行き交うわけだけど、誰もルリビタキの存在に気付かない。
まぁ目的が違うってのはそういう事なんだろうな。

09 ルリビタキ (1 - 1)-3

ほんと鳥運はあるみたいで。
取りあえずルリビタキの姿を撮ったと思ったらガスが押し寄せてきた。
山ではありがちな事ではあるんだけど。
で、鳥は飛び去り二度と姿を現さなかった。



[作品写真データ]
モデル: ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/640
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みじかよにおおきなこころそだてをり
大きな心かぁ・・・
何と比べて?
ってなるよな(笑)

08 ホシガラス (1 - 1)-2


それにしても、この時期は鳥の写真が撮りにくいな。
そもそも、どこに行っても葉っぱが多すぎて鳥の姿が確認できない。
鳴き声だけは、あちこちでするんだけどね~


08 ホシガラス (1 - 1)-3

さてさて、明日はどこに行こうかな。
画期的な写真が撮れる場所とか無いものかなぁ?
とりあえず、朝からウロウロするだけだな。



[作品写真データ]
モデル: ホシガラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とおしがもつぎのよほうをまちあぐむ
いよいよ、鳥の写真のストックが底を付き(笑)
仕方無いので近所の公園に。
カワセミでもいないかと期待したけど、なんにもいない。


06 カルガモ (1 - 1)-3

無理してブログを更新する必要も無いんだけどね。
何となく穴を開けるのもしゃくなので。
カルガモの写真を。
「通し鴨」という季語があるのが凄い(笑)


06 カルガモ (1 - 1)-2

今の時期の天気予報は更新されるごとに変わってしまって。
いったいどこに行く事が出来るのやら。
珍鳥を撮ろうとも思わないんだけど。
小鳥を存分に撮れる場所はないものかと情報を集める。
という一句。

そうそう、本日は七月七日で七夕なんだけど。
俳句の世界では陰暦で進むの「七夕」は秋の季語となるんだよねぇ。
あとひと月もすれば立秋がやって来る。



[作品写真データ]
モデル: カルガモ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:8.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ