こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

どうぞ「フォト×俳句」の作品画像をクリックしてご覧下さい。

ふゆばれのしゃったーちゃんすいちどきり
もう抜けちゃったと思うので・・・
オニアジサシは初見初撮り(嬉)
とはいえ・・・あまりにも遠くて。
なんとかオニアジサシと認識は出来ると思うけど。

13 オニアジサシ (1 - 1)-2

思いっきりトリミングしている写真なんだけどね。
今はテレコン付けないで換算600㎜で撮っているんだけど。
どうなんだろう?テレコンつけて840㎜にした方が良いのだろうか?
どっちにしてもトリミング前提ではあるのだが。

13 オニアジサシ (1 - 1)-5

ここまで遠いと目を出す事は難しい。
ってか、目の周りが黒い鳥だしね。

まともに撮れたのはこの一回の飛行の時だけなんだよね。
連写しているから、かなりの枚数にはなっているんだけど。
実質シャッターチャンスは一度きりなわけで。
健気な一句(笑)



[作品写真データ]
モデル: オニアジサシ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:5.0
露出補正:0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みずどりやあのてこのてでねらいうち
自分で言うのもなんですが・・・・
俳句が雑ですねぇ(笑)
鳥の写真だけでも良いのかとも思うけど。
一旦止めちゃうと二度と作らなくなりそうで・・・

13 ミミカイツブリ (1 - 1)-2

時々、俳句の創り方というか、なんというか。
全く手も足も出なくなるときがあって。
俳句って、なにをどうやって作るんだ?と悩んだりするわけで。

13 ミミカイツブリ (1 - 1)

さらに、すべて鳥の写真に関連付けようっていうのが自らハードルを上げてる?
とも言えないか・・・
なんかテーマがあった方が作りやすいと言えば作り安い。
スラスラと十七音が出てくる時は出てくるんだけどね・・・


[作品写真データ]
モデル: カケス
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2000
F値:4.0
露出補正:0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

たんどくのみみかいつぶりとりにけり
「鳰(かいつぶり)」は冬の季語で、「耳かいつぶり」はその傍題。
珍鳥だと言われたんだけど、歳時記にその名前が出ていてビックリ。
やるな歳時記(笑)

13 ミミカイツブリ (1 - 1)-3

この手の水鳥は一人で眺めていても絶対認識不能だな。
あれが、珍鳥のミミカイツブリだから撮っておいた方が良いぞ~
と、言われて。
あ~なるほど、では撮って置きましょう・・・・的な(笑)

13 ミミカイツブリ (1 - 1)-5

図鑑によれば、頭の黒い部分と白い部分が一直線に別れているのが特徴。
これが、どれくらい稀少な鳥なのかは実は自分でも全くわからず(笑)
わりと近い距離で撮れるのでかなりの枚数を撮影してしまった。

ハジロカイツブリもこれと似た感じだけど。
とにかく、充血したような目が怖い(笑)
で、何度もピントを合わせるんだけど、なんだかなかなかピシッとした絵にならず。
顔を見ていると酔ってきそう・・・



[作品写真データ]
モデル: ミミカイツブリ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/500
F値:5.0
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。




さんぷんかんひろげたりょうてふゆぬくし
三分間だったかどうか、測ったわけでは無いから判らないけど。
かなり長い間、このポーズでいたような・・・
時々休んではまた羽を広げていたけど。
なんのためのポーズなんでしょ?

11 カワウ (1 - 1)

カワウは撮り方によって、なんか妙に気持ち悪く写ることもあるけど。
カワウのグリーンの目が実は魅力的だったりもする。
あんまり群れないで単独でいた方が好かれるかもね(笑)

11 カワウ (1 - 1)-3

背景をキラキラにして装飾(笑)
これくらいのサイズでこれくらいゆったりとしていてくれれば撮影は楽ちん。
カワウを専門に撮ろうとも思わないけど。
まぁ、撮るものが無いときには都合の良い被写体かもしれない。



[作品写真データ]
モデル: カワウ
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.0
露出補正:0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このおれがまもりとおしたふゆこだち
カケスの面構えというか、強面の表情をみていると。
何となく昭和の番長的な(笑)
『この町は俺が守る・・』みたいなノリ。

10 カケス (1 - 1)

こっちだと ↑ 逆に、へんに絡んでくるチンピラのようにも見えたりして(笑)
額のブッチャーみたいな模様がどうしても、そう見えてしまう原因。
この模様にどんな意味があるんでしょうね?

10 カケス (1 - 1)-4

同じ場所で何度もカケスを撮らせて貰っているから。
多分同じ個体なのかな。
写真に撮られる事が好きなカケスがいても可笑しくは無い(笑)


[作品写真データ]
モデル: カケス
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/500
F値:4.0
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ