こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

かぜとまりいきとめきめるなつのこい
一応・・・「ササゴイ」と「夏の恋」をかけてるつもり(笑)
この写真は結構トリミングしている状態。
最近は基本的にテレコンを使わず換算600㎜の手持ち撮影。
そして全てトリミング前提。
テレコン使うより、この方が軽いし綺麗なような気がしている。


13 ササゴイ (1 - 1)

秒間18コマの連写で撮しているのでかなりの枚数になってしまう。
バッテリーの持ちも少し気にしたりしながらの撮影。
オイカワ(魚)の暴れている様子というか背びれの位置などを確認すると価値があるかと。

13 ササゴイ (1 - 1)-3

婚姻色のオイカワを補食するシーンは実のところ少なくて。
白い魚や小さな魚を補食している方がこの時は多かった。
それでもさすがに数を撮っておくと、こうして残せそうなカットも結構ある。


13 ササゴイ (1 - 1)-4

サイズの大きなものを捕まえると。
それを飲み込むまでに結構な時間を要するわけで。
それまでシャッターチャンスは続いていく(笑)


13 ササゴイ (1 - 1)-2

人の目から逃れるかのように ↑ このまま向こうに運んで行った。
オイカワの身になれば大変だよな。
ずっと咥えられているわけだけど、痛いのかな?とか(笑)

ササゴイとオイカワの写真はもう一度撮りに行きたいかと。
もっとダイナミックに水飛沫を立てているシーンが欲しい(笑)
今回はある事はあるんだけど、オイカワの姿が確認できなかったりとか。
まぁ欲を言い出せばキリがないな(笑)




[作品写真データ]
モデル: ササゴイ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:6.3
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

えんてんのなかをゆるりとにそくほこう
炎天なんてのを通り過ぎて命の危険を感じるような暑さだったりするな。
何をそんな大げさな・・・仰仰しいぞ。
って事で写真の鳥は行行子(ぎょうぎょうし)=オオヨシキリで夏の季語(笑)

11 オオヨシキリ (1 - 1)

しかも、この鳥はギョギョシギョギョシ~
って鳴くからそういう名前で呼ぶようになったらしい。
確かにそう聞こえるから、ある意味凄い。

11 オオヨシキリ (1 - 1)-3

鳥の存在を目で確認して、取りあえずその場所で一枚証拠写真的に撮す。
その後で諸々考えながら、場合によっては移動して構図を整える。
ってか、最近は背景を整えるようにしている。
オオヨシキリを最初に空抜けで撮したんだけど。
回り込むと背景がグリーンになる。


11 オオヨシキリ (1 - 1)-4

写真とすれば空抜けよりも背景に何かあった方がバランスは良いかと思う。
ただ、「フォト×俳句」なので炎天を表現しておこうかと。
まぁ、最近は正直そこらもそれほどこだわらなくなって来ているのも事実。
俳句は取って付けたような状態が続いている(笑)



[作品写真データ]
モデル: オオヨシキリ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2000
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とびだしたあのこひしょのこいろちがい
かなり近いところをサシバが旋回していた。
これは幼鳥の飛行訓練だろうか?
尾羽の形状が面白い。
欠損しているわけでなく、こういう使い方って事らしい。


10 サシバ 幼鳥 (1 - 1)-2

早朝は小鳥を観察して11時位になったら上昇気流に乗る猛禽類を観る。
こういうスケジュールが良いかも知れないなぁ・・
って、贅沢な時間の使い方だ。


10 サシバ 幼鳥 (1 - 1)-3

早く姿を捉えないと、ぐんぐん上に上がって行ってしまう。
それがトレーニングなんだから、こちらの都合は関係無しだ。
青空をまあ気持ちよさそうに、ゆっくりと飛んで行く。
幸いなのは、このスピードだったら十分にカメラで追えるってところ。


10 サシバ 幼鳥 (1 - 1)-4

この場所で待ち伏せしましょうっていう情報も無いので。
たまたま移動している最中に車の中から発見するわけだけど。
かなり山間部だったりするから、ゆっくりと撮影は可能。
この時も本当は三羽いたんだよなぁ・・・


[作品写真データ]
モデル: サシバ 幼鳥
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


ひやけしたうでをくらべるかえりみち
ウソは春の季語。
夏は高原で繁殖するとか聞いた事があるな。
とは言え、この個体はなんか色味が随分違うような・・

09 ウソ (1 - 1)

ウソのメスだろうな、と思いながら遠い所から撮していた。
配色としてはウソのメスで良いと思うんだけど。
いた場所も高原だし・・・
違っていたら、どなたかご指摘下さい。

09 ウソ (1 - 1)-2

つまりその・・・
ひょっとしたら、日焼けしたウソかも?
と、思って出来て来た季語が「日焼け」(笑)

09 ウソ (1 - 1)-4

なんか世紀の大発見とかの鳥だったら嬉しいけど。
まあ、ウソだろう。
って、この鳥の名前は文章をややこしくする(笑)



[作品写真データ]
モデル: ウソ メスタイプ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


なつかわのあさせにひそむいのちかな
ササゴイという鳥はそれほど珍しいわけでも無く。
ゴイサギなんかと大して変わらないような扱い。
・・・が、この時期には、オイカワという魚とセットになって俄然注目を浴びる。
オレンジとグリーンはオイカワの婚姻色でオスだとの事。
多くのバーダーがこのササゴイの狩りを写真に写したがる。


11 ササゴイ (1 - 1)-5

こんな ↑ 感じでソロリソロリと獲物に近づいていく。
まさに狩人の風格というかなんというか。
実際のところ、結構ここからが長い(笑)


11 ササゴイ (1 - 1)-6

この瞬間から無限連写(笑)
堤防に並んだカメラマンのけたたましいシャッター音が響く。
自分もブラックアウトするファインダーにお構いなしにシャッターを押し続ける。


11 ササゴイ (1 - 1)-4

水揚げの瞬間にグリーンとオレンジが確認。
すると、さらに激しいシャッター音が(笑)
もう、何が何だか分からない感じ。
やっぱり初めての体験はわくわくドキドキの連続だ。


11 ササゴイ (1 - 1)-2

この ↑ サイズの婚姻色でオスをカメラマンは待っているわけで。
ここからササゴイの格闘が始まる。
まあ、それはそれはダイナミックなやりとりで。
最終的には一飲みで飲み込んでしまうんだけど。


11 ササゴイ (1 - 1)-3

実際のところは、これ ↑ みたいな、色の無い魚を捕ることの方が本日は多かった。
その度にカメラマンからはブーイングが。
これ撮っても仕方無いって気持ちになるのもやむを得ない(笑)

いずれにしても、ダイナミックな自然の営み。
何だかんだかで3千枚以上も撮ってしまった。
少しずつアップして行きましょう。





[作品写真データ]
モデル: ササゴイ&オイカワ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ