こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

さいかいのやくそくはたすべしましこ
ベニマシコは秋の季語だったのかぁ・・・
冬鳥なので、なんとなく冬の季語かと思ってた。
ちなみにオオマシコもギンザンマシコも秋の季語。
「猿子鳥」が季語で「ベニマシコ」「オオマシコ」「ハギマシコ」「ギンザンマシコ」は傍題。
こういうのを歳時記を見ないでサッと言えるようになりたいものだ(笑)

02 ベニマシコ (1 - 1)

色の付いた鳥を見つけると何はともあれ嬉しいもので(笑)
あ~又会えたね~って。
どこから来るんでしょう?
まだ着いたばっかりなのかな?

02 ベニマシコ (1 - 1)-4

枝被りで残念なショットだけど。
なかなか可愛いらしい猿顔(笑)
ってか、この個体はそれほど猿顔でもないかな。
普通に可愛い顔している。
ベニマシコの姿をみるとみるといよいよ冬かなぁ・・と。



[作品写真データ]
モデル: ベニマシコ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/300
F値:4.0
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

きたみあげみなみみおろしあきおしむ
猛禽様がご登場されるのではと北の空をずっと見上げているんだけど。
なかなか猛禽様がお見えにならず・・・
そうこうしているうちに南側の斜面が賑やかになり始める。

02 ノジコ (1 - 1)-5

まさかのノジコ??
ノジコって今の季節に見られるんだっけ?
ノジコとアオジの違いってどこだっけかなぁ?
だいたいノジコは春先にしか見て無いしなぁ・・

02 ノジコ (1 - 1)-4

白いアイリングがしっかりあるものがノジコ。
下顎がピンクなのがアオジ。
あとは羽の模様で判断するとか図鑑には書かれている。
これって、結構アイリングがはっきりしていて、そのくせ下顎がピンク(笑)

02 ノジコ (1 - 1)-2

全体の雰囲気はアオジだけどなぁ・・・
アイリングあるしなぁ・・
でも、アオジだろうなぁ・・・
ノジコだったら良いなぁ・・・(笑)

02 ノジコ (1 - 1)-3

あんまり意味は無いけど正面からも(笑)
『だったら良いなぁ・・・』って時はだいたい違うから。
アオジかな。

詳しい人、ジャッジして下さい。
決め手は下顎のピンク?


[作品写真データ]
モデル: アオジ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/320
F値:4.0
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とししたのじょうしをかつぐあきふかし
オシドリは冬の季語。
写真 ↑ のオシドリは二羽ともオス。
先を行くオシドリの姿は見慣れているものだけど。
後ろから行くオシドリは最初はメスだと思っていた。
が、これはオシドリのエクリプスと呼ばれている状態。

30 オシドリ (1 - 1)-3

非繁殖期と言われる時期のオスの姿がエクリプスなんだとか。
で、その二羽が並んで泳いでいるわけだけど。
いったいどっちが先輩でどっちが後輩なんだろう?(笑)

30 オシドリ (1 - 1)-4

エクリプスがそうでない方のオシドリの後ろを追いかけて行く。
何となくそういう風に見えてしまうというか、そう見てしまうんだけど。
実際のところの力関係とかはどうなってんだろう?

30 オシドリ (1 - 1)

こっちが ↑ 繁殖期のオスの姿だとして。
エクリプスはこれからこの姿に変身するのか?
それとも、変身してエクリプスになったのか?
などと堂々巡りするような事を考えながら・・・(笑)

人間の関係性でもややこしいのが結構あるよな。
年下の上司とかって現実問題として出てくるような。
秋深しという季語に結構マッチした無いようなのでは?
という自画自賛の一句(笑)


[作品写真データ]
モデル: オシドリ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

こうひいにみるくいってきくれのあき
エゾビタキ・・・かな?
エゾビタキだと思ったので「ミルク一滴」にしたんだけど。
コサメビタキだったら「ミルクたっぷり」にしようかと(笑)

28 エゾビタキ (1 - 1)-2

じゃあ、サメビタキだったらどうすんの?と聞かれそうだけど。
サメビタキは見た事無いから解らない・・・的な(笑)
3つ並んでくれたら解りやすいんだろうな。

28 エゾビタキ (1 - 1)-3

これなんか ↑ひょっとしてコサメビタキかなぁ?
なんかイマイチ識別に自信が持てない今日この頃(笑)
みんなどうやって覚えて行くんだろう?
鳥見を始めたのが2014年の11月なのでもうすぐ3年経過する。
鳥の識別に関してはまだまだだなぁとしみじみと感じる。



[作品写真データ]
モデル: エゾビタキ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:-3/10
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みずすむやひとりですごすことになれ
水鳥の識別は全くもって無理・・・
図鑑を見てもどれがどれやら(泣)
なんだか間違い探しをやっているような気分になっていく。
「足」「クチバシ」「胸の模様」「背中の模様」「アイリング」・・・
識別ポイントは色々あるんだろうけど。

29 トウネン (1 - 1)

こんな近くでこんあクリアに写せているのに。
それでもイマイチ解んないや。
今の所・・・トウネンの幼鳥かと。
図鑑を見ているとひょっとして珍鳥か?
などとドキドキしながら見比べてたりする(笑)

29 トウネン (1 - 1)-2

シギ類を識別するのは猛禽類と同じくらいに難しいような・・・
経験値が圧倒的に不足しているだけの事ではあるけど。
この個体は池に単独でいた。
そういうのも識別の重要要素になるらしい。
ちょっと離れた所にはマガモやマガンが大挙して存在しているのだが。
周りに誰もいないところで一人で過ごしてるところに親近感を持った(笑)


[作品写真データ]
モデル: トウネン
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:4.5
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ